スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 消費者物価7ヶ月連続プラス~6月30日の投資状況~
2006年06月30日 (金) | 編集 |
米国FOMCでは、大方の予想通り0.25%引上げられて5.25%となりました。ただ、声明文の内容から、米国経済成長の強いペースの鈍化について述べられていることから、米ドルが急落し、116円を割って現在は114円前半となっています。

しかし、今後のインフレ圧力についても言及していることから、これで、金利引き上げが最後という訳でもなさそうなので、米ドルの下落も一時的なものであってほしいです。

我が日本では、5月の消費者物価指数の発表があり、プラス0.6%と7ヶ月連続のプラスとなりました。これにより、7月13日14日の日銀金融政策決定会合で、またまたゼロ金利解除の気運も高まるかも?らしいです。

それでは、早速、恒例の週末PFチェック!!

今週は、売買を全くしませんでした。先週とは逆に、持株の株価は少し上昇しましたが、米ドルの急落(悲)で収支もほとんど変わらずでした。

【6月30日の投資状況】
 ---株式(現物)---
 ■アセット(2337)271,000円(4)
 ■アーバン(8868)1,382円(5)
 ■フージャース(8907)174,000円(3)
 ■極東証券(8706)1,446円(1)
 ---株式(信用) ---
 ■アセット
 ■アーバン
 ■極東証券
 ---外国為替 ---
 ■USD/JPYロング(2枚)
 ■CAD/JPYロング(1枚)

【資本金 3,000,000円】
【総資産 3,050,000円 +50,000円 前週比+5万円 前月比±0円】
スポンサーサイト
 FOMC政策金利はどうなる?
2006年06月29日 (木) | 編集 |
日本時間の6月30日午前3:15に為替市場および最近では日本の株式市場にも大変影響のある米国のFOMC(連邦公開市場委員会)の発表があります。まずは、FOMCのおさらいです。


FOMCとは、アメリカの中央銀行である米連邦準備制度理事会(FRB)が年8回、定期的に開く米金融政策の最高意思決定会合。短期金利の 誘導目標などを決める。



米国の政策金利は現在5.00%ですが、今回のFOMCでは、更に0.25%引上げられて5.25%となる予定のようです。なので、5.25%となることはサプライズではなく、5.00%に据え置くことや、0.50%引上げられて5.50%になることがサプライズになりますね。

短期的な動きを普通に考えれば、5.00%据え置きならばドル売り&株価上、5.50%まで引上げればドル買い&株価下落でしょうが、普通に5.25%だった場合は、どうなるのか分かりませんね。発表後の要人の意見によっても敏感に影響しそうです。

米国の政策金利が今後どの程度になると考えている人が多いかを知るための材料としては、シカゴ取引所の金利先物取引で分かるようです。これによると、6月28日現在で、

06年7月限 5.28%
06年8月限 5.41%
06年9月限 5.48%
06年10月限 5.54%
(※100-先物レート=金利)

このようになっているため、6月に5.25%になることは確実で、10月までに5.50%になるだろうと市場は判断していることになります。

まあ、とりあえず明日の株価に多大な影響を与えない程度にしてくれることを祈ります。
 ウォーレン・バフェット氏の4兆円寄付について思うこと
2006年06月28日 (水) | 編集 |
数日前、世界第2位の富豪とされる米投資家ウォーレン・バフェット氏が、同1位のビル・ゲイツ・マイクロソフト会長の夫妻による慈善財団などに合計で約370億ドル(約4兆3000億円)分の株式を寄付すると発表しましたね。

米国の寄付金額の記録としては過去最高だそうで、バフェット氏の個人資産の約85%にあたるそうです。

なんとも凄いですね。また、バフェット氏は、富を社会に還元する方法として「税金を払って財務省に任せるより、ビル・ゲイツ夫妻の財団はお金の効用を最大化してくれる」と思ったからだそうです。富を最大限に還元しようとするバフェット氏のすばらしい姿勢が伺えます。

寄付の方法としては、自身の経営する投資会社バークシャー・ハサウェーの株数の5%を毎年寄付していくそうなので、自社の株が上がれば、毎年の寄付額も上がるという慈善活動ありきの本当に偉大なるの投資家ですね。

バフェット氏に惹かれる投資家が多いことも更に納得できました。
 ウォール街のランダム・ウォーカー
2006年06月27日 (火) | 編集 |
地元の小さな書店で、ウォール街のランダム・ウォーカー―株式投資の不滅の真理って本を衝動買いしました。「へぇ~最近では、こんな小さな書店でも、こんな難しそうな本が売っているんだ!」と驚いて買ってしまったって感じです。

衝動買いなので、この本がオススメかどうかも分かりませんし、まだ読んでもいません。ただ、「ランダム・ウォーカー」とは、「物事の過去の動きからは、将来の動きや方向性を予測することは不可能ある」ということを意味する言葉だそうです。

要するに、「テクニカル分析」も「ファンダメンタル分析」も意味が無いってことを述べているようです。

えー、ウッソ~・・・なんじゃこの本!

