スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 シーズクリエイトについて考える
2006年11月30日 (木) | 編集 |
今日は、保有銘柄のシーズクリエイト(8921)について考えてみます。

シーズは、11月8日に上表修正を伴った中間期の業績を発表していますが、なんと言っても通期予想純利益15.5億円に対する進捗率が3.4%しか無いため、いくら下期に業績が集中するといっても心配ですよね~。なので、調べてみました!



これは、過去の業績とマンション販売状況について調べたものです。主に中間期の進捗状況に主眼を置いてます。

なるほど、過去の決算を見ても、中間期の業績の進捗率は数パーセントであることが分かりましたね。3期前は赤字でした。

次に、販売実績ですが、今期の進捗率は13.3%なので、前期及び前々期の20.2%28.8%に比べると良くないですね~。

最後に、契約戸数ですが、今期の進捗率は38.5%と予想できるので、過去の進捗状況に比べると極端に悪いです・・・・。この辺りが株価低迷の原因でしょうか?本当に通期予想を達成できるのか?もう少し調べてみました。

中間決算説明会資料によると、通期の販売目標は730戸です。中間期の販売実績は97戸で、契約繰越残が415戸なので、中間期では既に97戸+415戸=512戸の販売がほぼ確定しています。実質の進捗率は70%と考えて良いのでしょう。また、収益の大きな柱となり始めている不動産流動化の下期分の売上目処も立っているようです。

そこで、もう少し詳しく、販売中のマンションの契約状況についてシーズのHPから勝手に憶測してみました。



水色は中間期で引き渡し完了してます。黄色の3棟は恐らく来期分でしょうが、契約は今期中に終えたいのだと思います。なので販売総戸数878戸に対する今現在の契約済戸数は665戸程度かな?と思います。

白色の残り8棟が今期中に引渡し完了すれば、ほぼ業績を達成するでしょうから、この調子で進めば大丈夫かなとも思います。でも、無理に価格を下げて販売してしまえば利益率も落ちるでしょうから、無理に今期中に引渡ししなくても良いかもしれませんね。

まあ、順調なようなので少し安心しました。
スポンサーサイト
 ダイオーズ&インテージ中間決算発表
2006年11月15日 (水) | 編集 |
今日はダイオーズインテージの中間決算発表がありました。まず、ダイオーズから・・・

平成19年3月期の中間期の業績(単位:百万円)
    売上高 経常利益 当期純利益
1Q実績 3,316  350  272
中間実績 6,916  637  467

通期予想に関しても上方修正を発表しています。

平成19年3月期の通期業績予想(単位:百万円)
      売上高 経常利益 当期純利益
前回発表 14,625  1,176  716
今回発表 14,668  1,234  822

上方修正に関しては、固定資産売却による特別利益(1.3億円)がそのまま上方修正に繋がったようなので、実際の業績は、予定通りといったところでしょうか。まあ、順調だと思います。

次に、インテージ・・・・

平成19年3月期の中間期の業績(単位:百万円)
    売上高 経常利益 当期純利益
1Q実績  6,455   421  241
中間実績 14,112  1,332  800

平成19年3月期の通期業績予想(単位:百万円)
      売上高 経常利益 当期純利益
中間予想 13,925  1,333   753
通期予想 30,392  2,898  1,598

インテージに関しては、最近の株価下落を見ると、1Qの進捗状況が悪かったことによる下方修正懸念があったのだと思います。しかし、蓋を開けてみれば、予想通り+α!完全に業績が順調であることが分かりました。

短期的には、この結果を見て、市場がどのように判断するのか?明日からの株価の動きにちょっと注目してみます。

また、長期的な視野として考えた場合、会社の特色は、「日本で唯一、消費、販売両パネル調査網を持つ。市場リサーチ分野で国内首位、世界12位」ですから、バフェットの言うような「消費者独占型企業」なのかもしれませんね~。業績も常に安定しているので、保有していて安心できる銘柄だと思います。
 ダイコク電機中間決算発表
2006年11月13日 (月) | 編集 |
今日はダイコク電機の中間決算発表がありました。えっと・・・それと・・・通期予想の下方修正。。。今まで下方修正なんて縁の無い銘柄を保有していたので、かなりショックです。覚悟はしておりましたが、やはり下方修正はいやです。

