スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 商品先物取引について思うこと
2006年10月18日 (水) | 編集 |
今日は、本当に久しぶりの商品先物ネタです。今年の4月に記事にして以来、半年ぶりですね~。なぜ、半年も商品先物の話題に触れなかったのかと言うと・・・・

商品先物取引は単なるゲームだと思ったので、取引する理由が見つからなかった

からです。ず~っとじゃないけど、商品先物取引を行う理由は何なのか?なんて、ぼんやり考えてもいました。

株式投資については、「市場は完全には効率的ではないため、企業価値に基づく投資が有効」だという理由のもと投資を行うことにしましたが、商品先物については全く理由が見出せない状態・・・でした。

しかし、突然・・理由が見つかりました。それは・・・・

商品先物を使ったサヤ取引きは、バリュー投資と同じ!?

です、ハイ。まず、サヤ取りとは、銘柄同士の値段の差「サヤ」の変動を追いかけるもでしたね。商品先物では、このサヤ取りに関するツールが豊富です。要するに、一時的に価格の安い銘柄や限月を買って、価格の高い銘柄や限月を売る、いわゆる裁定取引を行う訳ですから、まさしく市場の歪(ひずみ)を戴こうってわけです。市場が非効率的だからこそ、サヤが発生するわけですね。

えっ!これって、バリュー投資と同じかも!・・・って思ったわけです。バリュー投資とは、そもそも本来の企業価値よりもディスカウントされた株式を買い、企業価値以上(割高)になった段階で売るわけですから、本来の企業価値との差がサヤになりますよね。これも、市場の非効率性から発生した歪を戴こうとするものです。

ただ、両者の違う所は、バリュー投資のサヤの収れん(縮小)は比較的長期であるのに対し、商品先物のサヤ取りは、比較的短期間で収れんすることだと思います。更には、バリュー投資は、やはり株式市場全体のトレンドに影響を受けやすいと思いますが、サヤ取りの場合は、比較的商品市場全体の影響を受けにくいとも思います。

このように考えると、商品先物を使ったサヤ取引きは、とっても理にかなった投資だと思いました。でも、すっかりやり方を忘れてしまったので、1から勉強し直しま~す。

ちなみに、過去の商品先物に関する記事はこんな感じでした⇒過去の記事
スポンサーサイト
 商品先物-“初”手仕舞しました♪
2006年04月18日 (火) | 編集 |
4月5日に仕掛けたサヤを初めて手仕舞しました。

仕掛日付 銘柄・限月 さや・方向 枚数  手仕舞日付 さや 損益
 4/5   東京白金2-8  45円>  1-1   4/18  41円  2,000円

損益は+2,000円ですが、手数料が1,992円なので、えっ!?+8円
ハイ+8円の最終収支です。情けねぇ~

実は、昨日の段階で損益+7,000円でした。サヤがほとんど動かないので、手数料を引いても5,000円のプラスなら、最初の取引としては上出来と思い、今日、前場寄付で成り行き決済しました。

ところが、その成り行きがかなり不利な約定値となり、トントンとなった訳です。このように、予定値段と実際に約定する値段差をスリッページといい、その瞬間だけ値段が不利になることを特にトラッキングエラーと言うらしいです。まさしく今回のようなこと。ちなみに後場引け成り行きだったら、手数料を引いても+10,000円でした(悲)。(←たられば)

でも、サヤ取りだから成り行き決済が普通ですよね、ね、ね。だって、指値にしたら片張りになる可能性があるから。これ正解でしょうか?

でも、最初の取引で損をしなかったことだけでも良しとしましょう。

今回の取引の良かった点と反省点
1.順ザヤ期の順ザヤ取り(プレミアムゲット版)の狙いは良かった。
2.「サヤの動きが無い場合は手仕舞」の基本に従ったのは良かった。
3.サヤの動きがあまりにも少ない白金スプレッドの銘柄選択ミス。
4.成行決済は後場でも出来る。安易に前場の寄付で決済してしまった。

次回の取引に活かしたいと思います。


■是非ともあなたの一票お願いしますFC2ブログランキング
 商品先物サヤ動きませ~ん
2006年04月12日 (水) | 編集 |
4月5日に仕掛けたサヤが全く動きません。

仕掛日付 銘柄・限月 さや・方向 枚数
 4/5   東京白金2-8  45>  1-1

現在のサヤ46円です。ほとんど動きません。良く言えば、先物のリスクを完全に封じている。悪く言えばサヤ失敗。恐るべしサヤ取りって感じ。白金だからでしょうか?2月限を売って8月限を買っているのですが・・・

