スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 日経平均15,500円割れ
2006年05月31日 (水) | 編集 |
今日は、日経平均が392円安で15,500円を割ってしまいました。このまま15,000円まで下落するのでしょうか?
ジャスダック指数も101.60と年安値を爆進中!下値はどの位になるのでしょうか?2/3押しであれば101.37なのですが、明日にでも下回りそうです・・・。

あまり発表したくありませんが、いつもの3銘柄の終値・・・です。

アセット(2337) 終値255,000円(前日比-14,000円-5.20%)
アーバン(8868) 終値1,356円(前日比+5円+0.37%)
フージャース(8907) 終値541,000円(前日比-21,000円-3.74%)

アセットは見るも無残な状況です。ファンダに特別な変化は無いので、よって需給だけでこんなに下がるものなのかと改めてビックリ・・(トホホ)です。
スポンサーサイト
 米ドルは今週が正念場?
2006年05月30日 (火) | 編集 |
米ドル/円相場は、5月17日に安値108.96円をつけてから上昇に転じましたが、113円を目前にして何度も跳ね返されています。今週が、米ドル/円の正念場といったような意見も良く見かけますが、理由は良く分かりません。ただ、次の重要指標が発表されるので注目したいと思います。

【今週の米国の重要な指標】
5月31日(水)・・FOMC議事録
6月2日(金)・・5月非農業部門雇用者数

週末の金曜日に「5月非農業部門雇用者数」の発表なので、また荒れた週末だけは勘弁して欲しいものです。

株式の方は、じっと我慢です・・・。
 新興弱すぎ・・・
2006年05月29日 (月) | 編集 |
新興市場の低迷が続いています・・・。ということで、主力のアセットもすごーく弱いです。今日は、米国&英国が休日なので、外人が居ないと、こんなにも弱いものなのでしょうか?

ところで、新興の代表指標であるジャスダック指数は、現在104.20ですが、2004年11月の安値80.63から2006年1月の高値142.87の0.618押しは104.40となります。なので、この当りで下げ止まってほしいですね。

それでは、いつもの3銘柄の終値・・・です。

アセット(2337) 終値276,000円(前日比-14,000円-4.83%
アーバン(8868) 終値1,403円(前日比-27円-1.89%
フージャース(8907) 終値566,000円(前日比+11,000円+1.98%

明日の前場も外人さんは、夢の中でしょうから、あまり期待できないかもしれません・・・ガクッ


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 アセットアロケーションって?(其の五)
2006年05月27日 (土) | 編集 |
前回まで、以下の内容について述べました。
§1.リスクを取らないことがリスクになる
§2.銘柄選択より4倍重要な資産配分
§3.リターンよりリスクを考える

今回は、次の内容について書いてみます。

§4.資産分散がリスクを軽減する秘密

資産が200万円あったとします。あなたが、
1.A国株式市場・・期待利回り15%、ボラティリティ20%
2.B国投資信託・・期待利回り8%、ボラティリティ10%
 (※この2つの値動きに連動性が無いものとする)
の2つの商品を対象に投資を考えた場合を考えてみます。

■A国株式市場のみに投資した場合
運用成績は、15%±20%なので、68%の確率でプラス35%~マイナス5%に収まり、リスク面のみを考慮すると、200万×5%=10万の損を覚悟した投資ということになります。

■B国投資信託のみに投資した場合
同様に、運用成績は、プラス18%~マイナス2%ですので、4万円の損を覚悟した投資です。

■両方に100万ずつ分散した場合
ここが、本題ですが、それぞれに100万ずつ投資した場合、期待できる利益額は、
  100万×15%+100万×8%=23万
となります。次に、ボラティリティ(期待利回りのブレ)は、
  100万×20%の二乗と100万×10%の二乗の和の平方根=22.4万円
となりますので、運用成績は、
  プラス45.4万円~プラス0.6万円
となります。なんと、この場合、損はせず最低でも0.6万円の利益が期待できるという結果が得られることになりました。要するに、

互いに相関のない資産を組み合わせると、「収益は足し算で増えていくが、ボラティリティは(二乗の和の)平方根でしか増えない」ため、「リスクを抑えた負けない投資」が可能ということですね。

実際に私たちの大事な年金は、「年金資産運用基金」がアセットアロケーションに基づいて運用います。2004年度の基本の資産配分は、

  国内債券・・68%
  国内株式・・12%
  外国債券・・7%
  外国株式・・8%
  短期資産・・5%

となっており、期待リターン4.5%、ボラティリティ5.5%と計算できるらしく、その結果、運用成績はプラス10%~マイナス1%と予想できるそうです。さすがはプロ!大幅にリスクを軽減した絶妙なバランスなんでしょうね。

ただし、注意しておくべきことは、絶妙の資産配分が完成した場合でも、時間が経つにつれて配分がずれてきます。なので、1年に4回(四半期ごと)程度でリバランス(配分の調整)をすることが重要なようです。

今回まで、アセットアロケーションの基本的な部分を紹介してきましたが、詳しい内容は、

内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵

に述べられています。2冊とも読んで損はしない文献だと思います。


■最後まで読んで頂いてありがとうございます。お役に立ちましたら応援クリック宜しくお願い致しま~す↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 平均株価反発&円高一服~5月26日の投資状況~
2006年05月26日 (金) | 編集 |
今週の日経平均は、15,508円の安値を付けてから、少し反発して終わりました。戻り高値の目処としては、雲の下限16,500円1回目の窓の16,840円~16,656円を埋めるかどうかってところでしょうか?

米ドル/円相場については、113円の壁が厚く、何度も戻されています。米ドル以外の通貨に対する円高の勢いも大分衰えて円安へ向いているようなので、早く113円を突破して欲しいものです。

それでは、早速、恒例の週末PFチェック!!

今週は、終わってみれば主力銘柄のアセットとアーバンに大きな動きはありませんでした。頑張ってくれたのがフージャースで、今日は前日比+46,000円となりました。なんだか、いつもフージャースだけ頑張ってくれているようなので、アセットとアーバンもっと頑張れ!

