スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 うちの会社の就業規則どうなってるの?
2007年05月28日 (月) | 編集 |
トレンドラインに身を任せて」のbowlerさんが、退職金についての記事を書かれています。退職金をライフプランに加えるべきでないという内容だと理解しております。同感です。。。

でも・・・私の会社は心配無用!!・・・退職金制度がありませんから~残念!!・・・ん?多分無いと思う・・・無いだろう・・・無いハズ・・・

???うちの会社の就業規則って何処にあるの?・・見たことな~い!!

要するに、これまでの退職者が退職金を貰っていないというウワサとか、うちは退職金が無いというウワサによって、いつの間にか「退職金制度無し」って勝手に思ってました。。。

更に、恐ろしいことに有給休暇があるのかどうかも分かりません。これは多分あるんでしょうけど、さて何日なのかな?

まあ、就業規則を見たこと無いから知らないのも当然ですね~。


周知義務(労働基準法第106条)

使用者は、労働基準法及び労働基準法に基づいて発する命令の要旨、就業規則、労使協定、裁量労働制に係る労使委員会の決議等を、常時各作業場の見やすい場所へ掲示し、又は備え付けること、書面を交付することその他の命令で定める方法によって、労働者に周知させなければなりません。




げっ~!法律に従っていれば、労働者が就業規則を知らないこと自体が異常ですね~。っていうか法律違反

でも、会社に就業規則見せてくださいなんて言ったら痛い目を見そうで怖いです・・ハイ。。
スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:株式・投資・マネー
 投資を一から考える
2007年05月26日 (土) | 編集 |
ポジションがほとんど無い状態なので、この機会に投資を一から考えようと思っているのですが、さて何から考えて良いやら・・・全く頭が整理できていない状態ですが。。。

とりあえず、投資を始めてから約2年間で感じたことは、投資先ってものは株式以外にも沢山あるんだなぁと思いました。

株式、債券、投資信託、商品先物、為替、リート、不動産、馬主、ゴルフ会員権・・etc

また、それぞれに様々な投資手法が存在するので、まさに自分に合った投資先&投資手法が選び放題って感じです。

でもでも、殆どの人々が株式投資から始めているんじゃないでしょうか?こんなに投資先が沢山あるのに・・・。

どうしてでしょうか?・・・「債券?儲からんよ」 「商品先物?破滅するよ」 「為替?たった数円の動きで儲かるわけがない」  「リート?何それ」 「不動産?金持ちが買うもの」 「馬主?金持ちの遊び」 「ゴルフ会員権?時代遅れ」

まあ、こんな感じで・・・結局、「株式投資?儲かりそう、小額でOK、皆がやっている」から始まり、銘柄選択の面白さ、予想が的中した時の快感などからどんどんのめり込んで行くんですよね~。

だって、自分の買った銘柄が次の日から爆上!なんてことになったら大興奮ですもんね~。私は、その昔、パチンコですご~く散財していましたが、まさに777大当たり!って気分です。

でも、やっぱりこれではパチンコと同じくギャンブルなのでダメだと思っています。資産の時価の拡大よりも、資産から生み出されるキャッシュフローの増大に注意を払うべきだと思っています。

なので、株式に投資する際には配当などのインカムゲイン、もしくは企業の内部保留をみなし配当と考えて投資することが基本かなって思っております。

他の投資先でも、基本は同じくキャッシュフローが大事だと思いますので、その点を考えると

配当性向が低い日本株 < 配当性向が高い外国株 < 若干のレバレッジを利かしたFX < 高レバレッジを利かした不動産投資

が、今現在の私の中の魅力を感じる順位です。。。
 純情(すなお)な心で志を持て!
2007年05月17日 (木) | 編集 |
企業倫理のセミナーに参加しました。その中で、私が大変感銘を受けたお話を紹介します。

松坂の一夜」というお話です。ネットで検索したら話の内容を掲載しているサイトを見つけましたので、詳しくは、こちらを読んでください。

要点だけ説明しますと・・・

本居宣長という方が「古事記」を研究しようと古本屋によく通っていました。ある日、その古本屋に加茂真渕という方が立ち寄られましたが、残念ながら宣長は会うことが出来ませんでした。後を追っかけたのですが・・・

その後、二人は一度だけ松坂の旅館で会うことが出来ましたが、宣長が真渕に教わったことは「万葉集を勉強しなさい」ということだけ・・・あれれ!