先物001

東京白金の配列チャート。げっ8月限だけ極端に安い。ということは単にサヤのとり方が悪かったのか?う~ん、サヤ取りって奥が深い。。。


■[商品先物]業界最多水準の36銘柄の取扱!!オリエント貿易
時事通信ヘッドラインニュース、独自の情報ソース"サテライト"など情報量NO,1⇒申込みはこちら
 商品先物講座(其の一)
2006年04月12日 (水) | 編集 |
(Q1)商品取引所って?
商品先物取引は、「商品取引所」で取引が行われます。株取引でいう「証券取引所」と同じです。
また、商品先物取引を行う時は、「商品取引員」に仲介してもらいます。株取引でいう「証券会社」のことです。商品取引所は、国内に以下のように7つあります。
東京工業品取引所 東京穀物商品取引所 横浜商品取引所 中部商品取引所 大阪商品取引所 関西商品取引所 福岡商品取引所

(Q2)何を取引するの?
金・銀などの貴金属やガソリン・灯油などの石油類、ニッケル・ゴムなどの工業品、小豆・大豆・トウモロコシなどの農産物など、計46銘柄の中から取引を行います。株より全然少ないので銘柄選定に困りません。

(Q3)ひとつの銘柄はいくらで買えるの?
2006年4月現在、例えば「」であれば、1枚9万円で取引できます。取引単位は1枚・2枚というように枚で表します。「金」の場合1枚=1Kgなので、9万円で1Kgの「金」を数ヵ月後に買う契約をしたということになります。「金」の価格が今現在1g=2,300円程度なので、9万円だけで2,300×1,000=230万円分の「金」を取引していることになります。これはレバレッジ25倍程度相当ですので、株の信用取引のレバレッジ3倍に比べれば、かなりのハイリスクとなります。

次回は(Q4)からです。


■[商品先物]業界最多水準の36銘柄の取扱!!オリエント貿易
時事通信ヘッドラインニュース、独自の情報ソース"サテライト"など情報量NO,1
申込みはこちら
 やっと商品先物デビュー
2006年04月05日 (水) | 編集 |
商品先物デビューしました。えっ~と、玉帳は・・・

仕掛日付 銘柄・限月 さや・方向 枚数
 4/5  東京白金2-8  45>   1-1

★ちょっとだけ説明★
東京白金2-8とは
東京工業品取引所に上場されている白金の2月限を売って、8月限を買うこと。
45>とは
数値はサヤの大きさで逆サヤの場合はマイナスか▲をつける。>は期先を売って期近を売る「順ザヤ取り」を表す。
1-1とは
仕掛けた枚数で、1枚売りの1枚買いを表す。

むーみんさん、こんな記入の仕方でいいのでしょうか?

仕掛理由は、証拠金が1枚67,500円の比較的小額の白金で、しかも初心者向きの「スプレッド」で、これまた初心者向きの「順ザヤ期の順ザヤ取り(プレミアムゲット版)」を狙ったつもりです。

現在のサヤが35円なので、10円×500円=5,000円が現在の含み益となります。ただし、オリエント貿易では、手数料が1枚片道498円程度なので、498×往復×2枚=1,992円も掛かってしまいます。
三井物産フューチャーズなら225円×4=900円なので、こっちにすればよかったかも。

でも、もし片張りで期先を買っていたら、前日比▼85円なので-42,500円でした。やっぱり先物の片張りは怖いですね~。


■投資に関する最新の情報をチェック今人気の株式情報サイトはこちら
 そろそろ商品先物デビューできるかな?(後編)
2006年04月02日 (日) | 編集 |
前回の記事の続きー
そんな時出会ったブログが「趣味として商品先物取引を楽しむ」です。商品先物取引のご経験が長く、基本的なことから応用まで分かりやすく記事にされてます。

このサイトで「サヤ取り」というものを知りました。サヤ取りとは前回の記事に書きましたが、「銘柄同士の値段の差「サヤ」の変動を追いかけるもの」です。やり方によってはかなりリスクが軽減されるようです。

じゃあ次に「サヤ取り」を知ろうということで、「サヤ取り入門―低リスクでミドルターンを狙う手法」という本を読みました。この本は、色々なサイトでも紹介されているだけあって、実践的な内容が具体的に書かれている良本です。