僕自身、「テクニカル分析」も「ファンダメンタル分析」も有効だろ!って、現段階では思っているので、どんなことを書いているのか、逆に楽しみです。

まえがきにこんなことが書いてありました。「チンパンジーがウォールストリート・ジャーナルの相場欄にダーツを投げて選んだ銘柄からなるポートフォリオでも、プロのファンドマネージャーと同じような成果を上げることができる

なるほど、この本もアセットアロケーション的な内容かもしれません。週末にでも読んでみますので、内容が理解できたら記事にしてみますね。
 日経平均はどこまで戻す?~6月23日の投資状況~
2006年06月23日 (金) | 編集 |
今週の日経平均は、結構強い動きを見せたようにも思えますね。反面、新興はイマイチでした。ではでは、日経平均はどこまで戻すのでしょうか?予想しても当たらないので目処だけ計算してみました。

4月7日の高値17,563円から6月14日の安値14,045円まで、日数にして45日間、株価にして3,518円の下落でした。やっぱり45日間の一方的な下落はキツカッタァ・・・。

良く言われる戻り幅の目処としては、38.2%で15,388円、半値で15,804円、61.8%で16,219円となります。注目すべきは、5月11日から5月12日に開いた窓16,656円~16,840円だと思うのですが、先ほどの戻り幅の目処からしても、すぐに、この窓を埋めるのは容易ではないような気がしますね。まあ、あまり関係無いか・・・。

それでは、早速、恒例の週末PFチェック!!

今週の売買は、アセットとアーバンの信用返済と同じくアセットとアーバンの新規信用買いでした。今週は、保有している株式は全体的に軟調でしたが、米ドル高の影響で為替の方が収支に貢献してくれました。

米ドル/円は、あの恐怖のG7以降久しぶりに116円台に乗せています。来週の29日には、米国の最重要指標であるFOMCの発表が控えています。大方の予想では、米国の政策金利が、更に0.25%引上げられて5.25%になるようです。この発表の結果や、その後の要人の発言等により為替はもとより株式にも大きく影響しそうなので注意して見守りたいです。

【6月23日の投資状況】
 ---株式(現物)---
 ■アセット(2337)254,000円(4)
 ■アーバン(8868)1,415円(5)
 ■フージャース(8907)524,000円(1)
 ■極東証券(8706)1,388円(1)
 ---株式(信用) ---
 ■アセット
 ■アーバン
 ■極東証券
 ---外国為替 ---
 ■USD/JPYロング(2枚)
 ■CAD/JPYロング(1枚)

【資本金 3,000,000円】
【総資産 3,000,000円 ±0円 前週比-10万円】


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 日経平均大幅反発!
2006年06月22日 (木) | 編集 |
日経平均は、前日比+491円の15,135円となり、15,000円を回復する大幅な反発となりましたね。でもでも新興は弱め・・・。アセットなんかは前日比マイナスですか・・・フゥ~

明日の朝4時の日本×ブラジルを絶対見るために、今日は早く寝ます。目標10時就寝!

それでは、久しぶりにいつもの3銘柄の終値です。

アセット(2337) 終値259,000円(前日比-1,000円-0.38%)
アーバン(8868) 終値1,420円(前日比+79円+5.89%)
フージャース(8907) 終値521,000円(前日比-1,000円-0.19%)

相変わらず厳しいです。アセットの1Qがいつも通りであれば7月11日頃に発表されると思うので、そろそろ頑張ってくれないかなぁ・・・


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 福井総裁の運用益寄付に思うこと
2006年06月21日 (水) | 編集 |
日銀福井総裁が村上ファンドに投資した1000万円は、7年間で2.5倍になったそうです。福井総裁は、その運用益のみならず元本の1,000万円まで寄付すると言っています。理由は、「世の中の皆様が不適正な投資行動で利益を上げたと思っているのなら、その利益を生み出した元を受け取るのも気持ちが悪い」だそうです。

私の個人的な意見としては、福井総裁は「どうしてそこまでする必要があるのですか?」って気持ちです。

私なんかは、少ない資産で運用をしていても、胃が痛くなるような時もあります。それだけ、投資っていうか、自己資産を守るというものは大変だということを実感しています。

なのに、全てを寄付してしまうとは・・・福井総裁にとっても苦しい決断だったハズ。

福井総裁は、「世の中の皆様が不適正な投資行動で利益を上げたと思っているならば」と発言されていますが、結果的に村上氏は不正を行ったけど、総裁は不正を行ってはいないハズ。なので、世の中の人々の「そんなに儲けてずるい」って感情が、そのような意見になっているのだと思います。

7年間で2.5倍とは、年率換算で14%程度です。これからの日本の歩む道を考えると、日本の国民は、逆に福井総裁を見習って年率14%程度で運用できるような資産管理をするべきだと思いました。
 イーワラントの「不思議」!?
2006年06月20日 (火) | 編集 |
昨日の記事の一部で、イーワラントの「不思議」な現象を記事にしましたが、またまた鴨(かも)さんに教えて頂いたおかげで解決しました。鴨(かも)さん、いつも本当にありがとうございます。心から感謝しております。