【今週の売買】
 ○ETF(1321)・・・買返済
 ○アーバン(8868)・・・信用買・返済
 ○沖電気(6703)・・・信用売・返済

【5月26日の投資状況】
 ---株式(現物)---
 ■アセット(2337)290,000円(4)
 ■アーバン(8868)1,430円(5)
 ■フージャース(8907)555,000円(1)
 ■極東証券(8706)1,574円(1)
 ---外国為替---
 ■USD/JPYロング・・現在112.00円(4枚)

【資本金 3,000,000円】
【総資産 3,050,000円 +50,000円 前週比+10万円】


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 明日「消費者物価指数」発表
2006年05月25日 (木) | 編集 |
明日は、これからの金利政策に重要な指標である「消費者物価指数」が発表されるそうです。なので、明日は、市場も買い見送りムードが強まりそうなんてコメントも見受けられますが、さてどうなるのでしょうか?

CPI

これは、2000年を100とした消費者物価指数の推移です。2006年の2月までに4ヶ月連続で上昇しているようですね。ただし、2006年2月の指数は97.6なので、それでも2000年に比べれば、まだ低い水準だということでしょうか?(3月も0.5%上昇しているそうです。なので5ヶ月連続で上昇している)

明日の発表で、5ヶ月連続6ヶ月連続で上昇となれば、お決まりの「ゼロ金利解除早期説」などが出てくるのでしょうが、福井日銀総裁の「ゼロ金利脱却が早まったという見方は極めてうがった見方だと私どもは思っている」という発言もあったようなので、6月解除というのは時期尚早かもしれませんね。

ちなみに、今、米国の第1四半期GDPの発表がありました。


米第1四半期GDP・改定値は、予想前期比年率+5.8%のところ+5.3%でした。米第1四半期個人消費・改定値は、予想前期比+5.6%のところ+5.2%でした。米5/21までの週の新規失業保険申請件数予想31.5万件のところ32.9万件でした。


予想よりも悪かったようですが、前期比プラスなので米国経済もまだまだ堅調ということだと思うのですが・・・。お決まりの米ドル安方向に反応しています。(残念)


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 アーバンコーポレイション決算発表!
2006年05月24日 (水) | 編集 |
今日の日経平均は、凄かったですね。前日比+308円の15,907円となりましたので、前日の「」をあっという間に埋めてしまいました。なので、この窓は「4.Exhaustion Gap」であった可能性が高いのですが、明日からトレンド転換となるのでしょうか?ちょっと楽しみですね。

今日は、おさわがせアーバンの18年3月期の決算発表がありました。

【18年3月期】  (百万円)
売上高 経常利益 当期純利益
64,346  10,677   7,868

前回の下方修正発表の内容とほぼ同じでした。また、19年3月期の予想も全く同じでした。今期の予想については、少し上乗せがないかなぁなんて期待していましたので、ちょっと残念です。まあ、色々とあったので強気な予想は控えたと考えたいですね。それでは、前回の中期計画のおさらいをしておきます。

【中期計画】   (百万円)
業績予想 売上高 経常利益 当期純利益
19年3月  113,000  43,000  25,000
20年3月  137,000  40,000  23,000

今期(19年)の売上高は、前期の130億円をスライドさせているため、実際の利益は178億円だったハズと考えた場合、EPSを換算すると79円程度(希薄化を考えない場合)でしょうか?なので今日の終値1,323円に対するPERは実質16.7倍と考えられます。

来期(20年)の場合は、EPS100円程度と考えられるため、需給がよければPER20倍の株価2,000円程度になることを将来的に願っております。(っていうかお願いします)


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 「窓開け理論」について考える
2006年05月23日 (火) | 編集 |
今日の日経平均の日足は、を開けて始まり、その窓は閉じませんでした。「」には意味があるそうなので、調べてみると4種類の窓があることが分かりました。

1.Common Gap
このギャップには重要な意味合いはほとんどなく、マーケットが非常に薄い時や、横ばいレンジにある時によくみられる。

2.Breakaway Gap
通常重要なプライスパターンの最後の段階であり、これはマーケットが大きな動きを始めるサインとされています。たとえばマーケットが、逆ヘッド・アンド・ショルダーを完成してまさにネック・ラインを破るといったときに、よくこのギャップが出現します。つまり、相場の頂点からの下落、あるいは底抜けといった大きな動きの時にこのギャップがみられ、トレンド転換を示すような主要トレンド・ラインのブレイクの際にも、しばしばこのギャップがみられます。

3.Runaway Gap(Measuring Gap)
相場がすでに一定の方向へ動いているとき、その途中で価格が急に飛んでランナウェイ・ギャップと呼ばれるギャップ(またはギャップの連続)が形成されることがあります。このギャップが見られるのは、程々の取引量でマーケットが無理なく動いているときで、上昇トレンドにおいてはマーケットの基調の強さを示し、下降トレンドにおいては市場の軟調を示すとされています。また、マーケットが調整局面を迎えたときにはサポートとして働き、埋められないままになることが多い。Breakaway Gapの場合と同様、上昇トレンドにおいて価格がこのギャップを下回ると、それは相場の転換の兆候とされる。 このギャップはしばしばトレンドの中間点で見られることから、Measuring Gapとも呼ばれる。トレンドの始まった点からこのギャップまでの距離を測り、その距離を2倍することによって、残りの相場の動き方について予測することが可能となります。

4.Exhaustion Gap
このギャップは、相場変動のほぼ最終段階に現れる。あらゆるチャート・ポイントがブレイクされ、前2種のギャップ(Breakaway GapとRunaway)がみられたあとには、Exhaustion Gapの出現が予測される。上昇トレンドの終わり付近で価格が大きくはねるが、その飛び抜けた価格もすぐに勢いを失い、数日あるいは数週間のうちに下方へと動きを転じる。価格がこのギャップよりも下のレベルでクローズしたときは、通常Exhaustion Gapが現れたときと逆の相場展開を迎えるサインとなる。これは、上昇トレンドにおいて、ギャップが埋まるということが弱気相場を示唆するという代表的な例です。

