スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 パシフィックマネジメント上方修正発表
2006年09月28日 (木) | 編集 |
主要な不動産流動化銘柄であるパシフィックマネジメント(8902)が第3四半期の発表と同時に、通期業績の上方修正を発表しました。まず、上方修正については以下の通りです。

平成18年11月期の連結業績予想(単位:百万円)
   売上高  経常利益 当期純利益
前回  112,587  14,500  8,233
今回 161,703 18,539 10,207

これによって、EPSは16,396円となります。今日の終値272,000円に対するPERは16.6倍ということですね。

次に、3Qの実績は以下の通りです。

平成18年11月期の第3四半期の業績(単位:百万円)
     売上高  経常利益 当期純利益
3Q実績 64,841  11,426   6,568

純利益ベースで上方修正後の通期予想102億円に対する3Qの進捗率は64.3%となりました。

この結果を市場がどのような判断するかが注目されますね。個人的には、この程度の上方修正を期待していた人は多かったんじゃないかなぁと思いますが、他の流動化銘柄にちょっとでも良い影響を与えてくれることを期待しています。(残念ながらパシは保有していないので・・・)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。