平成19年3月期の中間期の業績(単位:百万円)
     売上高 経常利益 当期純利益
1Q実績 10,276  1,085   589
中間実績 24,562  2,986  1,617

平成19年3月期の通期業績予想(単位:百万円)
      売上高 経常利益 当期純利益
前回発表 54,000  6,650  3,690
今回発表 51,300  5,700  3,000

通期では、純利益で-18.7%の修正となっています。ただ、覚悟していたよりはず~っとマシだったかなという印象です。特に中間期は1Qの進捗率などからして、かなり厳しい結果が予想されていたでしょうから、結構頑張ったって感じです。

さて、これからこの株をどうするか?を考えていますが、基本的に下方修正後も私の勝手な基準では割安です。なので、単独で売ることはありません。

私は、定性分析など出来ないので、今後の業績を予想することなど出来ません。だから、次にまた下方修正が発表されて、割高になれば売るんでしょうね~。

もし、他に売る理由があるとすれば、他にもっと割安な銘柄があった場合ですかね~。今は、業績は絶好調なのに地合で売りたたかれている割安銘柄が多いですから・・・。
 シーズクリエイト中間決算発表
2006年11月08日 (水) | 編集 |
今日の市場は暴落って感じでしたね~。特に不動産関係・・・福井総裁の金利引き上げ発言で売られたなんて株式新聞のコメントを見ましたが、今さらそんな理由で?なんて思いましたね。それでは、気を取り直してシーズクリエイト中間決算発表です。

平成19年3月期の中間期の業績(単位:百万円)
      売上高 経常利益 当期純利益
1Q実績   3,010   40   16
中間実績 7,842  158  53

ちなみに、今日、中間の再上方修正も同時に発表しましたので、業績予想は以下の通りです

(修正)平成19年3月期の連結業績予想(単位:百万円)
    売上高 経常利益 当期純利益
中間   7,842   158   53
通期  30,020  2,705  1,550

再上方修正(赤字→29百万円→53百万円)と言っても、中間期の利益は元々スズメの涙ほどの予定だったので、それがもうちょっと増えた程度って感じですね。下期にどれだけ頑張れるかですね。

通期でのEPSは6,000円なので、本日の終値68,600円に対するPERは11.4倍となります。なので、完全にバリュー銘柄になってますが、株価は依然として軟調ですね~(悲)。

シーズは、経営方針の1つとして、株主資本比率30%以上を目標としていましたが、今回の決算で、31.4%となりました。安易なファイナンスに頼らずに、財務状況を見直すことによって30%をクリアしたことは、すごく評価できるんじゃないでしょうか。ひょっとしてファイナンスするんじゃないかとビクビクしてましたので・・・。

シーズ以外の保有銘柄では、セコム上信越も中間決算を発表しています。特損もありましたので、それなりにまあまあの決算でした。
 保有銘柄の健康診断!其の一
2006年10月03日 (火) | 編集 |
これから徐々に銘柄の変更をしていこうと考えていますが、まずは、保有銘柄のチェックをしなければということで、定量分析を用いて、順番に健康診断を行うことにしました。

まず、お一人目は、「極東証券」くん・・・



ご覧の通り、KAPPAさん的指標によれば、クソ株です。気を取り直して、次の診断へ・・・





これは、JAYさん的指標を少しアレンジしたものですが、収益性がまあまあってとこでしょうか。でも、安全域がずば抜けて高い訳でもないですし・・・救いは、低PER低PBRだ!ってことですね。

ここからの下値は限定的なようにも思えますが、保有する明確な理由も見つからないですね~。

<追記>
 訂正:EV/EVITDA=8.98倍
 パシフィックマネジメント上方修正発表
2006年09月28日 (木) | 編集 |
主要な不動産流動化銘柄であるパシフィックマネジメント(8902)が第3四半期の発表と同時に、通期業績の上方修正を発表しました。まず、上方修正については以下の通りです。

平成18年11月期の連結業績予想(単位:百万円)
   売上高  経常利益 当期純利益
前回  112,587  14,500  8,233
今回 161,703 18,539 10,207