最近の日経平均は、今日と10日程度前に「窓」を作っています。
1回目の窓:5月12日16,840円~16,656円
2回目の窓:5月23日15,837円~15,776円

この2つの窓は、上記の4種類のどれになるのでしょうか?勝手に予想してみました。

まず、1回目の窓は、マーケットが大きな動きを始めたことから、「2.Breakaway Gap」だと思います。次に、問題の今日の窓ですが、3.Runaway Gap」の特徴は埋まらないことが多い4.Exhaustion Gap」の特徴が数日で埋まることから、数日で埋まれば「4.Exhaustion Gap」の窓という事になりトレンドが転換するが、数日で埋まらなければ、下降トレンドが続き、しかもその「窓」をなかなか埋めることができない最悪パターンになりそうです。

なので、この数日で窓埋めすることを願いたいです。


■最後まで読んで頂いてありがとうございます。お役に立ちましたら応援クリック宜しくお願い致しま~す↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 大きな「つつみ線」が出現しましたげど?
2006年05月22日 (月) | 編集 |
今日の日経平均は、ローソク足の組合せによると、大きな「つつみ線」が出たようですけど・・・。

ここで、ミニ用語解説!


つつみ線

図のように、前日の陰線をすっぽりとつつんだ大陽線、または前日の陽線をすっぽりとつつんだ大陰線のことで、前者は、安値圏で出ると買い、後者は、高値権で出ると売りと言われているそうです。


でも、今日の「つつみ線」は、下降トレンド中の大陰線でつつみ込んだので、どの様に判断すれば良いのでしょうか?って、明日にでも市場が回答してくれるんでしょうけど・・。

でも、日経平均は今度どうなるのでしょうか?一般的に言われているのが3分の1押しや、黄金比0.618押しなので、これを、2005年5月17日の安値10,788円から2006年4月7日の高値17,563円の差6,775円に当てはめると、前者が15,300円、後者が15,000円となるようです。ということは、もう少しの辛抱ですかね?

最後に、いつもの3銘柄の終値・・・です。

アセット(2337) 終値286,000円(前日比-3,000円-1.04%
アーバン(8868) 終値1,321円(前日比-59円-4.28%
フージャース(8907) 終値491,000円(前日比-7,000円-1.41%

特に言うことはありませんが、明日以降も厳しそうです(グスン)


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 アセットアロケーションって?(其の四)
2006年05月21日 (日) | 編集 |
前回まで、以下の内容について述べました。

§1.リスクを取らないことがリスクになる
§2.銘柄選択より4倍重要な資産配分

今回は、次の内容について書いてみます。

§3.リターンよりリスクを考える

より多くのリターンを望めば、相応のリスクを負っていることになります。なので、一体自分は、今、どの程度のリスクを負って投資をしているのかを把握することが大変重要ですね。過去20年程度の各アセットクラスの年間平均リターンと年間最大損失率は以下のようになるそうです。

アセットクラス 過去リターン 最大損失率
流動性資産   2.7%    0.0%
日本株式    2.3%   -42.9%
日本債券    5.5%   -6.2%
外国株式    6.5%   -34.2%
外国債券    6.1%   -25.9%

これによると、日本株式投資だけに資産を集中させた場合、最大で43%の資産が無くなる覚悟をしておかなければならないって事ですね。しかも、レバレッジを2倍にした場合は、43%×2=86%のリスクとなります信用取引2倍で運用=破産覚悟ってことです。

リスクを考える際に、よく「ボラティリティ」って言葉を聞くと思いますが、これは「投資結果のブレ」であり、正規分布で表される1標準偏差(1σ)のことです。1σは±68.3%に収まるデータのことなので、「ボラティリティ20%とは、68.3%の確率で予想±20%に収まる」ってことです。

また、正規分布の2標準偏差(2σ)は±95.4%に収まるデータのことなので、ボラティリティの2倍のリスクを念頭に置いておけば、95.4%の確率で、それ以上は損をすることがほぼ無いってことになります。ここで、各アセットクラスのボラティリティその2倍の数値は、ほぼ次のようになるそうです。

流動性資産 0.8% 1.6%
日本株式  20.3% 40.6%
日本債券  3.4% 6.8%
外国株式  22.4% 44.8%
外国債券  15.0% 30.0%

良く見てみると、このボラティリティ×2倍の数値と、先の述べた最大損失率が近い数字になったことが分かると思います。なので、各アセットクラスに投資する際には、最大でボラティリティ×2倍のリスクを負っていると知った上で投資するべきですね。

それでは、次回のアセットアロケーションって?(其の五)「§4.資産分散がリスクを軽減する秘密」をお楽しみに!


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 平均株価反発&円安~5月19日の投資状況~
2006年05月19日 (金) | 編集 |
今週は色々と大変でした。平均株価の続落、アーバンショック、円高進行など・・・・でも、週末の今日は、平均株価の反発、アーバンの不安解消、円安など来週に繋がるような終わり方だったかなぁと思います。

それでは、早速、恒例の週末PFチェック!!

今週は、主力銘柄のアセットとアーバンがすごい下落。厳しいです。救いは、急激な円高のエネルギーがかなり減ったようなので、すこし円安になったこと位かな?

