スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 外為どっとコムの紹介(其の一)
2006年12月19日 (火) | 編集 |
今日は、FX取引で日頃から活用している「外為どっとコム」を紹介したいと思います。私は、FX口座を幾つか使っていますが、ここが一番使い易いです。

まず、一番重要なことは、預けた資産の安全性が確保されるのか?ですよね~。この気になる預かり資産の管理については、会社の資産とは分離して信託銀行に信託する「信託保全サービス」を実施しているため、万が一会社が破綻しても、私たちの資産は区分して保全されます

この「信託保全サービス」はFX口座を選ぶ際の第一条件ですね。

次に、財務の健全性についてですが、証券取引法では、自己資本規制比率120%以上が義務付けられています。一般的には、200%以上ならば安心と言えるそうですが、外為どっとコムの場合は、2006年9月現在で、384.8%となっています。

なるほど、この数値であれば安心ですね。

えっと・・・詳しいことを色々書くと長くなりそうなので、これから何回かに分けて記事にして行きたいと思います。



■無料オンラインセミナーに参加するなら『外為どっとコム』
今なら現金5,000円キャッシュバック!⇒お申込はこちら

スポンサーサイト
 FX口座について考える(其の二)
2006年04月24日 (月) | 編集 |
それでは、私が勝手に「いいんじゃない」と思ったおすすめのFX口座を紹介します。特長のみを端的に述べましたので、どうぞ、ご自分に合った口座をお選びください。どれも金融先物業者に登録されているので安心です。


『非取引所取引』

外為どっとコム
特徴は、その情報量の多さと、有名な投資家さんの無料オンラインセミナーへの参加などコンテンツが豊富です。また、多くのテクニカル指標が使えるリアルタイムチャートの使い勝手も良いです。更に、取引画面がシンプルで初心者向きって感じです。ただし、手数料は業界NO,1の高さで、1万通過当り往復で2,000円です。でも、0.1万通貨単位の取引(往復200円)もできるので、本当にビギナー向き

セントラル短資
なんと言っても最大の特徴は、スワップポイントが高いってことです。例えば米/ドル155円ですが、オリックスFXは144円と1日当り11円も違います。11円×365日=年間4,015円ですから馬鹿にできません!それと、溜まったスワップポイントのみ引き出すことも可能ですので、その資金を再投資するなど、有効に利用できるメリットがあります。手数料は1万通貨当り往復1,000円です。ここは、ず~っとポジションを維持しておく超長期投資に断然オススメです。決済しなければ税金も掛からないですもんね。

FX-REAL(太平洋物産)
最大の特徴は、取引ペアの多さです。その数22種類で、ユーロ/ニュージーランドドルなんてペアも取引できます。手数料も1万通貨当り往復500円なので、色々通貨ペアに短・中期で取引したい方にオススメです。

オリックスFX
特徴は、トレール注文ができることです。外国為替取引のディーラーは、逆指値(ストップロス)を注文するとき、値動きによって逆指値価格を引き上げたり、引き下げたりする“トレール(トレイリング)”という手法をよく使っているそうです。トレール注文とは、これを自動で行ってくれるトッテモ便利な機能です。手数料も5月15日から1万通貨当り往復400円となり業界最低水準です。なんだか本気を出してきたって感じです。この便利なトレール注文を使いたいって方にオススメです。


『くりっく365』

三貴商事
特徴は、手数料の安さです。6月末まで1万通貨当り往復296円は破格です。7月以降も続けて欲しいです。会社も50年の歴史があるので問題ありません。くりっく365の税制面での優遇もメリットですし、くりっく365自体スワップポイントが結構高いです。短期でも中期でもバンバン儲けたい方にオススメです。

コスモ証券
三貴商事とほぼ内容は同じです。5月末まで1万通貨当り往復300円も破格です。くりっく365の場合、三貴でもコスモでも、どちらでも良いって感じです。


ちなみに、私は、外為どっとコムで情報やチャートを活用して、三貴商事で取引ってパターンにしています。
 FX口座について考える(其の一)
2006年04月23日 (日) | 編集 |
今日は、FX口座について私が色々と調べた結果を報告します。

まず、はじめに知っておくことは、FXは、取引所取引非取引所取引の2種類の取引形態に分かれているってことです。(詳しくはこちらでどうぞ

要するに、くりっく365は株式で例えると東京証券取引所のようなもので公設市場になります。反対に、非取引所取引は、私設市場での取引になります。これだけ見ると、当然くりっく365の方が良いように見えますが、為替の取引はこれまでず~っと非取引所取引でやってきており、くりっく365は、まだ誕生してから1年も経っていない赤ちゃんみたいなもので、今後、この市場が成長するかどうかには疑問が残るようです。

でも、一番大きな違いは税制面です。(詳しくはこちらでどうぞ

つまり、くりっく365が税率一律20%であるのに対して、非取引所取引は最大で50%となります。更に、くりっく365は、損失を3年間繰越控除することが出来たり、先物取引の損益と合算すつことが出来たりします。なので、税制面ではくりっく365が有利かなと思います。(過去の記事参照

と、双方にメリットとデメリットがあると思いますので、「FX口座は両方とも作るのが一番いい」という結論に達しました。

明日は、FX口座について考える(其の二)で、私が調べた中で勝手にいいかもって思ったFX口座を紹介します。


■せめてランキングだけでもUPさせて下さいFC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。