スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 アセットアロケーションって?(其の三)
2006年05月17日 (水) | 編集 |
前回の記事はこちらです。前回は、

内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法

を読んで、最初の部分だけ記事にしましたが、実は、アセットアロケーションに関する書籍をもう1冊読みました。それは、

貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵

です。「内藤忍の資産設計塾」が基礎的なことを主に述べているのに対し、「貧乏人のデイトレ 金持ち・・・」は基本的であるのもかかわらず戦略的で、読んでいてわくわくするような内容です。

私は、AKIさんから教えて頂きました。AKIさんも述べてらっしゃいましたが、全ての人々が読んで欲しいような素晴らしい内容だと私も思います。今回から、この2冊の内容を加味したアセットアロケーションを述べて行きたいと思います。

前回は、まず「自分の総資産を把握することから始める」ということでした。今回は、

§2.銘柄選択より4倍重要な資産配分

資産の運用実績は、「銘柄選択やタイミングよりもどのような割合で資産配分するかによる」そうです。具体的に言えば「ソニーを買うか松下電器を買うかで悩む時間があったら、日本株の投資比率を30%にするか40%にするかに時間を割くべき」ということです。

資産は以下6つのグループに分けます。
①流動性資産・・・普通貯金、郵便貯金、MRFなど
②日本株式・・・個別株式、日本株投資信託、ETFなど
③日本債券・・・国債、社債、MMF、債券型投資信託など
④外国株式・・・米国株式、中国株式、海外株式投資信託など
⑤外国債券・・・外債、外債ファンド、外貨MMF、FXなど
⑥その他資産・・・バランス型ファンド、REIT、金など

次に、標準的な資産の配分は以下の通りです。
日本株式・・・30%
日本債券・・・10%
外国株式・・・20%
外国債券・・・20%
流動性資産・その他資産・・・20%

これは、あくまで標準的なアセットアロケーションなので、各自の目標リターン、許容リスク、年齢などのよって自分に最も適した配分を考える必要があるとの事です。

まあ、今回のような日本株式の下落局面でも、資産を配分しておけば特にアタフタする必要もなかったのでは・・・と思います。早く、理想的なアセットアロケーションを見つけなくてはと思っている今日この頃です。

それでは、次回のアセットアロケーションって?(其の四)をお楽しみに!


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございまっす
manuwさん、いつもコメントありがとうございます。応援クリックさせていただきました。

日経は今日反発しましたが、こちらまたもや下がっています。
忍々でしょうかネ
2006/05/17(Wed) 23:51 | URL  | 株スパイダー #-[ 編集]
初めまして
突然のコメント、失礼致します。

デイトレード対応の完全自動売買ソフトの販売を開始しました!!

株ソフトの概念を変える商品だと自負しています。

良かったら一度遊びに来て下さい♪

http://blog.livedoor.jp/kabu_auto/
2006/05/18(Thu) 10:27 | URL  | かぶおーと #-[ 編集]
株スパイダーさん、こんばんは。
忍々ですね~。
2006/05/18(Thu) 23:05 | URL  | manuw #-[ 編集]
かぶおーとさん、こんばんは。
リーマンの私にデイトレはちょっと・・・・。
時間的に難しいですね。
2006/05/18(Thu) 23:07 | URL  | manuw #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。