今週の売買は、アーバンのおこぼれの信用買い・返済とアドバンテスト(6857)の空売り・返済でした。「空売りなんてできない」とも言ってられるような状況じゃ無くなってきたので、空売りも少しずつ勉強していこうと思います。

【5月19日の投資状況】
 ---株式(現物)---
 ■アセット(2337)289,000円(4)
 ■アーバン(8868)1,380円(5)
 ■フージャース(8907)498,000円(1)
 ■極東証券(8706)1,643円(1)
 ---株式(信用)---
 ■ETF売建(2)
 ---外国為替---
 ■USD/JPYロング(4枚)

【資本金 3,000,000円】
【総資産 2,950,000円 -50,000円 前週比-12万円】

げーっ!とうとう元本割れ!?厳しいっす・・・。


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 アーバンコーポレイション業績予想の修正発表
2006年05月18日 (木) | 編集 |
おさわがせのアーバンコーポレイションが、平成18年3月期の業績予想を下方修正しました。

業績予想 売上高 経常利益 当期純利益(百万円)
前回発表  76,500  22,600  15,000
今回発表  64,300  10,600  7,800

増減率▽48%!?アーバンやっちゃったか?なんてビックリしましたが、同時に発表された中期計画で救われました。

【中期計画修正前】
業績予想 売上高 経常利益 当期純利益(百万円)
19年3月  100,000  30,000  17,500
20年3月  137,000  40,000  23,000

【中期計画修正後】
業績予想 売上高 経常利益 当期純利益(百万円)
19年3月  113,000  43,000  25,000
20年3月  137,000  40,000  23,000

要するに、18年3月期の下方修正分の売上げが、そっくりそのまま19年3月期に計上されるということです。しかも、トーマツからは特別目的会社を活用した事業モデルは適正で、違法性は無いとの見解も得ているとの事です。なので、今日は安心感からS高ってことです。とりあえず、ホッとしました。

・・・独り言・・・
「昨日のドイツ証券のレーディング停止、本日の投売り真っ最中での場中の発表、最低転換価格1,800円の転換社債引受手のドイツ銀行など一連の流れがあったようにも思える。そうなれば、株価が1,800円未満であっても権利行使の指図があるかもしれない(←ドイツは十分に儲けたから)」なんて勝手な空想をしております。


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 アセットアロケーションって?(其の三)
2006年05月17日 (水) | 編集 |
前回の記事はこちらです。前回は、

内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法

を読んで、最初の部分だけ記事にしましたが、実は、アセットアロケーションに関する書籍をもう1冊読みました。それは、

貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵

です。「内藤忍の資産設計塾」が基礎的なことを主に述べているのに対し、「貧乏人のデイトレ 金持ち・・・」は基本的であるのもかかわらず戦略的で、読んでいてわくわくするような内容です。

私は、AKIさんから教えて頂きました。AKIさんも述べてらっしゃいましたが、全ての人々が読んで欲しいような素晴らしい内容だと私も思います。今回から、この2冊の内容を加味したアセットアロケーションを述べて行きたいと思います。

前回は、まず「自分の総資産を把握することから始める」ということでした。今回は、

§2.銘柄選択より4倍重要な資産配分

資産の運用実績は、「銘柄選択やタイミングよりもどのような割合で資産配分するかによる」そうです。具体的に言えば「ソニーを買うか松下電器を買うかで悩む時間があったら、日本株の投資比率を30%にするか40%にするかに時間を割くべき」ということです。

資産は以下6つのグループに分けます。
①流動性資産・・・普通貯金、郵便貯金、MRFなど
②日本株式・・・個別株式、日本株投資信託、ETFなど
③日本債券・・・国債、社債、MMF、債券型投資信託など
④外国株式・・・米国株式、中国株式、海外株式投資信託など
⑤外国債券・・・外債、外債ファンド、外貨MMF、FXなど
⑥その他資産・・・バランス型ファンド、REIT、金など

次に、標準的な資産の配分は以下の通りです。
日本株式・・・30%
日本債券・・・10%
外国株式・・・20%
外国債券・・・20%
流動性資産・その他資産・・・20%

これは、あくまで標準的なアセットアロケーションなので、各自の目標リターン、許容リスク、年齢などのよって自分に最も適した配分を考える必要があるとの事です。

まあ、今回のような日本株式の下落局面でも、資産を配分しておけば特にアタフタする必要もなかったのでは・・・と思います。早く、理想的なアセットアロケーションを見つけなくてはと思っている今日この頃です。

それでは、次回のアセットアロケーションって?(其の四)をお楽しみに!


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 アーバンショック!
2006年05月16日 (火) | 編集 |
キレテナイデスヨ!きれてないです。こんなの想定内・・・?

アセット(2337) 終値276,000円(前日比-38,000円-12.10%
アーバン(8868) 終値1,201円(前日比-200円-14.28%S安
フージャース(8907) 終値502,000円(前日比-21,000円-4.02%

ひどすぎ・・アーバンショックですか?アーバンは仕方ないにしても、市場全体、特に不動産関係が激震って感じです。今日の急落で、明日から追証スパイラルに突入ですか・・・フー。

偶然にも信用も持ってなかったことが不幸中の幸い。残念ながら、売りから入るようなテクニックを持ち合わせてないので黙って静観です。

1985年から2003年までのTOPIXのデータによると、1年間の最大損失率は-41.9%で、年間の平均リターンは+2.3%だそうです。なので、日本の株式市場に投資する場合は、+2.3%のリターンを得るとためには最大-41.9%のリスクを負っているということになるそうです。知らなかった・・・肝に銘じておきます。


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 平均株価5日続落!
2006年05月15日 (月) | 編集 |
まあ、良く下げますね。とりあえず、いつもの3銘柄です。

アセット(2337) 終値314,000円(前日比-10,000円-3.09%
アーバン(8868) 終値1,401円(前日比-145円-9.38%
フージャース(8907) 終値523,000円(前日比+2,000円+0.38%

アーバンは、明日の5月16日に決算の発表を予定していましたが、監査法人トーマツの監査がまだ続いているということで、5月24日に延期になりました。なので、今日は-9.38%もの下落となったのでしょうか?かなり心配・・・。

日経平均は、テクニカル的には、75日移動平均線を下回り、MACDも下降中、スローストキャも決して売られすぎではなく、一目均衡の雲の底辺にかろうじて乗っかっているって感じです。なので、少し様子見ですね。

今日は、これだけです。


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 アセットアロケーションって?(其の二)
2006年05月14日 (日) | 編集 |
内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法