しかしながら、この1回だけの「であい」が、後の「古事記伝44巻」の執筆へと発展したのでした・・・チャンチャン


このお話をした後、講師の方は「純情(すなお)な心で志を持て!」と述べられました。要するに、素直より積極的な純情(すなお)な心で、常に目標を高く持って行動すれば、自ずと道は開けると言うことだと解釈しました。

本居宣長は、「古事記」を研究したいという高い志を持って、それを行動に移していたからこそ、加茂真渕先生に会うことが出来ました。しかも、その先生のアドバイスを純情(すなお)な心で受け止めたので、すばらしい著書が出来たということですね。

私たちも、日々色々な人々と出会いますが、その出会いを生かすも殺すも自分次第!ということが、よ~く分かりました。

キーワードは「純情(すなお)な心で志を持て!」ですね。。。
 ノンポジ中です・・・
2007年05月16日 (水) | 編集 |
週はじめに資産をぜ~んぶ売却しましたので、ノンポジ中です・・・いや、全部はウソでした。米ドルと豪ドル・NZドルの計3万ドルだけ残しました。どちらにしても、ほとんどキャッシュ状態です。資金も各口座から出金依頼をしています。

これは、新たな投資先への備えです。ただ、この予定している投資先も、今後の展開によってはどうなるか分かりません。全く無理なことに挑もうとしているかもしれませんし、あっさりボツに終わるかもしれません。

だからと言って資金も用意しないようでは先に進むことは不可能ですよね。やはり、行動あるのみ!です・・・でも、慎重に、慎重に。。。

ノンポジをいい機会に、これから投資という物をもう一度じっくりと一から考えてみたいと思います。
 収益不動産購入への道(其の四)
2007年05月12日 (土) | 編集 |
あれから暇さえあれば、不動産屋めぐりや金融機関訪問をしています。夜になればネットで見つけた物件の収支計算をするのが日課です。やはり、「これはいいかも?」って思った物件は、すぐにネットから消え去っていきます。でも、残っているものは、ずっ~と残っています。

いろいろと訪問する中で、不動産屋さんや金融機関の方など、これからの良きパートナーとも出会えることが出来ました。不思議なことに、そこから人脈がどんどん広がって行くんですね~。恐ろしいくらいに・・・・。

そのネットワークからは、大小様々な物件の情報が入ってきます。自分のコンテクスト(状況・入れ物)には到底及ばない高額な物件も・・・

不動産を投資として考えるならば小型物件かな?・・・でも事業として発展させていくには大型物件だろう?などと自問自答しておりますが・・・・この何となく重苦しい重圧感やプレッシャーは、やはり金額の大きさが原因です。

もしかしたら1億以上もの借金を背負うかもと考えると、背筋がぞくぞくする感じで、どう表現していいのか分かりません。

度々、分散投資?集中投資?の議論がなされますが、このプレッシャーから開放させるためには、やはり分散投資が良いでしょう。でも、チャンスが大きく口を開いていると感じる時には、そこに全力投球で立ち向かって行く勇気が必要だと思います。

で、どうするの?ってことですが・・・とりあえず、全資産売却して全てキャッシュにし、準備を整えて置きます。
 キャッシュフローを管理する!
2007年05月08日 (火) | 編集 |
最近は、資産の管理方法を「総資産の時価」から「資産から生まれるキャッシュフローの増加」を基準として管理するようになりました。

資産から生まれるキャッシュフローとして管理しているものは、主に保有株式の配当為替取引による金利差(スワップポイント)です。その他に預金の利子なんかもあるでしょうが額が少ないので無視・・・

このように管理するようになってから株価や為替レートを以前のように気にすることが無くなりました。いくら株価が下がっても、為替レートが変動しても、キャッシュフローには殆ど影響しませんから・・・

なので、株式であれば高配当&キャッシュマシーン銘柄を、為替であれば金利差が貰える組合わせを買うようにしています。

もし株価が上昇したり、為替差益が生じたりしたらラッキー!って程度で考えています。

生み出されたキャッシュは、再投資することによって更にキャッシュを生みます。なので、キャッシュフローは毎年増大していくことになりますよね~。

将来的には、このキャッシュフローが支出を上回ることが第一の目標です。
 自己変革
2007年05月01日 (火) | 編集 |
最近、自分の考えが変ってきているように感じます。これまで常識だと思っていたことが、実は非常識なんじゃないか?と疑問に思うことも・・・

今、一番興味があって勉強していることは不動産投資ですが、新たに「ネットワークビジネス」についても知りたいと思うようになっています。

ネットワークビジネスはマルチ商法だ!ねずみ溝だ!犯罪だ!」なんてのが世間一般の意見だと思います。私のその一人です。

ただ、最近の私の考えは、一般の意見と違って、「ネットワークビジネスって何?マルチ商法?ねずみ溝?・・・もしかしたら世間の大多数の意見が間違っているのかも?」って思うようになったことです。

まず、このように考えることによって「ネットワークビジネスの実態を知りたい!もしかしたらすばらしい可能性があるかも!皆がダメだと言っているものが本当は良いのかも!」なんて考えるようになり、「自分の可能性が大きくなっていく」ような感じがします。なんだかワクワクするような感じ・・・です。

ネットワークビジネスについて色々と勉強した結果が、「やっぱり可能性のないもの」だったとしても構いません。そのように自分の固定概念のようなものを捨てて、1%でも可能性を探ることに何だかワクワクする気持ちが芽生えるんですよね~。

逆に、何も知らずに「マルチ商法だ!ねずみ溝だ!」って言っている人々は、自分で自分の可能性を殺してしまっているようで可愛そうな感じがします。

今回は、たまたま「ネットワークビジネス」でしたが、世の中には、自分の知らない真実の世界がまだまだ沢山あるんだろうなぁなんて考えると、1日のちっぽけな株価の変動なんて気にするだけ時間の無駄だとつくづく思う今日この頃です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。