スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ランダム・ウォーク理論について考える(其の三)
2006年07月08日 (土) | 編集 |
ランダム・ウォーク理論について考える(其の三)です。過去の記事はこちらです⇒(其の一其の二

ウォール街のランダム・ウォーカー―株式投資の不滅の真理(バートン・マルキール著書)の後半部分を、やっと読むことができました。読み終わった感想としては、「あ~難しかった」です。

後半部分では、リスクの概念や、このブログでも以前紹介したアセットアロケーションに関する内容について述べられていますが、最終的には、ランダム・ウォーク理論とは、「市場が効率的であるが故に、あらゆる投資法を持ってしても市場平均を長期的に上回るリターンを上げ続けることは非常に難しい」ということであり、その結果、「市場そのものを買う」いわゆる「インデックス・ファンドを買うべき」とされています。

ただ、インデックス・ファンド投資は「全く退屈なアプローチだ」と言う大勢の方のために、前回の記事で紹介した3つのルールに1つのルールを追加して、紹介しています。もう一度、紹介します。

■第1ルール
今後5年以上の利益成長率が市場平均以上の銘柄を買うこと。

■第2ルール
株価がファンダメンタル価値以上になっている銘柄には手を出すな。

■第3ルール
投資家が「砂上の楼閣」を作れるようなストーリーが描ける銘柄を探そう。

■第4ルール
なるべく取引回数は減らすべし。

私が理解する限り、著者のバートン・マルキール氏は全く完全なランダム・ウォーク理論派じゃない(95%くらい?)ようなので、上記のようなルールも紹介しているのだと思います。そうでなければインデックス・ファンド投資のみを紹介して終わっているハズですよね。ただし、バートン・マルキール氏は、この方法でも成功する確率は低くく、運がよければ大きく当てられるかもしれないと述べるに留まっています。

本書では、ラ・ロシュフコーって方の言葉を紹介しています。「人間は、常に自分のしたことを自慢したがるが、素晴らしい功績もほとんどの場合、優れた計画によるというよりは、単に幸運に恵まれたからなのだ

私の場合、投資を始めてから1年の間に、市場平均が+30%となったのも関わらず、全く利益を上げることが出来ていません。結局、市場平均の足元にも及んでいないという結果です。私が当初から所有する銘柄も数年で億万長者になった方達のパクリに過ぎないのですが、大きく成功した方達に追随することは最もリスクの伴う方法のような気もします。

再度、自分の保有している銘柄が市場平均を上回るリターンを得られる確証があるのかどうか検証する必要があると思いました。それが無ければインデックス・ファンドですかね・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ブログマーケット

こちらのサイトで株式のブログランキングやってます。
是非、参加してみてください。

http://www.kabukun.net/modules/xhld0/
2006/07/10(Mon) 11:06 | URL  | カブクン #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。