読みました。1回読んだだけなので、あまり理解できていませんが、分かったことだけお知らせします。

§1.リスクを取らないことがリスクになる

今後の日本経済は、デフレから脱却し、インフレになる可能性がある。そのような時代に、元本保証の預貯金だけでは、資産の価値が守れない。要するに、物価が2倍になれば今の100万円は、実質50万円の価値に下落するってことですね。だから、これから先は、預貯金のような元本保証の円資産を持っているだけでリスクを負っているということになります。

まあ、こんなことは分かっているから、皆が株式投資などを行って、リターンを追及しているんだろうと思います。ただし、注意することは、自分いや家計の総資産を把握した上で投資を行っているか?ということだと思います。

例えば、100万円を元手に高レバレッジで年率100%を目指して株式投資を行っているAさんがいたとして、Aさんが株式投資のほかに400万円の郵便貯金の資産を持っていたとしたら、Aさんは総資産500万円で年率20%の運用を目指していることになります。でも、Aさんは毎日の値動きに一喜一憂、高レバレッジの追証不安で夜も眠れず・・・。こんな人も多いんじゃないかと思います。要するに残りの400万円を有効に活用していないってことです。しかも、この400万円は、ほとんどリターンは無いがリスクは負っている。

この場合、総資産500万円で分散投資して年率20%を目指すとした方が、気が楽になるんじゃないでしょうか?

また、家計の総資産は、タンス預金、生命保険の解約時の貯蓄部分、更には不動産まで、よーく探してみれば結構あるものです。マイホームを持っている方であれば、すでに自分で自分の土地に投資しているのと同じことですね。

なので、先の例で、Aさんが更に1000万円の評価額の土地を持っていたとすれば、総資産1500万円で年間100万円の利益を目指しているので年率6.7%ということになります。

要するに、アセットアロケーションとは、まず、自分の総資産を把握することから始まるようです。ということで、総資産を洗い出します。(←でも公表しません恥ずかしいので)

それでは、次回のアセットアロケーションって?(其の三)をお楽しみに!


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 ジェイブリッジの下方修正に思うこと
2006年05月13日 (土) | 編集 |
ジェイブリッジが下方修正を発表しました。

業績予想 売上高 経常利益 当期純利益(百万円)
前回発表  45,000  8,800  7,600
今回発表  39,600  2,800  2,400

なんと、68%ものマイナスです。理由の1つに「ライブドアショックによる投資先の売却益が当初の計画より大幅に減少したため」とあります。個人なら分かりますが、上場企業として、この程度のリスク管理が出来ないなんてことが許されていいのでしょうか?

ジェイブリッジとは、アジアの架け橋になるという意味がこめられているようですが、実際は日本市場だけの集中投資!しかも、再生中の投資先企業の新株予約権を発行して市場(個人投資家)から金をまきあげる。好ましくないような気がします。

私は、以前にジェイブリッジを保有しており、あまりにも割安だったため、不安になり記事にしました(過去の記事)が、翌日売却しました。

その記事で鴨(かも)さんからのコメントを頂いたのです。本当に鴨(かも)さんは、私の命いや資産の恩人です。鴨(かも)さんありがとうございます。投資経験の浅い私が書いた記事は間違いが多いと思います。そんな時は、ビシビシとチェックして下さい。お願いします。

今回、購入に至るまでの経緯を振り返り反省したいと思います


有名バリュー投資家さんが所有しているって雑誌の記事を見た。

■ライブドアショックの急落で予想PERが10倍を下回ったため2口購入。

■某ブログなどによる悪いウワサがあったが、有名投資家さんが所有しているのだから安心と決めつける。

■過去の決算書なども読まず、企業再生型のM&Aを行っていると想像するだけ。

■少し戻したところで1口売却(特に理由なし、ちょっと戻したから?)

■決算を控えて不安になったが1口だから、もし下がっても割安なんだし長期で持っておこうかなんて考える。



なんだか超最低~。一番の原因は、あの人が持っているから安心。だから中身もいいはず。なんて決めつけていたこと。投資法、投資期間、資金、想定利益率など投資家によって投資スタイルが異なる。なのに単純に儲かるハズと決めつけていたことがイケナイです。

下方修正を受けて株価は下がるのか、折り込みで上がるのか、この先どうなるか分かりません。長期的には絶好の買場なのかもしれません。でも、長期投資としては、会社の信頼性が得られない理由により、今後、この株を取得することは無いと思います

ただし、短期投資として考えた場合は別です。売りさえうまく出来れば投機チャンスはあるかも知れません


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 これからどうなる~5月12日の投資状況~
2006年05月12日 (金) | 編集 |
今日は、日経平均が一時400円のマイナスとなりましたが、後場は結構戻しました。でも、これから市場はどちらの方向に向かうんですかね?長期的には、2003年4月の大底7,600円からの上昇相場は続いていくんでしょうが、短・中期的には若干の調整も想定する必要があるかもしれませんね。まあ、良く分かりません。

それでは、恒例の週末PFチェック!!

今週は、フージャースだけ頑張ってくれました。ありがとうフージャース!その他はさっぱり。特に、アーバンは良く売られましたね。16日の決算発表を期にトレンド転換して欲しいものです。

大打撃は、為替!ドルが弱いというより円が強すぎです。こんなに円が強いと日本経済に悪影響!日銀さん、為替介入してください。今日21:30発表の米国貿易収支は、予想670億ドルの赤字のところ620億ドルの赤字だったそうで、予想より良かったのですが、反応しませんでした。ふー。

今週の売買は、信用全返済とETFの新規売建でした。元本もそろそろ割りそうなので、これから慎重に取り組んでいこうと思います。初期の目標“年率30%”をもう一度言い聞かし、リスクを過大にしないよう心がけたいと思っている今日この頃です。

