スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 相関係数を用いた株式ポートフォリオ・リスクの算定
2007年03月06日 (火) | 編集 |
前回の記事(2/25記事)で、株式ポートフォリオに占める個別銘柄同士の相関係数を求めてみました。よって、今回は、その個別銘柄同士の相関係数と個別銘柄自体のボラティリティを用いて、株式ポートフォリオ全体のリスクを計って見たいと思います。

個別銘柄のボラティリティ
個別銘柄のボラティリティについては、以前の記事(9/3記事)と同様に計算してみました。ただし、今回は月足データを使用したため、
年間のボラティリティ=1ヶ月当りのボラティリティ×SQRT(12)
で計算しています。個別で見ると、やはりボラティリティが大きいですね。



■相関係数を用いたポートフォリオ・リスクの計算方法
この算出方法については、ネットで検索して計算式を調べました。以下に計算方法が紹介されていました。
相関係数とリスク低減効果(pdf)
なるほど・・・5ページ目に記載されているのが計算式ですね~。と言うことで2/17記事で報告しました株式配分率(現金除く)をもとにして計算してみました。



結果は・・・19.9%!? えっ~と、確かTOPIXのボラティリティが19.7%程度だったと記憶しているので、TOPIXとほとんど同じリスクです。個別では、結構大きなボラティリティでも、複数銘柄に分散することによって、かなりのリスクが低減されますね~。

現在の私のポートフォリオは、まだまだ中途半端なんですが、こんなに適当に選んでも、それ相応のリスク低下が確認できるということは、もう少し相関係数や配分等に注意してポートフォリオを組めば、リターンを落とさずにリスクを極力抑えることが出来るような気もします。

最後に、ボラティリティが約20%であるということは、1年後に投資結果のブレが68.3%の確率で±20%に収まると言うことであり、95.4%の確率でボラティリティの2倍=40%に収まるということです。なので、いつでも株式資産が40%減少するリスクを負っていると言う事が分かっていれば、最近の株価急落も想定の範囲内と胸を張って言えますね!

<追記>
銘柄は大幅に組み替えることも検討しているので、銘柄の良し悪しについては意見しないでくださいね、お願いします。
スポンサーサイト
テーマ:株式投資
ジャンル:株式・投資・マネー
 相関係数の計算方法
2007年02月25日 (日) | 編集 |
前回の記事(2/17記事)で、株式ポートフォリオ・リスクを知るためには、まず個別銘柄同士の相関係数を調べる必要があることが分かりました。なので、今日は、相関係数をエクセルで計算する方法を勉強していきたいと思います。

ちなみに、相関係数を簡単に言えば・・・
相関係数=1・・・全く同じ動き
相関係数=0・・・全く相関性がない
相関係数=-1・・全く逆の動き

です。

■過去のデータを収集する
まず、過去のデータを集めましょう!一番簡単な方法は、Yahooファイナンスの時系列データから集める方法ですね。例えば、過去1年間を指定して、月間にチェックを入れて、銘柄コードにTOPIXのコード(998405)を入力すると、TOPIXの過去1年間の月足データが表示されます。これを、コピーしてエクセルに貼り付けます。



■変動率を計算する
次に、各データの変動率を計算します。単純に、今月の終値データを前月の終値データで割って1を引けば良いのですが、ここでは、自然対数で計算しましょう!エクセルの関数Ln()で簡単に計算できます。
Ln(1月終値/12月の終値)、Ln(12月終値/11月の終値)・・・・と計算して行けば良いですね。



■相関係数を計算する
相関係数を求めたい2つの過去データの変動率をそれぞれ計算した後、そのデータを使ってエクセルのCORREL()という関数で簡単に計算できます。
CORREL(銘柄Aの変動率の集合体、銘柄Bの変動率の集合体)



例えば、TOPIXとASEETの過去1年間の相関係数は0.53となりました。0と1のほぼ中間値なので、やや正の相関が見受けられるってことでしょうか。ただし、過去データの期間の取り方で、かなり結果が違ってくるので目安程度って考えた方がいいかもしれません。

