スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ウォーレン・バフェット氏の4兆円寄付について思うこと
2006年06月28日 (水) | 編集 |
数日前、世界第2位の富豪とされる米投資家ウォーレン・バフェット氏が、同1位のビル・ゲイツ・マイクロソフト会長の夫妻による慈善財団などに合計で約370億ドル(約4兆3000億円)分の株式を寄付すると発表しましたね。

米国の寄付金額の記録としては過去最高だそうで、バフェット氏の個人資産の約85%にあたるそうです。

なんとも凄いですね。また、バフェット氏は、富を社会に還元する方法として「税金を払って財務省に任せるより、ビル・ゲイツ夫妻の財団はお金の効用を最大化してくれる」と思ったからだそうです。富を最大限に還元しようとするバフェット氏のすばらしい姿勢が伺えます。

寄付の方法としては、自身の経営する投資会社バークシャー・ハサウェーの株数の5%を毎年寄付していくそうなので、自社の株が上がれば、毎年の寄付額も上がるという慈善活動ありきの本当に偉大なるの投資家ですね。

バフェット氏に惹かれる投資家が多いことも更に納得できました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。