【5月12日の投資状況】
 ---株式(現物)---
 ■アセット(2337)324,000円(4)
 ■アーバン(8868)1,546円(5)
 ■フージャース(8907)521,000円(1)
 ■極東証券(8706)1,735円(1)
 ---株式(信用)---
 ■ETF売建(2)
 ---外国為替---
 ■USD/JPYロング(4枚)

【資本金 3,000,000円】
【総資産 3,070,000円 +70,000円 前々週比-24万円】


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 下げがきついです・・・
2006年05月11日 (木) | 編集 |
今日も苦しい結果に終わってしまいました。とりあえず、いつもの3銘柄です。

ASEET(2337) 終値315,000円(前日比-16,000円-4.83%
URBAN(8868) 終値1,589円(前日比-57円-3.46%
フージャース(8907) 終値506,000円(前日比+29,000円+6.08%

アセットの何が悪いのでしょうか?とりあえず雲の底30万を死守してほしいです。アーバンも直近とその前の安値1,560円がポイントですかね。大きく下ヒゲでもつけて安心させてください。孤軍奮闘のフージャース良く頑張った!

次に為替市場ですが、米FOMCの政策金利発表で、米ドルの政策金利が予定通り0.25%引上げられて5.00%になりました。これを受けて、米ドル/円は110.10円まで円高になりましたが、その後111円台を回復しています・・・なんて記事を書いていたら、米ドル/円が110.70円まで急落!理由は21:30に発表された米国小売売上高の指標でした。


米国の4月小売売上高は予想前月比+0.7%のところ前月比+0.5%、また5/7までの週の新規失業保険申請件数は予想31.5万件のところ32.4万件でした。


予想より悪かったということで、相変わらずドル売りですね。でも、前月比ブラスなのですから米国経済はいたって堅調のように思えるのですが・・・今は、なんでもかんでもドル売りです(悲)

話を米FOMCに戻すと、その内容は、「さらなる引締めが必要になるかもしれない」との声明だったようなので、今回が最後の利上げではない可能性が残っていると考えて良さそうです。

同時に、半期に1度の外為報告の発表では、中国が為替相場操作国として米国に認定されるかどうかという点に注目が集まっていたようですが、名指しが無かったとのことです。要するに人民元切上げの要請を強く言うか言わないかなので、名指しが無かったことで、アジア通貨買いに拍車が掛からなかったってことかな?人民元切上げ=円買いの意味は良く分かりませんが・・・。

明日の金曜日は、米国貿易収支の発表があるようです。またまた荒れた週末になるんでしょうか?(←重要指標が多すぎ)


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 フージャース決算&分割発表
2006年05月10日 (水) | 編集 |
今日は、フージャース18年3月期の決算短信の発表がありました。

  業績 売上高 経常利益 当期利益(百万円)
18年会社予想 31,000 5,000 2,900
18年決算発表 29,913 5,064 2,996
19年中間予想 14,500 1,750 1,030
19年通期予想 43,500 6,500 3,800

業績は、予定通り順調のようです。今期の予想でのEPSは35,250円なので、今日の終値477,000円に対するPERは13.5倍となります。やっぱり割安!特に注目はROE32.9%だと思います。単純に考えれば配当性向10%を引いても、年率約30%の複利で増えていく計算になります。利回り30%の債券を持っているのと同じ感覚。それでいて割安なので凄い会社です。

今回は、同時に株式分割も発表いています。3分割です。
 分割基準日 平成18年6月30日
 効力発生日 平成18年7月1日

ただし、分割については、最近のアセットやアーバンの例からして、あまりメリットは感じられないんですが・・・。

最近、本当にフージャースはいい会社だなぁって思います。中期計画もしっかりしていて、月次も発表して、その計画通りに進めることができる能力をもっています。派手な上方修正もいいですが、予定通りに事を進めてくれる安心感が心地よいです。

5月12日(金)19:30~20:00にNHKの「特報首都圏」という番組で、フージャースが紹介されるそうなので、ぜひ見てみたいです。

フージャースのすご~く詳しい内容を知りたい方は、「フージャース株主友の会(一般用)」のokenzumoさんや「成長株で億万長者」のAKIさんブログで確認してください。いつもながら凄いですよ。


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング オール株式情報ランキング
 ASEETストックオプションの付与
2006年05月09日 (火) | 編集 |
アセットがストックオプション(新株予約権)を発行に関するお知らせを発表を行いました。お知らせ1お知らせ2

合計2,000株で、払込金額は、発行日の前月の終値の平均×1.05となり、行使期間は、平成20年5月31日から平成23年5月29日です。

希薄率0.35%程度なので全然問題なし。これで、社員の士気が高まれば安いもの、かな?

今日は、8921シーズクリエイトの決算発表がありました。純利益10億円(+46.4%)の好決算で、今期予想も15億円です。今期EPSは6,000円予想なので、今日の株価102,000円に対するPERは17.0倍となります。フージャースにしてもそうですが、マンデベの需給関係はPER10倍台までの評価しかしてくれないのでしょうか?ちょっと残念ですね。シーズは増資もありそうなので注意して見守りましょう。


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング オール株式情報ランキング
 FOMC政策金利はどうなる?
2006年05月09日 (火) | 編集 |
明日10日(日本時間11日AM3:15)に為替市場にとって重要な指標となる米国のFOMC(連邦公開市場委員会)の発表があります。


FOMCとは、アメリカの中央銀行である米連邦準備制度理事会(FRB)が年8回、定期的に開く米金融政策の最高意思決定会合。短期金利の 誘導目標などを決める。


米ドル/円にとっては、とっても重要です。現在、米ドル/円はすごい円高で1ドル=111円台です。昨年は息を潜めていたドル安円高派が沸いて出てきて、今では、1ドル=108円とか102円になるなんて意見も聞えてきます。今では、円高派が大多数のような気が・・・。

米ドル/円を買っている者にとっては恐ろしいです。そんな最中のFOMC!かなり激しく動く覚悟をしなければ・・・。

今回のFOMCでは、米ドルの政策金利が0.25%引上げられて5.00%になる予定らしいです。でも、注目されるのは、今後の利上げの可能性で、今回で最後の利上げではないかとの市場の予想が、今のドル安になっている訳です。

それでは、今回が最後の利上となった場合、米ドルは更に下落するのか?ですよね。ここからは希望的観測ですが、いわるゆ不安材料出尽しで米ドルは上昇に転じるなんて思っています。だって、5.0%もの金利差を支払ってまでドルを売って円を買い続けることなんてできますかね?また、米国の経常赤字に注目が集まっているようですが、日本のGDP比150%にも昇る借金の方が末恐ろしいと思うのですが・・・。

株式市場にとっても円高は好ましくないハズ。輸出関連企業の収益を圧迫し、景気の回復に水をさす。やっぱり円安=景気回復でしょう!!