これによって、EPSは16,396円となります。今日の終値272,000円に対するPERは16.6倍ということですね。

次に、3Qの実績は以下の通りです。

平成18年11月期の第3四半期の業績(単位:百万円)
     売上高  経常利益 当期純利益
3Q実績 64,841  11,426   6,568

純利益ベースで上方修正後の通期予想102億円に対する3Qの進捗率は64.3%となりました。

この結果を市場がどのような判断するかが注目されますね。個人的には、この程度の上方修正を期待していた人は多かったんじゃないかなぁと思いますが、他の流動化銘柄にちょっとでも良い影響を与えてくれることを期待しています。(残念ながらパシは保有していないので・・・)
 ジェイブリッジの下方修正に思うこと
2006年05月13日 (土) | 編集 |
ジェイブリッジが下方修正を発表しました。

業績予想 売上高 経常利益 当期純利益(百万円)
前回発表  45,000  8,800  7,600
今回発表  39,600  2,800  2,400

なんと、68%ものマイナスです。理由の1つに「ライブドアショックによる投資先の売却益が当初の計画より大幅に減少したため」とあります。個人なら分かりますが、上場企業として、この程度のリスク管理が出来ないなんてことが許されていいのでしょうか?

ジェイブリッジとは、アジアの架け橋になるという意味がこめられているようですが、実際は日本市場だけの集中投資!しかも、再生中の投資先企業の新株予約権を発行して市場(個人投資家)から金をまきあげる。好ましくないような気がします。

私は、以前にジェイブリッジを保有しており、あまりにも割安だったため、不安になり記事にしました(過去の記事)が、翌日売却しました。

その記事で鴨(かも)さんからのコメントを頂いたのです。本当に鴨(かも)さんは、私の命いや資産の恩人です。鴨(かも)さんありがとうございます。投資経験の浅い私が書いた記事は間違いが多いと思います。そんな時は、ビシビシとチェックして下さい。お願いします。

今回、購入に至るまでの経緯を振り返り反省したいと思います


有名バリュー投資家さんが所有しているって雑誌の記事を見た。

■ライブドアショックの急落で予想PERが10倍を下回ったため2口購入。

■某ブログなどによる悪いウワサがあったが、有名投資家さんが所有しているのだから安心と決めつける。

■過去の決算書なども読まず、企業再生型のM&Aを行っていると想像するだけ。

■少し戻したところで1口売却(特に理由なし、ちょっと戻したから?)

■決算を控えて不安になったが1口だから、もし下がっても割安なんだし長期で持っておこうかなんて考える。



なんだか超最低~。一番の原因は、あの人が持っているから安心。だから中身もいいはず。なんて決めつけていたこと。投資法、投資期間、資金、想定利益率など投資家によって投資スタイルが異なる。なのに単純に儲かるハズと決めつけていたことがイケナイです。

下方修正を受けて株価は下がるのか、折り込みで上がるのか、この先どうなるか分かりません。長期的には絶好の買場なのかもしれません。でも、長期投資としては、会社の信頼性が得られない理由により、今後、この株を取得することは無いと思います

ただし、短期投資として考えた場合は別です。売りさえうまく出来れば投機チャンスはあるかも知れません


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 ジェイ・ブリッジについて考える
2006年04月26日 (水) | 編集 |
今日は、18年3月期の決算発表を5月中旬に控えたジェイ・ブリッジ(9318)について考えてみたいです。と言っても分析ではありません。なんとなく買って、下がってしまったから持っているというような状況(いわゆる塩漬け)なので、これから実態を把握していこうという段階です。

なのでまずは、3Qの実績と通期の会社予想からです。

 業績   売上高 経常利益 当期利益
3Q実績  28,686   3,622   3,182
通期予想 45,000   8.800   7,600
(単位は百万円です)

通期の予想EPSは147.63円です。なんと今日の終値961円でのPERは6.5倍!?えっウソ?なんでこんなに評価が低いのでしょうか?3Qの進捗率が純利益で42%であることから、通期予想未達成の懸念でもあるのでしょうか?さっぱり分かりません。

ちなみに、19年3月期の四季報の予想では、当期利益85億円EPS153.3円となっているので、PER6.3倍の水準ですか・・・。今期の業績が極端に落ちるという訳でもなさそう・・・。

ここは、M&Aを業績の柱とする企業だからLDとダブっていて評価が低いのかなぁ。でも、ジェイ・ブリッジはアセットのように企業を再生してバリューアップを図る方式なので、LDとは全然違うと思うんですが。

