スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 投資と投機の違い
2006年07月13日 (木) | 編集 |
ランダム・ウォーク理論のバートン・マルキール氏によると、

「投資とは、配当や金利、賃貸料など、かなり確実性の高い収入の形で利益を上がられるか、長期的な値上がり益を得ることを目的とした金融資産の購入ととらえている」

「投資と投機を区別する基準は、どのような期間で投資リターンを考えるかがはっきり意識されているかどうかと、リターンが合理的に予測できるかどうか、の二点である」


と述べています。私は、これからの日本の状況を考えると、最低でも自分の資産を守ることが重要であると思っています。恐らく、明日にはゼロ金利が解除され、政策金利を0.25%になるだろうと予想されます。なので、普通預金でも、少しは資産が増加していくと思いますが、もし、名目金利以上の物価上昇率が生じれば、実質は資産が減っていくことになります

実質金利=名目金利-物価上昇率

このような計算になりますね。もし、名目金利が0.25%だとしても物価上昇率が0.50%であれば、実質の金利は0.25-0.50=マイナス0.25%になります。

なので、普通預金ではなくリスクを伴った金融資産を持っておく必要があるので、投機じゃなく投資をするべきだなあと思っています。

バリュー投資が「投資」でデイトレが「投機」であると一概には言えないと思います。

ファンダメンタルの将来予想が往々にして不確実なものであることから投資ではないとも考えられるし、逆に、一定のシステムを利用したデイトレが長期的に安定した利益を得ることができれば投資であると思います。

そんなこんなで、私の投資法は未だに定まっておりません(グスン)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。