こんな記事を書いている間にも、どんどん円高が進んでます(涙)


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング オール株式情報ランキング
 アセットアロケーションって?
2006年05月08日 (月) | 編集 |
アセットアロケーションって知ってますか?私は、つい最近、いつもお世話になっているAKIさんブログで知りました。アセットアロケーションとは、資産配分のことだそうです。

私は、今年1月のLDショック後の新興暴落で、全ての銘柄が下げるのを体験して、株式以外の資産配分が必要だなあ(過去の記事1、過去の記事2)なんて思ったので、商品や為替、ワラントなどに挑戦していますが、やみくもに挑戦しているだけで、どのように配分すれば良いのかなんて分かっていません。

そんな時に、アセットアロケーションという言葉を知って、更に、資産設計を考慮した最適な配分法を考えることが必要なんだということを知りました。

昨日、わが町にもやっと紀伊国屋が進出!!そこで目にしたのが、

内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法

という書籍でした。でも、まだ読んでません!これからじっくりと読んでみます。内容が理解できたら記事に書きますね。

では、いつもの3銘柄の終値です。
ASEET(2337) 終値347,000円(前日比+20,000円+6.12%
URBAN(8868) 終値1,770円(前日比+128円+7.80%
フージャース(8907) 終値489,000円(前日比+14,000円+2.59%

今日は、株式の方は、調子が良かったようです・・・でも、為替が・・・・

米ドル/円 現在111.00円(前日比-1.50円-1.33%

やばいです。でも、要するにこれはアセットアロケーション(資産配分)を考慮したリスク軽減法と考えればいい訳です。株と為替で相殺している訳ですから。時には反対の場合もあると思います。

ただし、今現在は、資産設計を考慮した最適な配分法など考えてない、なんちゃって分散投資なので、これからじっくりと考えて行きます。まずは、信用の処分からかな?


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング オール株式情報ランキング
 フージャースコーポレーションについて考える
2006年05月06日 (土) | 編集 |
フージャースの決算短信の発表は5月10日の予定です。フージャースについては、「フージャース株主友の会okenzumoさんや「成長株で億万長者」のAKIさんがパッチリ分析してくれているので、とっても安心です。でも、他人まかせでは、ただの“猿まね”なので、現在の状況だけでも把握したいと思います。ということで、まず過去のB/S図からです。

フー001

やはり最も目立つところは、固定資産の少なさでしょうか?これは、無駄な土地・建物や投資有価証券などをほとんど所有していない証拠ですね。本業1本に有効的に資金を利用しているということになるのでしょうか。自己資本比率も40%近くあるので、財務は至って健全です。さて、18年3月期はどうなるんでしょうか、注目です。

次に、18年3月期の会社予想と3Q実績です。

       売上高 経常利益 当期利益 (百万円)
3Q進捗   15,173  2,000  1,137
通期予想  31,000  5,000  2,900

あれれ、3Qの進捗率は経常利益ベースで40%ですか?でも心配ないようです。3Qの業績概要によると、通期1300戸の引渡し予定のうち17年12月末時点で1,257戸の契約がすでに終了しており、4Qに売上げが集中するようです。

でもでも実は、ここは月次を発表しているので、18年3月期の販売戸数は決定しています。(平成18年3月度営業概況のお知らせ

これによると、18年3月期は、計画戸数1,301戸に対して1,294戸で進捗率というより達成率は99.5%でした。なので、7戸足りなかったことになります。

また、この月次には平成19年3月期と平成20年3月期の計画戸数、契約済み戸数、仕入済み戸数が明記されているため、株主にとっては凄く安心できる開示です。

話を元に戻すと、18年3月期は7戸の在庫が残ったということは、若干の下振れになるのでしょう。まあ、そんなに心配する必要もないんでしょうが。ちなみに、会社予想のEPSは26,900円なので、現在の株価475,000円に対してのPERは17.6倍となります。

ただ、大事なのは今期の業績予想ですが、計画戸数は1,720戸で仕入れは100%完了済です。予想に関してはokenzumoさんが詳しく記事にされています。それによると、EPSは、2万8,289円~4万5,730円(←かなり幅がある)だそうで、okenzumoさんは個人的にEPS40,000円を予想しています。これは、現在の株価475,000円に対してPERが11.9倍となることを意味します。

またPERかなんて言われそうですが、やっぱり割安じゃないですか?


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング オール株式情報ランキング
 弱い米雇用統計発表
2006年05月05日 (金) | 編集 |
今日は、為替市場の話題です。株式市場と違って、こちらの方は日本のGWなんて関係なく、土日以外の24間フル稼働です。

そんな中、こどもの日の今日の21:30に米国の重要な指標である米雇用統計が発表されました。発表の内容は、米国の4月失業率は予想4.7%のところ4.7%、また、4月非農業部門雇用者数は予想+20万人のところ+13.8万人だったようです。

この発表を受けて、為替市場は米ドル/円が113.9円から112.6円に急落しました。今のところなんとか112.6円で止まったって感じで、また、更に下落?があるかもしれません。この記事を書いている間も大きく変動しています。怖っ!