結論から申し上げますと、「不思議」なんてことじゃなく、私の無知から生じた誤解でした。例えば、日経平均を原資産とするイーワラントは、日経が上がればコール型が上がり、プット型が下がると思っていました。

全くその通りなんですが、日経平均とイーワラントの取引時間帯が異なることにより、終値ベースの価格が異なってしまうため、誤解が生じたのだと思います。ちょっと説明が難しいので、鴨(かも)さんから頂いた内容を引用させて頂きます。


イーワラントの不思議についてですが、eワラントの取引時間は朝9:00~夜23:50です。
普通(取引所)取引が終了した後も、取引終了後に発表されたニュースや海外市場の動向などで価格は変動します。ので、前日の東証終値を基準に考えると混乱します。

>日経が下がったにも関わらず、コール型が上がり、プット型が下がっているのです。

確かに19日の日経平均は14860.35円(-18.99円)下がりましたが、eワラントチャートで16日23:50時点の参照原資産価格を確認すると14758円となっています。

ここを基準にすると

16日23:50 参照原資産価格終値   14758.23円
19日 東証終値 14860.35円  (+102.12)
19日 先物終値 14890   円  (+131.77)
19日23:50 参照原資産価格終値 14788.63円 (+30.40

ですので16日終値よりコール型が上がり、プット型が下がります。


皆さん、分かりました?結局、この日の東証の日経平均は、前日比-18.99円だったけど、イーワラントの参照原資産は、前日比+30.4円だったので、コールが上がり、プットが下がったということですね。良く考えれば単純なことで、「不思議」でもなんでもなかったですね。お恥ずかしい次第です。

恐らく、今の日経平均イーワラントは、米国の市場の動向に敏感に反応するんじゃないかなぁなんて思いました。


■イーワラントをはじめるならイートレード証券
「もっと少額で投資を楽しみたい」「夜遅くまで取引をしたい」そんな投資家さんに最適です。申し込みはこちらから
 ASEET頑張れ(其の三)
2006年06月19日 (月) | 編集 |
昨日の川口能活は凄かったですね。以前のアジア大会(?)のPK戦の感動を思い出しました。ドイツ紙では、川口を「英雄」として掲載しているようです。残るはブラジル戦!頑張ってもらいましょう!

ということで、我がアセットも正念場を迎えているような気がします↓↓↓

20060612

一目均衡の遅行スパンが日々線に明日ぶつかりそうだし、上値抵抗線にきれいに押されている感じ・・・。なので、明日下げればしばらく下降(グスン)、でも、明日上げれば、遅行スパンも上抜け、抵抗線も上抜け、しかも、転換線(緑)が基準線(赤)を上抜けするゴールデンクロスしたりしたら・・・なんて期待もしたりして・・・川口のように頑張ってほしいものです。

話題は変わって、またまたイーワラントねたですが、今日は「不思議」な現象が起こっていました。日経225に連動するイーワラントのことですが、日経が下がれば、基本的にコール型は下がり、プット型は上がるハズだと思っていました。

でもでも、今日は日経が下がったにも関わらず、コール型が上がり、プット型が下がっているのです。しかも、満期日に関係なく。

【日経平均コール】
20060619-2

【日経平均プット】
20060619-1

全く、意味が分かりません。ご存知の方いらっしゃいましたら教えて頂けないでしょうか?余りにも「不思議」なので、理由を知りたいです。でも、もしかしらた良くあることなのかもしれませんね。


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 「殆ど初心者株式投資の実録」さんありがとうございます
2006年06月19日 (月) | 編集 |
殆ど初心者株式投資の実録」のkabutryさんが、当ブログを紹介してくれました。

すごくうれしいです♪

Kabutryさんありがとうございます。私の資産はまだまだ少ないですが、お互い目標に向かって頑張りましょうね。
 日本の借金どうするの?
2006年06月17日 (土) | 編集 |
日本の借金はすごく多いとは聞いているけど、実際どれだけあるか皆さん知ってます?ということで、こんなものを見つけました。

★★日本の借金時計★★

げーっ700兆円オーバー!?って凄いのか凄くないのか分からないくらいピーンと来ません。でも、凄い勢いで増加していってます。秒速20~30万程度?早くて分かりませ~ん。しかも、日本全体では更に借金があるらしく実は1000兆円をもオーバーしてるって↓↓↓

★★日本の借金カウンター★★

でも、なんだか変に思いませんか?政府は、この膨大な借金について「あまり話題にしない」。唯一、谷垣さんが「消費税を上げなければ・・・」なんて発言もしてらっしゃいますが、たかが消費税を数パーセント上げても、すでに手遅れの金額なんじゃないかと思いますが・・。

だって、現在の長期金利1.7%で計算しても年間17兆円の利子を払わなければならないのに、消費税を数パーセント上げた程度では、利子すら払えないような気がします。しかも、毎年30兆円以上の借金を追加してるのですから。

政府が話題にしないから、国民も「大丈夫なんだろう」「あまり大した問題じゃないんだろう」「政府がなんとかするんだろう」なんて思っているのかも。私もその中の1人です。