そうゆう私も、評価の低さに、ちょっと怖いなあと思っているので1つしか持ってません。なので、決算がどうなるのか複雑な気持ちです。

だれか、ジェイ・ブリッジの低評価の理由を教えてください。


■せめてランキングだけでもUPさせて下さいFC2ブログランキング
 極東証券好決算発表♪
2006年04月25日 (火) | 編集 |
極東証券が、平成18年3月期決算短信を発表しました。営業収益12,007百万円(+34.8%)経常利益6,007百万円(+66.5%)当期利益3,661百万円(+29.7%)の好決算です。前回および四季報の予想と比較してみましょう。

業績予想 営業利益 経常利益 当期利益  EPS 
前回予想     -    5,727   3,507  107.68円 
四季報予想  5,500   6,000   3,600  110.50円 
今回発表  5,097   6,007  3,661 110.33円
(単位は百万円です)

この通り、前回の会社予想より少し良く、四季報の予想とほぼ同じとなりました。この結果、今日の終値1,896円に対するPERは17.2倍、希薄化後のEPS108.34円に対しても17.5倍となっています。

ところで、今期の業績については、「証券業の業績は市場環境による変動が著しく、予想を適正に行うことが困難な状況にあるため・・・」という理由で開示しておりません。え~っ!って感じでしたが、他の証券会社もそうなんでしょうか?ちなみに、証券会社ではないですが、先物会社のひまわりホールディングス(8738)なんかは立派な中期計画を立てています。

でも、目標とする経営指標において、「19年3月期の連結ROEを10%以上とする」って明記してありますので、ある程度予想することはできますね。ちょっと安心しました。ちなみに四季報の今期の予想では、純利益38億円EPS=116.7円ですので、現在の株価でPER=16.2倍です。

でもでも、今日の極東証券はなんと前日比-2円となってます。お決まりの出尽しってヤツですか・・・。まあ、決算はいいのですからもう少し評価される日を楽しみに待っています。

もっと詳しい内容を知りたいって方は、AKIさんの記事で確認してみてくださいね。

ところで、今日の日経は少し上昇しましたが、下降トレンドに変化は無く注意が必要ですね。でも、アセットはテクニカル的にも反転したように見えますが・・・頼みます明日もお願い!


■せめてランキングだけでもUPさせて下さいFC2ブログランキング
 商品先物会社の業績比較してみました♪
2006年04月15日 (土) | 編集 |
最近、商品先物会社の株価が堅調です。商品市場の上昇トレンドが続いていることや、手数料自由化などの規制緩和が影響してか、各社の新規口座数が伸びてきているようです。私もその一人ですが、my口座のオリエント貿易は残念ながら上場していません。

そこで、最近話題の商品先物会社から数社選んでの業績を比較してみました(間違っていたらごめんなさい)

先物比較


この他に上場されているのは、第一商品小林洋行フジトミなんてのがありますが、あまり魅力がなかったので今回は対象としていません。

この比較表で一番感じたことは、最近の株価高騰にしては、どの会社もまだまだPERが低くて割安だということです。ちなみに、決算のところで修予って明記しているところは、業績の修正があったところです。それ以外は四季報の予想。

各社についての印象を少し述べてみます。

■ひまわりホールディングス
PERが20倍以上と、他に比べると割高かもしれませんが、ここは中期計画がしっかりとしていて、09年3月期の経常利益は47億円を見込んでいます。06年3月期の6.6倍なのですごいと思います。全体的に堅実な会社ってイメージがあります。

■日本ユニコム
PERが12倍でまだまだ割安です。四季報の予想に対する3Qの進捗率も84%なので、予想を上ぶれするかもしれません。あのイートレのFXがここの会社です。でも、イートレのFXはFXをやっている人は絶対に使わないハズなので、業績がいいのはやっぱり商品先物の方でしょうか?自分としては、ここの商品先物口座にも特に魅力を感じないのですが。しかも、通期の予想も発表していないので、会社の信頼性に欠けるような気がします。

■大洸ホールディングス
調査中ですが、下方修正が発表され赤字転落です。波に乗り遅れたんでしょうね。

エース交易豊商事については、ただいま調査中です。

ちなみに、私が商品先物口座のなかでいいなあと思った会社は、三井物産フューチャーズひわまりホールディングスオリエント貿易です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。