それにしても、為替市場も色々な指標や情報に敏感に反応するんだなあと感じております。5月10日にはFOMC(米連邦公開市場委員会)もあるそうなので、これが最大の重要指標になるようですが、どうも0.25%程度の利上げは織り込んでいるようです。なので、逆に利上げが無かった場合のことを考えるとかなり怖いですね。

私の個人的に思うことは、今回の発表で失業率は4.7%と予想どおり、非農業部門雇用者数が予想の+20万人から+13.8万人に下振れしたことで、米国経済の先行き不安が沸いて出たのでしょうが、それでも雇用は増えているし、事実、日本と米国との金利差が4.75%もあり、更にその差が今後もいくらかは拡大するだろうと予測できる現時点においては米ドル有利だと思うのですが、市場はそのように判断してないようです。残念・・・。

【現在のポジション】
USD/JPY買い4万ドル 取引(4/21~4/24)平均116.00円 
現在112.50円 swap+612円/日・・相変わらず買いが下手です


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング オール株式情報ランキング
 まるで異国?長崎へ
2006年05月05日 (金) | 編集 |
5月3日と4日は長崎に行ってきました。今、長崎は“長崎さるく博06”というのをやってます。「さるくって何?」ですよね。「さるく」とは長崎弁で「ぶらぶら歩く」という意味です。長崎は、鎖国の日本で、ただひとつ海外に開かれた町なので、町中に西洋と中国の文化が残っています。なので、ぶらぶら歩いて異国の文化を楽しもうということです。詳しくはこちら。ということで異国の文化を感じてきました。

グラバー園からの眺め↓↓
長崎01

ハウステンボスの風景↓↓
長崎02

ぶるぶら歩くのは良かったのですが、足が棒のようです。でも、子供は元気いっぱい!長崎へ行きたいって方は、manuwオススメコースをお教えしま~す!
 アセット・マネジャーズについて考える
2006年05月02日 (火) | 編集 |
今日は、アセット・マネジャーズの未来の株価について勝手に予想してみました。いきなり結果をどうぞ!
ASEET予想01

3年後の株価は598,000円、5年後の株価は1,228,000円、33万円で取得した場合の年間の期待収益率はそれぞれ15.8%24.3%となりました。

予想した方法を以下に述べます。自分勝手に予想しただけなので気にしないでください。しかも、間違っているかもしれませんし・・・。

まず、アセットの目標とする経営指標は2つあります。
1.自己資本比率毎期50%
2.経常利益の成長率前年比50%増

この2つの経営指標が会社の方針ですから、これを使ってなんとか株価を予想できるんじゃないかなと思ったのが発端です。

まず、アセットは中期目標で『201×年に経常利益1000億円を目指す』としています。また、今期(2007年2月期)の経常利益は140億円を予定しています。なので、「経常利益の成長率前年比50%増」の経営指標から、何年後に1000億円になるか計算してみると、140億→210億→320億→480億→720億→1080億となり、5期後の2012年2月期に達成する計算になります。

次に、「自己資本比率毎期50%」は、内部保留だけでは恐らく達成不可能なので、毎年増資をすることになります。ここで、最近の転換社債は130億円で希薄率7.4%でした。過去の例から期中に2回増資をすると考えると、1.074×1.074=1.153になるので約15%のEPSの希薄化が発生するものと思われます。

なので、毎期15%の希薄化分の増資があると考えて計算してみたんですが、2012年には1400億の増資!なんて結果になってしまったので、これはちょっと非現実的だと思い、毎期150億円×2回=300億円で設定してみました。(それくらいなら株主も怒らないかなあと思って)

計算方法としては、増資が300億となるようにROA(総資本経常利益率)を調整して、総資産を割り出し、その50%が株主資本となるようにしました。ROAを前期と同じ14.5%程度として計算するほうが妥当かもしれませんが、この時の増資額も2012年は1000億を超えたため、前述のような方法を採りました。

その他の数値は、配当性向18%税引後の利益56%PER20倍としています。

考察すると、やはり2012年のROA19.4%が厳しいかなとも思います。達成のためには、そこに至るまでの期間で内部保留をもう少し積み重ねる必要があるのでしょう。実際に、経常利益の成長率は+190%→+116%→+65%(今期予想)と50%を大きく上回ってきているので期待も持てます。

このように考えると、年間300億程度の増資を懸念する必要もなさそうですね。

ちなみに、今回はPER20倍としていますが、需給が良好な場合ではPER30倍も可能だと思っています。この時の予想株価は、3年後100万円、5年後200万円となります。すげっ!

逆に、基本の経営指標が守られない場合は、投資を継続するかどうかの判断を迫られると思います。

いつものようにコメントします。→間違っていたらゴメンなさい。

P.S
明日は旅行に出かけるため記事はお休みします。


■せめてランキングだけでもUPさせて下さいFC2ブログランキング
 デイトレ
2006年05月01日 (月) | 編集 |
今日は、デイトレに挑戦!と気合を入れてリアルタイムチャートを見ていましたが・・・結論=デイトレなんてできませ~ん(悲)

だって、これから上がるのか下がるのかなんて瞬時に判断できます?あっ上がったと思えば、すぐ下がるの繰り返しでタイミングなんて全然掴めませんでした。MYウォッチ銘柄が、今日は、出来高が超少なく、値動きが無かったためかもしれませんが・・・。

デイトレは、自分には全然向いてないなぁと思いました。それと分かったことは、巷ではやりの「デイトレで○億円儲けた」なんて本を書いた人・・・この人達は、瞬時の判断力と相場観、自分なりの売買ルールの確立を兼ね備えた凄い人達だったんですね。

本屋に行っても「たまたま儲けただけだろ」なんて思いながら「デイトレ本」の表紙だけを眺めていましたが、ちょっと考えが変わりましたね。この人達はすごい! なので、私のような凡人には出来ないんですね。

まあ、今日は雰囲気だけでも味わえたので良しとしよう。

明日は、アセット・マネジャーズについて未来の株価を考えてみます。お楽しみに!


■せめてランキングだけでもUPさせて下さいFC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。