でも、実は大きな問題で、あまりこの話題に触れると「国民的パニック」が起こるので、「触れられない」ような気がします。

日本が沈没するなんてことは、まず無いでしょうから、お偉いさん達が密かに良い方法を考えてくれていることを祈りつつ、個人でも「自分の財産は自分で守る」ことを真剣に考えなければと思いました。

お偉いさん達が考えてくれている方法の1つに、インフレ誘導があるようなので、そうなれば株や外貨を資産に取り込んでおくことが良いのでしょうね。

もし、お偉いさん達が問題の先送りをしていれば、「日本沈没=円の価値なし」なので、すべて外貨にしておくことがベストなのでしょう。

どちらにしても、現時点では外貨を資産の一部に取り組んでおくことが最も懸命な方策だと思いました。


■オススメの外国為替証拠金の口座の特徴をまとめましたので是非ご覧ください↓↓↓
外国為替証拠金取引(FX)口座
 久しぶり強い日経平均をみた~6月16日の投資状況~
2006年06月16日 (金) | 編集 |
今日は、日経平均がすご~く強かったですね。こんなに強いのは久しぶりのような気がします。これには米国のバーナンキさん(日本で言えば福井総裁)の発言の影響もあるようですが、詳しくはランキング1位の時田氏のサイトで述べられています。

それにしても、福井総裁の村上ファンドへの出資の件は、問題にするべきものなのでしょうか?総裁が投資をしてはいけないってルールは無いだろうし、2月に解約したことを「村上ファンドが当初の趣旨から逸脱したため」との理由も納得がいくようのも思えるのですが・・・。

村上ファンドの問題などから、「投資は悪いこと」って風潮が蔓延することだけは避けて欲しいです。福井総裁の発言は、為替や株式市場に大きな影響を与えることから、これからも日本の将来の為に自信を持って発言して欲しいと願ってます

それでは、早速、恒例の週末PFチェック!!

今週の売買は、米ドル/円の返済とアセットの信用返済と、初めてのカナダドル買いでした。昨年12月の高値105.05円を超えてくるような気配なので・・・。

【6月16日の投資状況】
 ---株式(現物)---
 ■アセット(2337)278,000円(4)
 ■アーバン(8868)1,510円(5)
 ■フージャース(8907)538,000円(1)
 ■極東証券(8706)1,428円(1)
 ---株式(信用) ---
 ■アセット
 ■アーバン
 ■極東証券
 ---外国為替 ---
 ■USD/JPYロング(2枚)
 ■CAD/JPYロング(1枚)

【資本金 3,000,000円】
【総資産 3,100,000円 +100,000円 前週比+25万円】

なんとか、元本復活・・・ホッ


■最後まで読んで頂いてありがとうございます。宜しければ応援クリックお願い致しま~す↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 イーワラントで勝てるのか(其の六)
2006年06月15日 (木) | 編集 |
今日は、昨日の続きです。前回までの記事はこちら。

それでは、昨日の記事のイーワラント投機をETFで行った場合どうなったのかシミュレーションしてみます。ETFは日経225連動型上場投資信託(1321)とします。

イーワラントで買値0.41円~売値1.05円の売買を当日のETFに当てはめると、買値14,200円~売値14,530円の売買を行ったことと同じになります。

ここで、イーワラントでの利益12,800円を得るために必要なETFの資金を計算してみると、
12,800÷(14,530-14200)×14,200≒55万円(実際は単位数が10株なのでこれ以上必要)となりました。

イーワラントでは、たったの8,200円だけの金額しか必要なかったものを、ETFでは55万もの金額が必要になるということです。

今回の投機行動は、完全な逆張りなので、もしかしたら日経平均が寄付から更に下落していたかもしれません。そこで、もし仮に寄付から500円下げた場合をシミュレーションしてみました。

イーワラント:最大8,200円の損失
ETF:約20,000円の損失


このような結果になります。恐らく、日経平均がマイナス100円程度ならば、損失が4,000円くらいで同等になると思います。

このシミュレーションで一番重要なことは、思惑と異なった方向にマイナス500円も日経平均が下げたとき、55万投機したETFの損失分2万円を損切できるかどうかだと思います。恐らく、これだけ下がれば、反発するだろうなんて勝手に解釈し、損切できない場合が多いんじゃないかと思います。そうなった場合、更に翌日も下げてETFの塩漬け決定となるのだと思います。

逆にイーワラントの場合は、日経平均がどこまで下がっても8,200円以上は損をしないので、損失を膨らますことがなく、しかもETFとの投機金額の差54万円を他の投資に有効に利用できるメリットがあります。

このように見ていくと、イーワラントの欠点は無いように見えますが、私が以前に失敗したように中長期で持ち続けることが最大のリスクになると思います。時間の経過と共にイーワラントの価値が減少していくからです。

なので、前回の記事にも記載した「イーワラントの格言」を守れば、それなりの成果が得られるのではと思っている次第です。

私もまだ、イーワラントの売買は数回しか経験しておりませんので、成功例や失敗例をお持ちも方は教えていただけないでしょうか?一緒にイーワラントで成功しましょう!