(Myポートフォリオの相関関係)
ということで、今現在の私の中途半端なポートフォリオの各銘柄の相関係数は、こんな感じとなりました。



赤・・やや強めの相関あり  黄・・ほとんど相関なし  青・・逆相関で分けてみました。やはり、ASEET・フージャース・シーズは強い相関関係が見受けられますね。

最後に、ポートフォリオを構成するに当っては、赤色(強い正の相関)を避けることが重要でしょうね~。更には、配当重視のようなインカムゲイン派であれば青色(逆相関)を多くし、値上り益を狙うキャピタルゲイン派であれば黄色(相関なし)を多くすることがいいのかなぁとも思いました。

次回は、この相関係数と個別のボラティリティを使って、株式ポートフォリオ全体のリスクを計算してみたいと思います。
テーマ:株式投資
ジャンル:株式・投資・マネー
 株式ポートフォリオ・リスクを考える
2007年02月17日 (土) | 編集 |
最近の私の株式ポートフォリオは、現物のみの複数銘柄で構成されているため、株式ポートフォリオ全体の変動は以前よりかなり少なくなっています。なので、今回のダビショックに始まる不動産流動化暴落の影響もほとんど受けなかった訳ですが・・・・。

そこで、気になったことが、各個別銘柄同士の相関関係です。いくら複数銘柄に分散していても、同じセクターの銘柄同士であれば相関係数が高いので、分散効果が現れないハズ。今回のダビショックや昨年のアーバンショックなどが典型的な例だと思います。(ライブドアショックは別格ですが・・・)

という事で、株式ポートフォリオの個別銘柄のボラティリティおよび個別銘柄同士の相関係数と配分率を基に、株式ポートフォリオ・リスクを計算してみたいと思っています。

相関係数の計算の仕方や相関係数を考慮したボラティリティの計算方法などは次回以降の記事で勉強していきたいと思いますので、とりあえず現状の株式配分率をまとめました。



さあ、このポートフォリオのボラティリティがどの程度なのか=自分がどの程度のリスクを負っているのか=自分が何をしているのか理解する・・・これが大事ですね~。
テーマ:株式投資
ジャンル:株式・投資・マネー
 保有銘柄のリスクチェック!
2006年10月23日 (月) | 編集 |
今日は、保有銘柄のリスクチェック!という事で、各保有銘柄の過去1年間のボラティリティを調べてみました。ボラティリティの算出については、9/3記事を参考にしてくださいね。

それでは、結果発表です!



ボラティリティ/日は、1日当りにおおよそ何%変動するかを示しており、ボラティリティ/年は、1年当たりにおおよそ何%変動を示しています。

いや~、予想通りの結果でした。ASEETやURBANなんかはTOPIXに対して4倍の値動きがあることが分かります。1日の変動幅が5%とは、例えばASETTの場合30万円×5%=1.5万円ですから、なるほどこれ位は毎日変動していますね。

同じように、年間の変動幅が80%とは、ASEETの場合は、30万円×80%=24万円なので、1年で±24万円の動きがあると言うことですね。今後1年間で大体6万円~54万円の範囲ということですか・・・

ダイオーズなんかは、ほとんど値動きが無いように思っていましたが、それでも、年間のボラが34%にもなります。TOPIXの約1.5倍ですね。

そんな中でも、TOPIXと全く同じボラティリティをもつものがありました。セコム上信越です。確かに、ほとんど値動きがありません。人気も無いようだし・・・不正・下方修正ともなれば人気が無くて当たり前か・・・。

こんな感じですが、これからは極力ボラティリティ=リスクを抑えながら、リターンを追及できるよう銘柄配分を考えて行きたいです。
 ボラティリティの算出②
2006年09月03日 (日) | 編集 |
昨日の記事の続きです。ボラティリティの算出方法について、ネットで調べてみたところ、参考になる記事を見つけました。なんだかすご~く難しそう・・・自分なりに理解したつもりですけど・・・間違っていたらすみません。

