スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 収益不動産購入への道(其の五)
2007年06月30日 (土) | 編集 |
ここ1ヶ月間、人生最大の選択?をするに至り、かなり精神的に負担がかかる日々を送ってきましたが、決めました。。。

マンション新築しま~す!って言うか、建てるつもりです。。。

薄給の私に融資が付くかどうかわかりませんので。。。

とりあえず、土地を購入することにしました。幸いにも安く譲ってくれる事になりましたので、最悪は土地の転売で元は取れるかなぁって感じです。

もうひとつの逃げ道としては、建売住宅ですかね~。戸建住宅程度であればたぶん融資も付くと思いますので。。。

でも、目指すはキャッシュフローを生むマンションですから、難しいとは分かっていても、諦めずに何十社でも銀行を廻って何とか融資を得たいと思ってます。

頑張りま~す!
スポンサーサイト
テーマ:不動産投資
ジャンル:株式・投資・マネー
 陸上の「為末 大」さんもいい事を言ってますね~
2007年06月21日 (木) | 編集 |
陸上の「為末 大」さんのコラム「為末大“侍”投資道」を初めて読みました。しか~し!残念ながら4月で連載終了してましたぁぁぁ。。。

為末大さんと言えば、株でかなり儲けた人ってだけのイメージがありましたが、このコラムを読む限りは、シッカリとした考えを持っている方だなぁと思いましたね~。

全てのコラムが素晴らしく、どれも納得!同感!って感じでしたが、今回は第14回のコラム「宝くじ」を紹介したいと思います。

私が理解した内容を簡潔に書いてみますと・・・


スポーツや教育の世界でも、金銭面的に将来どれだけの確率でどれだけのリターンをだせるのかというような投資収益性の考え方が広まっている。しかし、この世の流れに全く当てはまらないもの・・・それはギャンブルの世界!!

人々が、宝くじやマイホームを購入する理由は、それ自体に希望や幸福感などを求めるためであり、幸せというものは非効率で非合理な投資や消費の中にあるかもしれない。



こんな感じだと思います。

私が記憶しているギャンブルの還元率は、宝くじ50%・・競馬は75%・・パチンコ95%・・・です。これをリターンに言い換えると、宝くじ-50%・・競馬-25%・・パチンコ-5%・・ですね。要するに、リターンは全てマイナスなので、やればやるだけ損をするって事ですね。

このような投資収益性の面から見て非効率なギャンブルは、希望・ワクワク感・ドキドキ感・興奮・暇つぶしなどにお金を払っているってことになります。

同様に考えると、生命保険も同じですね。「死んだ時=宝くじが当たった時」にお金が貰えるように毎月くじを買っているようなものです。平均的な生命保険の還元率は85%程度と聞いたことがありますが、これは正しいかどうか分かりません。でも、まあそんなもんでしょう。。。

株式の短期売買も理論的には、売買手数料分のマイナスリターンですね。還元率で言えば99.5%~99.9%程度だと思います。他のギャンブルに比べれば全然マシですね。ただし、この場合は、インフレ率程度のリターンは捨てていることになるんじゃないでしょうか?

このリターンを拾っている者こそが、市場の効率性を重視した投資家なのだと思います。なので、インデックス投資は退屈なんでしょうね~。
テーマ:投資日記
ジャンル:株式・投資・マネー
 インデックス投資は自分に合っているのか?
2007年06月06日 (水) | 編集 |
共に相互リンクして頂いているrennyさんとAKIさんが、インデックス投資についてのお考えを記事にされていますね。有名なお二人の考え方に非常に興味を持ちましたので、若輩者の私も考えてみることにしました♪

AKIさんは「インデックス投資の問題点」という記事の中で、インデックス投資の問題点は「キャッシュアウトばかりでキャッシュインがない」と言うことだと述べられています。

要するに、インデックス投資はキャピタルゲイン重視の投資なので、希望的な部分が多すぎるという意味だと理解しました。私も同感です。。。

そもそもインデックス投資とは米国の発想だと聞いたことがあります。確かに、米国のダウ工業株平均は80年間きれいな右肩上がりだと記憶しております。逆に、我が国の日経平均は、お世辞にもきれいな右肩上がりだとは言えません。

米国が80年間きれいな右肩上がりのチャートを描いているからと言って、今後も右肩上がりが続くという理由にはならず、あくまでも過去の出来事に過ぎないですよね~。今後80年間右肩下がりってこともあるかもしれませんから・・・・なので、キャピタルゲイン重視は、希望への投資ということですね。

rennyさんは「インデックス投資は決して最良の投資法ではない?」という記事の中で、AKIさんが指摘した「インデックス投資はキャピタルゲインに集中してしまっており、キャッシュフローの概念が欠落」に異論を唱えられています。

rennyさんがインデックス投資を行う際のキャッシュフローの概念は「本業の収入からキャッシュを産み出し、そのキャッシュをインデックスなどの投資に廻すこと」だと理解しました。

なるほど、そんな考え方もあるのか~なんて思いました。やはり本業の収入がシッカリしており、本業に集中されているからこそのお考えですね~。

私の場合は、本業の収入がシッカリしておらず、今後も不安が大きい・・・もし、大きな病気にでもなったら収入が一切途絶えてしまう・・・などを考えると、やはり収入を得る方法が自分の労働のみという状態は、かなりリスクが大きいと感じており、インカムゲインを得ることができる投資によって労働以外の収入を確保したいと考えています。

従って、私の置かれている状況から判断するとインデックス投資は合わない!!ということになりますね~。まあ、人生色々、投資も色々ということで・・・オシマイ。。。
テーマ:投資日記
ジャンル:株式・投資・マネー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。