■イーワラントをはじめるならイートレード証券
「もっと少額で投資を楽しみたい」「夜遅くまで取引をしたい」そんな投資家さんに最適です。申し込みはこちらから
 イーワラントで勝てるのか(其の五)
2006年06月14日 (水) | 編集 |
今日は、すご~く久しぶりのイーワラントねたです。
前回までの記事はこちらです。

前回はイーワラントで大敗し、連載中止の危機でしたが、本日、ちょっとだけ勝つことができたので連載再開です。ホッ

それでは、前回の失敗取引で学んだ独自の「イーワラントの格言」をおさらいしておきましょう。
1.イーワラントは短期勝負!長くて1週間、通常は2~3日、理想はデイトレで手仕舞いすること!
2.イーワラントは原資産が値動きの大きい銘柄を選択すること!
3.イーワラントは順張りではなく逆張りで勝負すること!
4.イーワラントは本当に小額の数万単位で勝負すること!
5.イーワラントはプレミアムがマイナスの場合のみ長期保有も可!


このイーワラントの格言をふむふむと読み返していた昨日は、日経平均がマイナス600円の大変な日でした。日経平均マイナス600円・・・今年最大の下げ幅・・・明日も大きく下げそう・・・もしかして大幅反発も・・・ん?何かしなければってことで、そうだ、明日は「格言」どおりイーワラントで投機しようってことになりました。なので、当然銘柄は、


【投機銘柄】
日経平均第359回コール 当時価格0.75円
満期日:06/6/21 権利行使価格:15,000円
原資産数:0.02 実行ギアリング:49.03倍
デルタ:0.12 プレミアム:5.52%

【投機方法】
1.値動きが大きくなると予想した逆張り
2.投機資金1万円以下
3.投機期間1日


イーワラントは23時50分まで取引できますが、あえて明日(6月14日)のギャップダウンを狙って、現在値0.75円で取引するのではなく、0.50円×20,000ワラント=1万円で指値注文を出しておきました。

その結果、本日都合よく、日経平均が安く始まったので、約定価格は0.41円で、投機金額8,200円の小額となった訳です。

その後、順調に日経平均が上昇したため、1.05円に設定していた指値に達し、1.05円×20,000ワラント=21,000円の約定となりました。

なんと、投機額8,200円に対して利益が12,800円なので、利益率156%!?儲けた額は小額だけれど、利益率は株式投資の比じゃないです。しかも、最大損失は8,200円のみのリスク限定投機でした。

この投機で思ったことは、「失敗から学んだイーワラントの格言」は有効であること。株式投資を始めたいけど、資金が少ないって方はイーワラントがオススメであること。10万円で十分だと思いました。

明日は、このイーワラント投機をETF(日経225連動型上場投資信託など)で取引していた場合はどうだったか比較してみたいと思います。それでは、お楽しみに!


■イーワラントをはじめるならイートレード証券
「もっと少額で投資を楽しみたい」「夜遅くまで取引をしたい」そんな投資家さんに最適です。
申し込みはこちらから
 こんなときこそリスク管理を考える
2006年06月13日 (火) | 編集 |
今日の日経平均は強烈でした。前日比614円のマイナスで14,218円となっております。まさか、先週の安値14,389円を簡単に下回るとは・・・もう、どこまで下げるのか分からなくなりました。明日は、簡単に13,000円台に突入しそうな勢いですね。

こんな状況のなか、やはり「リスク管理の重要性」を感じている訳でありまして、証券会社をイートレード証券からマネックス証券に変更しようかとも考えております。

マネックス証券は、やはり、逆指値ツイン指値リバース注文などの注文方法の豊富さが魅力的であり、ザラ場を一切気にしなくて済みます。完全自動売買を行えることが素晴らしいと思います。でも、基本的に売買を頻繁に行う方じゃないので必要ないかなあとも・・・。

マネックス証券のもうひとつの魅力は、オルタナティブ投資が提供されていることです。オルタナティブといってもピンときませんが、投資対象の1つとしてヘッジ・ファンドが含まれていると言えば、へぇ~って思うかもしれませんね。一般的な投資信託と違って、常にリターンを追及する商品が魅力的です。

あと、これは大体どこの証券会社も取り扱っていると思いますが、DKA-債券ベアオープンとい投資信託がいいんじゃないかと思っています。この商品は、「長期債市場全体の値動きの概ね4倍程度反対の動きになることを目指す」ということなのですが、簡単に言えば、「長期金利が上がれば4倍の値動きで儲かる」というものです。金利が上がれば、株式市場にも悪影響を及ぼすだろうから、逆相関関係のヘッジ商品としてアセットアロケーションに組み込むこともいいんじゃないかと思っております。


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 ASEET頑張れ(其の二)
2006年06月12日 (月) | 編集 |
もうすぐ、日本×オーストラリアが始まるので手短に・・・。

前回のASEET頑張れの記事の続編の素人によるテクニカル分析です。あまり意味がないかもしれませんが、とりあえずいってみよう!