まず、対前日比(今日の株価の終値/前日の株価の終値)=Pとします。例えば、今日の終値が210円、前日の終値が200円だった場合、P=210/200=1.05ということですね。

次に、そのPの自然対数をとります。これをBとした場合、

B=Ln(P)

と表しています。う~ん、昔、学校で習った?e(=2.7182)を底とした対数のことですね。B=LOGe(P)で習ったような気がします。

エクセルでは、Ln( )を使うと算出できます。例えば、100日分の終値データをYahooファイナンスでダウンロードして、エクセルで対前日比Pを算出し、Ln()の関数に代入すれば、100日分のPに対する自然対数が計算されますね。

そして、ここで、この100日分の自然対数の標準偏差を計算します。エクセルではSTDEVP( )を使うと計算できます。ここで、求められたものが、1営業日当りのボラティリティになります。

最後に、この1営業日当りのボラティリティを1年当りに換算しなければなりません。通常は、年間260営業日とするそうで、算出方法は、1営業日当りのボラティリティにルート260を掛けるそうです。エクセルでは、SQRT( )の関数に260を代入すればよいですね。

年間のボラティリティ=1営業日当りのボラティリティ×SQRT(260)

ということです。この式を使って、アセットのボラティリティを算出し直してみた結果、

上場来・・・79.0%
過去2年・・69.2%
今年・・・・91.6%

やはり、アセットのボラティリティは、ずーっと高かったことが分かります。最初の計算と比べてみると、上場来の値は近いものになりましたが、今年に入ってからの値は、全く違うものになりました。

ボラティリティの計算・・これでいいですかね?
 ボラティリティの算出①
2006年09月02日 (土) | 編集 |
以前の記事で、日経平均や個別銘柄のアセット(2337)などのボラティリティ(標準偏差)を計算してみましたが、少し気になることがあったので、ボラティリティの算出方法について、ネットで色々と調べてみました。

私が算出した方法は、通常の標準偏差の公式参考)に従ったものでしたが、気になった事というのは、アセットのボラティリティです。

2002年11月の上場から今年8月までの日足終値のデータを用いて算出したボラティリティは、74.7%でしたが、今年1月からの約8ヶ月のデータを用いた場合のボラティリティは、18.7%となりました。

あれ~?今年になってからは、日経平均とそんなに変わんないの?←絶対おかしい!しかも、ボラティリティは通常、年率で算出すると聞いていたのに、どのようにして年率に換算するのか?分からん。

ということで、算出方法が違っていたことに気づきました。(←恥かしい)

どの様に算出するのか?自分なりに調べてみました。長くなりそうなので、明日の記事に書いてみます。
 アセットアロケーションって?(其の五)
2006年05月27日 (土) | 編集 |
前回まで、以下の内容について述べました。
§1.リスクを取らないことがリスクになる
§2.銘柄選択より4倍重要な資産配分
§3.リターンよりリスクを考える

今回は、次の内容について書いてみます。

§4.資産分散がリスクを軽減する秘密

資産が200万円あったとします。あなたが、
1.A国株式市場・・期待利回り15%、ボラティリティ20%
2.B国投資信託・・期待利回り8%、ボラティリティ10%
 (※この2つの値動きに連動性が無いものとする)
の2つの商品を対象に投資を考えた場合を考えてみます。

■A国株式市場のみに投資した場合
運用成績は、15%±20%なので、68%の確率でプラス35%~マイナス5%に収まり、リスク面のみを考慮すると、200万×5%=10万の損を覚悟した投資ということになります。

■B国投資信託のみに投資した場合
同様に、運用成績は、プラス18%~マイナス2%ですので、4万円の損を覚悟した投資です。

■両方に100万ずつ分散した場合
ここが、本題ですが、それぞれに100万ずつ投資した場合、期待できる利益額は、
  100万×15%+100万×8%=23万
となります。次に、ボラティリティ(期待利回りのブレ)は、
  100万×20%の二乗と100万×10%の二乗の和の平方根=22.4万円
となりますので、運用成績は、
  プラス45.4万円~プラス0.6万円
となります。なんと、この場合、損はせず最低でも0.6万円の利益が期待できるという結果が得られることになりました。要するに、

