スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 企業価値について考える(其の二)
2006年07月22日 (土) | 編集 |
企業価値についてのお勉強の第2回です。参考にする書籍は、MBAバリュエーションです。

第1回目はこちら(§1.価値という視点

§2.永久還元の定義式

10年間、確実に毎年100万円の利益を上げることが出来る企業の事業価値は、100万円×10年=1,000万円でしょうか?・・・違いますよね。

前回勉強したディスカウントレート(割引率)を考慮する必要があります。前回の例と同様に割引率を10%とすると、

1年後の100万円の現在価値は、100万円÷1.1=90.9万円
2年後の100万円の現在価値は、100万円÷1.1の2乗=82.6万円


10年後の100万円の現在価値は、100万円÷1.1の10乗=38.6万円

なので、合計614.5万円となります。

それでは、永久に毎年100万円の利益を上げることの出来る企業の事業価値はどうなるのでしょうか?

現在価値の総和PV=100÷1.1+100÷1.1の2乗+・・・+100÷1.1のn乗

となりますが、この両辺に1.1を掛けて元の式を引くと、単純に

PV=100/0.1=1,000万円

となりました。なので、永久に毎年100万円の利益を上げる事の出来る企業の現在の事業価値は1,000万円ということですね。

これを、公式のように表すと、

PV=C/r・・・永久還元の定義式
 PV:現在価値
  C:毎年のキャッシュフロー
  r:ディスカウントレート(割引率)

となるようです。なんだか分かったような分からないような・・ですが、

次回は、今期100万円の利益を計上する予定の企業が永年年率5%で利益を増やしていく場合の現在の事業価値について勉強してみます。お楽しみに!


■最後まで読んで頂いてありがとうございます。お役に立ちましたら応援クリック宜しくお願い致しま~す↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。