20060612

私の好きな指標であるMACDがゴールデンクロスしました。しかも、1本目の上値を抑えそうだったトレンドライン26万前半を超えてきました。ただし、一目均衡の遅行スパンが雲の下限の29万前後に抑えられそうだし、2本目の上値を抑えそうなトレンドラインも29万前後にあることから、この当りを抜けてくれたらいいのになあって思っております。

それでは、日本の健闘を祈って、ガンバレニッポン!

---追記---
ピーッピーッピー試合終了!日本×オーストラリア 1対3
あ~あ、まさかの大逆転負け(涙)
でも、オーストラリアの方が上手かったし、中盤のプレスも良く効いていた。なんといっても日本より良く動いていた・・・なので負けても仕方ないかな?でも、あと2試合、奇跡を信じて応援します♪


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 「アセットファクトリーのバリュー投資ブログ」さんから貴重なコメントを頂きました
2006年06月10日 (土) | 編集 |
最近の株式市場の急落により、1989年や2000年のバブルを経験された方の意見をお聞きしたいと思っていたところ、「アセットファクトリーのバリュー投資ブログ」のasset factoryさんから貴重なコメントを頂きましたので、ご紹介したいと思います。


ITバブルを経験しましたが、IT系の株はPERの高い株は持ってなかったので10分の1に下落などはありませんでした。グレアム系の資産株PBR0.3倍ぐらいのものを買っていたので下落には強いだろうと思っていましたが、それでも0.14倍まで落ちて1株株主資本260円ぐらいある株が一番安いとき36円まで落ちましたよ!簡単に株価が半分に。でも現物でちょっとずつ買い下がっていたので、今考えれば安く買えてよかったです。つぶれるわけがない財務内容なのに、もしかしたらつぶれちゃうのって不安になるぐらいの下げでした。でも2002年の冬から半年ぐらいで5倍ぐらいになりました。よって、株は理解不能のところまで落ちるときがあるってのが正解じゃないですかね。そして相場の雰囲気が変わると、すごい勢いで上昇するってのも正解だと思います



う~ん、凄く貴重なご意見ですね。まず、PBR0.3倍でも低評価なのに、更に0.14倍にまで下がるとは、これこそがバブルが弾けた時の総悲観の恐ろしさなんでしょう。業績とは無関係に需給だけで、ここまで下がるって事なんでしょうね。

次に重要な内容は、2002年から半年で5倍になったということでしょう。結局、需給が改善し、相場に明るい兆しが見え始めたとき、優良銘柄が真っ先に上昇するって事ですね。

この貴重なご意見から思ったことは、やはりリスク管理の重要性ですね。自分の持株だってPER5倍になる可能性だってあるのでしょうから、そのようなこともシナリオの1つとして想定しておき、万が一そうなった場合の対処法も考えておく必要があると思いました。当然、メインシナリオは「バブルじゃない」という考えですが・・・。

asset factoryさんへ、コメントに頂いた内容は投資初心者にとって大変重要な意味があると思い勝手に記事にさせて頂きました。しかし、もし不都合がございましたら、直ちに削除しますので、その時は申し訳ございませんが、ご連絡頂けますでしょうか。宜しくお願いします。


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 ワールドカップ開幕!~6月9日の投資状況~
2006年06月09日 (金) | 編集 |
W杯がまもなく始まりますね!ブラジル戦は仕方ないにしても、クロアチアとオーストラリアには勝って決勝進出を果たしてほしいです。日本ガンバレ!

今週は、日経が大変なことになりました。来週も引き続き注意が必要なのでしょうか?

米国の5月のFOMCを最後に政策金利の引上げが終わるとの市場の予想により米ドルが急落→→→しかし、その後の米国の経済指標が堅調に推移していることやインフレ懸念などの発言により、今後も利上げがあるのではとの思惑から米ドルが上昇→→→金利上昇懸念により米国株式市場が急落→→→日本株式市場も急落・・・こんな流れだったのでしょうか?

今後は、米国の経済が堅調であることから米国株式市場が上昇に転じ、日本株式市場も付いていくといった状態になると思うのですが・・・。

それでは、早速、恒例の週末PFチェック!!

今週の売買は、USD/JPYが113円を固めたことから、再び参戦し、USD/JPYを5枚ロングしました。株式の方は、アセットの信用買いのみでした。

【6月9日の投資状況】
 ---株式(現物)---
 ■アセット(2337)262,000円(4)
 ■アーバン(8868)1,334円(5)
 ■フージャース(8907)522,000円(1)
 ■極東証券(8706)1,316円(1)
 ---株式(信用) ---
 ■アセット
 ■アーバン
 ■極東証券
 ---外国為替 ---
 ■USD/JPYロング(5枚)

【資本金 3,000,000円】
【総資産 2,850,000円 -150,000円 前週比+10万円】


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 最近の下げ相場に思うこと
2006年06月08日 (木) | 編集 |
最近は、本当の株式投資の恐ろしさを実感しています。ライブドアショック後の2月の新興暴落の時も恐ろしかったのですが、今考えると、あの時は、結構すぐに反発したような気がします。