互いに相関のない資産を組み合わせると、「収益は足し算で増えていくが、ボラティリティは(二乗の和の)平方根でしか増えない」ため、「リスクを抑えた負けない投資」が可能ということですね。

実際に私たちの大事な年金は、「年金資産運用基金」がアセットアロケーションに基づいて運用います。2004年度の基本の資産配分は、

  国内債券・・68%
  国内株式・・12%
  外国債券・・7%
  外国株式・・8%
  短期資産・・5%

となっており、期待リターン4.5%、ボラティリティ5.5%と計算できるらしく、その結果、運用成績はプラス10%~マイナス1%と予想できるそうです。さすがはプロ!大幅にリスクを軽減した絶妙なバランスなんでしょうね。

ただし、注意しておくべきことは、絶妙の資産配分が完成した場合でも、時間が経つにつれて配分がずれてきます。なので、1年に4回(四半期ごと)程度でリバランス(配分の調整)をすることが重要なようです。

今回まで、アセットアロケーションの基本的な部分を紹介してきましたが、詳しい内容は、

内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵

に述べられています。2冊とも読んで損はしない文献だと思います。


■最後まで読んで頂いてありがとうございます。お役に立ちましたら応援クリック宜しくお願い致しま~す↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 アセットアロケーションって?(其の四)
2006年05月21日 (日) | 編集 |
前回まで、以下の内容について述べました。

§1.リスクを取らないことがリスクになる
§2.銘柄選択より4倍重要な資産配分

今回は、次の内容について書いてみます。

§3.リターンよりリスクを考える

より多くのリターンを望めば、相応のリスクを負っていることになります。なので、一体自分は、今、どの程度のリスクを負って投資をしているのかを把握することが大変重要ですね。過去20年程度の各アセットクラスの年間平均リターンと年間最大損失率は以下のようになるそうです。

アセットクラス 過去リターン 最大損失率
流動性資産   2.7%    0.0%
日本株式    2.3%   -42.9%
日本債券    5.5%   -6.2%
外国株式    6.5%   -34.2%
外国債券    6.1%   -25.9%

これによると、日本株式投資だけに資産を集中させた場合、最大で43%の資産が無くなる覚悟をしておかなければならないって事ですね。しかも、レバレッジを2倍にした場合は、43%×2=86%のリスクとなります信用取引2倍で運用=破産覚悟ってことです。

リスクを考える際に、よく「ボラティリティ」って言葉を聞くと思いますが、これは「投資結果のブレ」であり、正規分布で表される1標準偏差(1σ)のことです。1σは±68.3%に収まるデータのことなので、「ボラティリティ20%とは、68.3%の確率で予想±20%に収まる」ってことです。

また、正規分布の2標準偏差(2σ)は±95.4%に収まるデータのことなので、ボラティリティの2倍のリスクを念頭に置いておけば、95.4%の確率で、それ以上は損をすることがほぼ無いってことになります。ここで、各アセットクラスのボラティリティその2倍の数値は、ほぼ次のようになるそうです。

流動性資産 0.8% 1.6%
日本株式  20.3% 40.6%
日本債券  3.4% 6.8%
外国株式  22.4% 44.8%
外国債券  15.0% 30.0%

良く見てみると、このボラティリティ×2倍の数値と、先の述べた最大損失率が近い数字になったことが分かると思います。なので、各アセットクラスに投資する際には、最大でボラティリティ×2倍のリスクを負っていると知った上で投資するべきですね。

それでは、次回のアセットアロケーションって?(其の五)「§4.資産分散がリスクを軽減する秘密」をお楽しみに!


