スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 資産運用方針(修正履歴1)
2006年10月12日 (木) | 編集 |
先日、決定しました運用方針を修正します。えっ!もう修正?ハイ、修正します。と言っても、目標リターンとボラティリティの修正です。寝ぼけていたのか?全く意味不明の数値を用いていたので・・・。

■日本株式
目標リターンを10%→17%に変更。ボラティリティを20%→60%に変更。理由としては、全体で年率10%の運用が必要なのに8.8%なんて意味不明。なので、ここで頑張るしかありません。また、日本株式市場の長期の過去平均リターン約6%に対して3倍の目標リターンを追及するということは、ボラティリティも3倍の60%になると考えたため。

■日本債券
目標リターンを4%→-0.75%に変更。4%は全くの勘違いでした。私の場合は、仕方なく加入しているボッタクリ保険を擬似債券としています。今、解約しても、支払額の半分程度しか戻ってきません。もし、解約した場合、払戻金と月額の保険金を国債に充てたとすると、50歳の時点での総支払額に対する利回りは、継続した場合-0.75%、国債(利率1%)で運用した場合-0.78%なので、現時点では継続した方が有利だと分かりました。それでもマイナスですけど・・・。でも、国債の利率が2%や3%になった場合は、再度、解約も検討します。ちなみに、60歳時点では、両案とも0.9%程度までパフォーマンスが向上します。

■外国債券
ボラティリティを16.0%→16.8%に変更。米ドル/円のボラティリティは、約8.4%なので、8.4×レバレッジ2倍=16.8%に修正しました。

この修正の結果、目標リターン10%、ボラティリティ19.9%となり、運用成績は-9.9%~+29.9%となることが分かりました。



それでは、この結果がどうなのか?をリスクの面から見てみたいと思います。まず、運用成績は、1年単位で見た場合-9.9%~+29.9%の中に68.3%の確率で収まるということですが、すご~く最悪な年は、ボラティリティ19.9%×2倍=39.8%もの資産が減少するということです。その確率は約2.5%です。40年に1回の確率で、こんな最悪な年があるんですね~。お~怖わ・・・。

つまり、私の場合は、1年で資産が4割以上減少する可能性を2.5%もった投資を行っているということになります。ん~?リスクが大きすぎるなぁ~。

なので、ボラティリティの大きい個別株のリターンを追及しながら、その中で、いかにボラティリティ=リスクを抑えるかが重要だということが分かりました。

まあ、ちょこちょこ修正していきます・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。