スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 イーワラントの「不思議」!?
2006年06月20日 (火) | 編集 |
昨日の記事の一部で、イーワラントの「不思議」な現象を記事にしましたが、またまた鴨(かも)さんに教えて頂いたおかげで解決しました。鴨(かも)さん、いつも本当にありがとうございます。心から感謝しております。

結論から申し上げますと、「不思議」なんてことじゃなく、私の無知から生じた誤解でした。例えば、日経平均を原資産とするイーワラントは、日経が上がればコール型が上がり、プット型が下がると思っていました。

全くその通りなんですが、日経平均とイーワラントの取引時間帯が異なることにより、終値ベースの価格が異なってしまうため、誤解が生じたのだと思います。ちょっと説明が難しいので、鴨(かも)さんから頂いた内容を引用させて頂きます。


イーワラントの不思議についてですが、eワラントの取引時間は朝9:00~夜23:50です。
普通(取引所)取引が終了した後も、取引終了後に発表されたニュースや海外市場の動向などで価格は変動します。ので、前日の東証終値を基準に考えると混乱します。

>日経が下がったにも関わらず、コール型が上がり、プット型が下がっているのです。

確かに19日の日経平均は14860.35円(-18.99円)下がりましたが、eワラントチャートで16日23:50時点の参照原資産価格を確認すると14758円となっています。

ここを基準にすると

16日23:50 参照原資産価格終値   14758.23円
19日 東証終値 14860.35円  (+102.12)
19日 先物終値 14890   円  (+131.77)
19日23:50 参照原資産価格終値 14788.63円 (+30.40

ですので16日終値よりコール型が上がり、プット型が下がります。


皆さん、分かりました?結局、この日の東証の日経平均は、前日比-18.99円だったけど、イーワラントの参照原資産は、前日比+30.4円だったので、コールが上がり、プットが下がったということですね。良く考えれば単純なことで、「不思議」でもなんでもなかったですね。お恥ずかしい次第です。

恐らく、今の日経平均イーワラントは、米国の市場の動向に敏感に反応するんじゃないかなぁなんて思いました。


■イーワラントをはじめるならイートレード証券
「もっと少額で投資を楽しみたい」「夜遅くまで取引をしたい」そんな投資家さんに最適です。申し込みはこちらから
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。