しかし、今回の下げは、じわじわと下げながら突然の急落を繰り返す悪魔のような相場で2月と比べ物にならないくらいの恐怖感を味わっております。

更に、今回は世界同時株安という日本だけではどうしようもない状況なだけに一層不安感も漂っていますね。米国の相場を朝一番にチェックすのことが日課になってしまいました。

1989年のバブル崩壊時や2000年のITバブル崩壊時は投資家の心理はどのようなものだったのでしょうか?どなたか経験された方はいらっしゃいませんか?バブル崩壊と今回の下げの違いについて教えていただきたいのですが・・・。

個人的な見解としては、2003年に底を打った日本経済の上昇のファンダメンタルは変わっておらず、今後、数十年は堅調に推移すると思っているのですが、どうなんでしょうね?

あと、今回の下げで一番思ったことは、どの銘柄をどの値段で買うのか?相場がどこまで下がるのか?を考える以前に、「今、自分が行っている投資に対するリスクはどの程度あるのか」を常に把握しておくことの重要性です。

過去にアセットアロケーションに関する記事を何回か掲載しましたが、まさしく基本をしっかりしなければと思いました。

日本株式に投資する際のボラティリティは、過去の統計から約20%となります。なので、資産が20%失われるリスクは常に負っています。さらに、最大のリスクとしてはボラリティーの2倍程度=40%を想定しておく必要があります。

私の場合は、信用取引で最大1.5倍程度(維持率200%)のレバレッジを利かせているので、最大のリスクは40%×1.5=60%になります。

従って、自己資金300万×60%=180万の損失は覚悟のもと投資(投機?)を行っていることになります。

このように考えると、今現在の評価損失は15%程度なので、ボラティリティの範囲内であり“想定内”の出来事でしかないと考えることが出来るんじゃないでしょうか?

なので、これからは目先の株価に一喜一憂せず、長期的な視野を持って取り組みたいと思います。

(でも、気になる・・・いや、イカン)


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 日経どこまで下げるの?
2006年06月07日 (水) | 編集 |
今日の日経平均は、前日比288円安の15,096円となり、簡単に先週の金曜日の下ヒゲを下回りました。日経さん、一体どこまで下げるんですか?

20060607

これは、日経平均の週足ですが、一目均衡の遅行スパンが週足にぶつかっていることと、転換線が基準線を下回った(デッドクロスした)状況は、かなりヤバイということでしょうか?トレンドラインもまだ下の方にありそうなので底が見えませ~ん(悲)。

でもでも、なんとか底を探ってみよう試みました。まず、良く使われる38.2%押しを2005年5月17日の安値10,788円から2006年4月7日の高値17,563円の差6,775円に当てはめると14,975円、ここで止まらなければ52週移動平均線14,650円、ここでも止まらなければ、トレンドラインと雲の上限付近14,500円・・・。これより下なら・・・また考えます・・・。


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 「はらみ線」はどう読む?
2006年06月06日 (火) | 編集 |
今日の日経平均は、前日比283円安の15,384円となりました。まさか金曜日の大きな下ヒゲを下回るような恐ろしいことも想定する必要があるのでしょうか?注意が必要ですね。

本日のアセットも11,000円安の245,000円となりました。そのアセットは「はらみ線」などというチャートパターンがでました。このような地合では、あまり気にする必要もないのでしょうが、ついでに勉強しておきます。

それでは、ミニ用語解説!

はらみ線

図のように、前日の実体のなかに、当日の値動きが納まっている形のことをいい、売り方と買い方が拮抗したにらみ合いの状態を示します。なので、一般的にはあまり重要なパターンと考えられていないようです。

ただし、一般的にはあまり重要でないとされているこのパターンが、実は最も重要だなんて言う方もいらっしゃるようで、「はらんだ日の終値が前日の終値より安く、翌日もその終値よりさらに安く寄り付いた場合、翌日が陽線となる確率が高い。しかもトレンド転換の可能性も大」だそうです。

ということは、明日のアセットの寄りが、24.4万以下ならいいのかな?


■最後まで読んで頂いてありがとうございます。お役に立ちましたら応援クリック宜しくお願い致しま~す↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 ASEET頑張れ!
2006年06月05日 (月) | 編集 |
今日のアセットは、前日比+13,000円の256,000円となりました。今日はなんとか上がってくれたので一安心ですが、今後もまだまだ上値が重そうな感じです。

アセ003

これを見る限り、27万円位が第1の関門と考えていいのでしょうか?それを抜けたら29万~30万が重要なポイントですかね?できれば、6月20から数日間の雲の薄いところの32万を一気に抜けて欲しいと願っております。(←多分無理)
 当初は1ドル=1円だった!?
2006年06月03日 (土) | 編集 |
今日は、日本“円”について最近知ったことを書いてみます。

昔のドル円相場は、固定相場で1ドル=360円だったので、今が112円であることを考えると、日本円もずーっと強くなってきてるんだなぁなんて思っておりましたが、これが全く違うってことを最近知りました。

ドル円の相場は、1ドル=360円の固定相場の更に前は、1ドル=1円だったそうです。皆さん知ってました?もしかしたら僕だけ知らなかったんでしょうか?