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 アセットアロケーションって?(其の三)
2006年05月17日 (水) | 編集 |
前回の記事はこちらです。前回は、

内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法

を読んで、最初の部分だけ記事にしましたが、実は、アセットアロケーションに関する書籍をもう1冊読みました。それは、

貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵

です。「内藤忍の資産設計塾」が基礎的なことを主に述べているのに対し、「貧乏人のデイトレ 金持ち・・・」は基本的であるのもかかわらず戦略的で、読んでいてわくわくするような内容です。

私は、AKIさんから教えて頂きました。AKIさんも述べてらっしゃいましたが、全ての人々が読んで欲しいような素晴らしい内容だと私も思います。今回から、この2冊の内容を加味したアセットアロケーションを述べて行きたいと思います。

前回は、まず「自分の総資産を把握することから始める」ということでした。今回は、

§2.銘柄選択より4倍重要な資産配分

資産の運用実績は、「銘柄選択やタイミングよりもどのような割合で資産配分するかによる」そうです。具体的に言えば「ソニーを買うか松下電器を買うかで悩む時間があったら、日本株の投資比率を30%にするか40%にするかに時間を割くべき」ということです。

資産は以下6つのグループに分けます。
①流動性資産・・・普通貯金、郵便貯金、MRFなど
②日本株式・・・個別株式、日本株投資信託、ETFなど
③日本債券・・・国債、社債、MMF、債券型投資信託など
④外国株式・・・米国株式、中国株式、海外株式投資信託など
⑤外国債券・・・外債、外債ファンド、外貨MMF、FXなど
⑥その他資産・・・バランス型ファンド、REIT、金など

次に、標準的な資産の配分は以下の通りです。
日本株式・・・30%
日本債券・・・10%
外国株式・・・20%
外国債券・・・20%
流動性資産・その他資産・・・20%

これは、あくまで標準的なアセットアロケーションなので、各自の目標リターン、許容リスク、年齢などのよって自分に最も適した配分を考える必要があるとの事です。

まあ、今回のような日本株式の下落局面でも、資産を配分しておけば特にアタフタする必要もなかったのでは・・・と思います。早く、理想的なアセットアロケーションを見つけなくてはと思っている今日この頃です。

それでは、次回のアセットアロケーションって?(其の四)をお楽しみに!


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 アセットアロケーションって?(其の二)
2006年05月14日 (日) | 編集 |
内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法

読みました。1回読んだだけなので、あまり理解できていませんが、分かったことだけお知らせします。

§1.リスクを取らないことがリスクになる

今後の日本経済は、デフレから脱却し、インフレになる可能性がある。そのような時代に、元本保証の預貯金だけでは、資産の価値が守れない。要するに、物価が2倍になれば今の100万円は、実質50万円の価値に下落するってことですね。だから、これから先は、預貯金のような元本保証の円資産を持っているだけでリスクを負っているということになります。

まあ、こんなことは分かっているから、皆が株式投資などを行って、リターンを追及しているんだろうと思います。ただし、注意することは、自分いや家計の総資産を把握した上で投資を行っているか?ということだと思います。

例えば、100万円を元手に高レバレッジで年率100%を目指して株式投資を行っているAさんがいたとして、Aさんが株式投資のほかに400万円の郵便貯金の資産を持っていたとしたら、Aさんは総資産500万円で年率20%の運用を目指していることになります。でも、Aさんは毎日の値動きに一喜一憂、高レバレッジの追証不安で夜も眠れず・・・。こんな人も多いんじゃないかと思います。要するに残りの400万円を有効に活用していないってことです。しかも、この400万円は、ほとんどリターンは無いがリスクは負っている。

この場合、総資産500万円で分散投資して年率20%を目指すとした方が、気が楽になるんじゃないでしょうか?

また、家計の総資産は、タンス預金、生命保険の解約時の貯蓄部分、更には不動産まで、よーく探してみれば結構あるものです。マイホームを持っている方であれば、すでに自分で自分の土地に投資しているのと同じことですね。

なので、先の例で、Aさんが更に1000万円の評価額の土地を持っていたとすれば、総資産1500万円で年間100万円の利益を目指しているので年率6.7%ということになります。

要するに、アセットアロケーションとは、まず、自分の総資産を把握することから始まるようです。ということで、総資産を洗い出します。(←でも公表しません恥ずかしいので)

それでは、次回のアセットアロケーションって?(其の三)をお楽しみに!


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。