スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「アセットファクトリーのバリュー投資ブログ」さんから貴重なコメントを頂きました
2006年06月10日 (土) | 編集 |
最近の株式市場の急落により、1989年や2000年のバブルを経験された方の意見をお聞きしたいと思っていたところ、「アセットファクトリーのバリュー投資ブログ」のasset factoryさんから貴重なコメントを頂きましたので、ご紹介したいと思います。


ITバブルを経験しましたが、IT系の株はPERの高い株は持ってなかったので10分の1に下落などはありませんでした。グレアム系の資産株PBR0.3倍ぐらいのものを買っていたので下落には強いだろうと思っていましたが、それでも0.14倍まで落ちて1株株主資本260円ぐらいある株が一番安いとき36円まで落ちましたよ!簡単に株価が半分に。でも現物でちょっとずつ買い下がっていたので、今考えれば安く買えてよかったです。つぶれるわけがない財務内容なのに、もしかしたらつぶれちゃうのって不安になるぐらいの下げでした。でも2002年の冬から半年ぐらいで5倍ぐらいになりました。よって、株は理解不能のところまで落ちるときがあるってのが正解じゃないですかね。そして相場の雰囲気が変わると、すごい勢いで上昇するってのも正解だと思います



う~ん、凄く貴重なご意見ですね。まず、PBR0.3倍でも低評価なのに、更に0.14倍にまで下がるとは、これこそがバブルが弾けた時の総悲観の恐ろしさなんでしょう。業績とは無関係に需給だけで、ここまで下がるって事なんでしょうね。

次に重要な内容は、2002年から半年で5倍になったということでしょう。結局、需給が改善し、相場に明るい兆しが見え始めたとき、優良銘柄が真っ先に上昇するって事ですね。

この貴重なご意見から思ったことは、やはりリスク管理の重要性ですね。自分の持株だってPER5倍になる可能性だってあるのでしょうから、そのようなこともシナリオの1つとして想定しておき、万が一そうなった場合の対処法も考えておく必要があると思いました。当然、メインシナリオは「バブルじゃない」という考えですが・・・。

asset factoryさんへ、コメントに頂いた内容は投資初心者にとって大変重要な意味があると思い勝手に記事にさせて頂きました。しかし、もし不都合がございましたら、直ちに削除しますので、その時は申し訳ございませんが、ご連絡頂けますでしょうか。宜しくお願いします。


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いえ、いえ。参考になってよかったです。でも私も1999年からの投資経験なので、バブルや1997年ごろの金融危機などを経験した人なんかのコメントも聞きたいですね。ちなみに2002年の頃の下落は、銀行の持ち合い解消の売りだったので、銀行が大株主で君臨していた鉄鋼株などは壊滅してましたよ。不景気でしたし、赤字続きでしたしね。その頃と比較すると企業の業績はまったく違います。業績がしっかりしていれば、需給での下落に負けないで買い支える投資家が必ずでてきます。なのでやっぱり重要なのは業績だと思いますよ。大手企業に下方修正が連発するとほんとにやばい状況になっていきますね。
2006/06/10(Sat) 23:59 | URL  | asset factory #-[ 編集]
asset factory さん、こんばんは。
貴重なご意見参考になります。ありがとうございます。
やはりが業績しっかりした会社に投資することが基本なんですね。
まずは、これから発表される1Qの結果を注意して見守りたいと思います。
2006/06/11(Sun) 22:08 | URL  | manuw #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。