【ドル円レートの推移】
1871年(明治4年) 1ドル=1円でスタート
1897年 金本位制移行 1ドル=2円
1924年 関東大震災 1ドル=2.63円
1932年 世界恐慌の混乱期 1ドル=5円
1945年 終戦時 1ドル=15円
1947年 終戦後のインフレ進行 1ドル=50円
1948年 更にインフレ進行 1ドル=270円
1949年 更に更にインフレ進行 1ドル=360円(固定相場)
1971年 ニクションショック 1ドル=308円(円切上げ)
1995年 変動相場制後の安値 1ドル=79.75円
2006年 現在 1ドル=112円

これをみる限り、ドル円は歴史的にずーっと円安で、円高だったのは1971年から1995年の25年間だけで、基本的には円はドルに対してすご~く弱かったってことが分かります。

1871年の円の誕生から“円の価値”はドルに対して100分の1になったって事ですね。


■最後まで読んで頂いてありがとうございます。お役に立ちましたら応援クリック宜しくお願い致しま~す↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 ジェットコースター!?~6月2日の投資状況~
2006年06月02日 (金) | 編集 |
ふぅ~・・激しすぎです。午前中は、凄すぎる下げで仕事に集中できず、ASEETは21万を切った時点から、最後のサポート20.8万円を死守できるかどうかの瀬戸際・・・20.6万を付けた段階でジ・エンド(うっそ~)かと思われましたが、そこから反転し、終値+3,000円の24.3万円となりました。

終値が23.1万円より上で、かつ20.8万円の強力サポートも死守(実際は死守シテイナイ)し、出来高も4.8万株とまあまあの出来から、とりあえずの底と判断していいかもしれません。でも、完全な転換を確認するまで焦りは禁物ですね。

新興市場に限っては、LDショックで天井、村上ファンドショックで大底となって欲しいものです。

実は、今日の値動きは、この間の米ドル/円の為替の値動きに似ていました。5月17日、米ドル/円は109円の最後のサポートを死守できるかどうかの瀬戸際でした。ついに、109円を割って108.96円となった時、ジ・エンドかと思われましたが、そこから奇跡の反転!113円まで値を戻しました。株式市場も、為替市場のようになって欲しいものです。

それでは、早速、恒例の週末PFチェック!!

今週は、何も言う必要はありません。持株は、前週より大幅にダウンしております。特にアセットの下げがひびいております。でも、ファンダに変化は無いので当然ホールドです。

為替のポジションも最重要指標である「5月非農業部門雇用者数」の発表を控えて決済しております。113.50円を超えてくるか、あるいは110円台まで落ちてくるか、どちらの場合でも、もう一度買いポジションを持ちたいです。米ドル高のファンダも変わってないと思うので・・・。

今週の売買は、
 ○東京エレクトロン(8035)・・・信用売・返済
 ○沖電気(6703)・・・信用売・返済
 ○アセット(2337)・・・信用買
 ○アーバン(8868)・・・信用買
 ○極東証券(8706)・・・信用買
 ○USD/JPY・・・返済

【6月2日の投資状況】
 ---株式(現物)---
 ■アセット(2337)243,000円(4)
 ■アーバン(8868)1,327円(5)
 ■フージャース(8907)552,000円(1)
 ■極東証券(8706)1,499円(1)
 ---株式(信用) ---
 ■アセット
 ■アーバン
 ■極東証券

【資本金 3,000,000円】
【総資産 2,750,000円 -250,000円 前週比-30万円】

米国5月非農業部門雇用者数の発表がありました。
米国の5月失業率は予想4.7%のところ4.6%、また5月非農業部門雇用者数は予想17万人のところ7.5万人だったようです。これを受けて、また米ドルが下落していますが、予想っていったい何なんですかね?相変わらず、米国の経済は堅調であるように思えるのですが。

それよりも、元本を復活せねば・・・。(悲)


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 ASEETはどこまで落ちるの?
2006年06月01日 (木) | 編集 |
今日のアセットも続落・・。前日比-15,000円の240,000円となっております。もう、空しいのでPER計算はしません。需給で株価が決まっているので、テクニカル的にどうだろうか診て見ました。

アセ001

日足チャートは、きれいにトレンドラインに沿って下落(悲)しています。今日の安値233,000円でトレンドラインに接し、しかも2月20日の安値231,000円に迫ったところまで来ました。これを見る限り、一旦は反発しそうですが、もしも、明日、終値で23万を割ってしまうようなことがあれば・・・・怖いです。出来高も今日は2.5万株しか出来ていないので、セイリングクライマックスはまだ先のような気もします。買うのなら底を確認してから買っても全然安いですよね。

以上、弱気全快のmanuwでした。

追記・・最後の砦・・・

アセ002


2005年8月29日の208,000円が最後のサポートでしょうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。