その次に必要なものは、チャートソフトです。パンローリングの有料ソフトとかありますが高いので、何かいいものないかなあと探していたら、これも「趣味として商品先物取引を楽しむ」で紹介されていました。三井物産フューチャーズのフューチャーズアナリスト【サヤバージョン】です。なんと無料です。ここでも、株式の証券会社の方か遅れているなと思いました。証券会社で無料のソフトをDLさせてくれるところなんか無いですよね。

これで、道具も揃ったし、いざ出陣!おっと、足が震えてる。。。

 そろそろ商品先物デビューできるかな?(前編)
2006年04月01日 (土) | 編集 |
商品先物との出会いは、2ヶ月程前に何気なく立ち寄った本屋で、なんとなく商品先物の本が目に入ってからです。

その本は、ネットで簡単!リカがやさしく教える商品先物超入門という本で、なんだかパッとしない本だなと思いましたが、商品先物の本はそれしか無かったので、とりあえず買ったという感じです。株の本は数え切れないほどあったのに。

ただ、この本はマンガみたいで読みやすく、それでいて基本がしっかりと学べる本だなと思いました。やっぱり最初は読みやすいのが一番!

一度、こんな本を読むとチャレンジしてみたくなる体質なので、ちょっと怖いけどやってみようと思いました。

じゃあ早速口座開設と思いましたが、どこの会社も怪しそうで、そんななか10万円入金するだけで15,000円のキャッシュバックに惹かれてオリエント貿易に決めたわけですが、案外いいかも、情報も多いし。

10万円入金して、さあどの銘柄を買おうかと知らべたら、白金が1枚67,500円、金が1枚90,000円など買えるのは買えますが、1日の値動きも3~4万ほどあるので、10万円じゃ絶対無理。買ってじっと寝かすなんて絶対無理。なにかテクニカルなどの売買方法のコツを掴まなくては・・・

ちょっと長くなって疲れたので、続きはまた明日書きます。すいません。。。
 サヤ取りしなきゃ
2006年03月22日 (水) | 編集 |
商品先物・・口座開設はしたものの、まだ初取引できませ~ん。

だって、1枚建てただけで1日数万も動くんだから、少ない資金(10万)じゃあっとゆう間に無くなってしまいます。

ということで今は色々なサイトで勉強していますが、最近「サヤ取り」が必要なんじゃないかと思っています。

サヤ取り?とは、銘柄同士の値段の差「サヤ」の変動を追いかけるものらしいです。

つまり、A銘柄が100円でB銘柄が200円の場合、サヤは100円となります。ここでA銘柄を100円で買ってB銘柄を200円で売り、両銘柄とも300円で決済した場合のサヤの変動分100円が利益になるということです。

サヤ取りにも色々あって

 異銘柄間のサヤ取りを「ストラドル
 先物の限月間のサヤ取りを「スプレッド
 同銘柄の市場間のサヤ取りを「アービトラージ

と言うそうです。

まずは、比較的安全そうな「スプレッド」から始めてみようかなって思ってますがどうでしょうか?



■[商品先物]業界最多水準の36銘柄の取扱!!オリエント貿易
3月31日までに10万円を入金をするだけで1万5千円ももらえてお得です。
申し込みこちら
 オリエント貿易バーチャルトレード
2006年03月18日 (土) | 編集 |
オリエント貿易バーチャルトレード

商品先物をはじめようと思っても、なかなか勇気がでないためバーチャルで練習しま~す。
ちなみに過去のコンテストの商品はすごい豪華で、

優勝:  準優勝:タヒチ旅行  3位:液晶TV

などです。まあ、商品をゲットするのは無理でしょうが。

■無料参加の申し込みはこちらから

 商品先物口座開設できました
2006年03月13日 (月) | 編集 |
オリエント貿易から口座開設の通知がきました。審査が厳しいと思っていましたが、電話もなくすんなりとできたって感じです。とりあえずイートレから10万円振替えたので1.5万円のキャッシュバックげっとです。

さっそく、ログインしてみたけど、何をしていいのかさっぱり分かりません。

あっ、今初めて知ったけど、オリエント貿易では最初に買った銘柄がもらえるそうです。ということは「金」を買えば「金」が貰えるってことでしょうか?本当かな?ここ大丈夫なのかな?
よし、「金」を買ってみようって10万円で買えるのかな?

今人気の商品先物情報サイトの先輩方のサイトを見て勉強していきま~す。



■業界最多水準の36銘柄の取扱!!オリエント貿易
3月31日までに10万円を入金をするだけで1.5万円もらえます。
申し込みこちら




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。