スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 不動産証券化を勉強しなきゃ!(其の一)
2006年08月30日 (水) | 編集 |
前回の記事で、不動産証券化には大きく分けて、資産流動化型証券化資産運用型証券化があると述べましたが、今日は、その資産流動化型証券化について勉強します。参考にする書籍は、図解 不動産証券化のすべてです。

§1. 資産流動化型証券化の仕組み

まず、資産流動化型証券化は、企業が本社ビルなどを証券化するのが代表的な例で、まず、オフバランスしたい不動産があり、SPC(特別目的会社)に売却することによって資金調達を実現するものです。

では早速、資産流動化型証券化の流れを見てみましょう!

1.不動産の所有者であるオリジネーターは、証券化の取りまとめ役であるアレンジャーに証券化を依頼します。

2.アレンジャーは、不動産の購入・売却と賃貸事業のみを行うSPC(特別目的会社)を用意します。

3.SPCは、金融機関や投資家から、社債・借入(デット)と出資(エクイティ)を受け入れ、当該不動産を購入する資金を調達します。

4.オリジネーターは、SPCに当該不動産を売却し、代金を得ます。

5.SPCは、この不動産を借りているテナントから賃料を受け取り、これを原資に、維持管理コストの支払い、借入などの利払い、エクイティ投資家への配当を行います。

6.社債や借入の期限到来に合わせて不動産を売却し、売却代金を支払い、社債や借入を返済した後、残余をエクイティ投資家に配当します。

こんな感じです。ちょっと難しいようにも思えますが、以前のアセットの不動産ファンド組成を題材とした記事と合わせてみると分かり易いかもしれません。

でも、このアセットの例が、資産流動化型証券化なのか微妙ですが・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。