スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 バフェットとソロス勝利の投資学
2006年11月06日 (月) | 編集 |
Aから始める:企業価値に基づく投資空色さんから、良書として紹介して頂いておりましたバフェットとソロス 勝利の投資学を読みました。

私は、正直言いますと、バフェットやソロスなどの偉大な投資家を理解することは難しいと思っていたため、読むことをタメラッテいましたが・・・いや~読んでよかった!

詳しい内容については、空色さんの記事で述べられていますので、私なりに、この本を読んで、具体的に最も何をすべきかを考えてみましたが・・・

ん~・・やはり、最も重要なことは、自分なりの投資システム(売買ルール)を明確にすること・・・かな?


自分なりの投資システムを確立することによって、人間の最も弱い「精神的な部分」を補ってくれる。

株価が急落した場合などでも、事前にそのような事象が起こった場合の対処法や損失額を想定しておけば具体的な行動に移ることが出来る。

そして、ミストレードの検証。これを、繰り返すことで、自分なりの投資システムの精度が向上し、最終的には、車の運転と同じような無意識的能力に達することが出来る。


こんな感じだと思います。

私も、最近は、自分なりの投資システム(売買ルール)に従って投資しているつもりです。基本的には、自分なりに算出した企業価値より十分に割安な株を買い、割高な株を売るというものです。更に、本来の企業価値に戻る期間はできるだけ短期が良いに越したことはありません。なので、長期投資に固執するつもりはありません。

時には、私が割安だと思っている株式も、他人から見れば割高だと思うかもしれません。それは、それでいいんだと思います。自分なりの投資システム(売買ルール)に従っているだけですから・・・。企業価値算出も、自分なりの投資システムの1つの道具でしかないということですね。

最後に、この本に書かれているバフェットとソロスに共通する「23の習慣」は空色さんが書いてくれているので、ここでは「投資の7つの大罪」を紹介したいと思います。以下に紹介するのは、投資において最も有害で間違ったものだとされています。

【投資の大罪1】
次にマーケットがどう動くかを予想しなければならない。

【投資の大罪2】
自分では市場を予想できないが、どこかに誰か予想できる人がいるはずだ・・彼を見つければいいんだ。

【投資の大罪3】
インサイダー情報こそが大金を稼ぐ道だ。

【投資の大罪4】
分散投資

【投資の大罪5】
大きなリターンを得るためには、大きなリスクをとる覚悟が必要。

【投資の大罪6】
どこかで誰かが、テクニカル分析、ファンダメンタル分析、システム取引など、何かそんなものを使った、とても難解で複雑な手法を開発していて、それさえあれば収益が保証される。

【投資の大罪7】
将来何が起こるのか分かっていると信じている。そして、市場は自分が正しかったことを証明してくれる。

ん~、結構思い当たる節があるかも・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ブログの紹介&TBありがとうございます。
お役に立てたようで嬉しいです。私も本書をよんで自分のルールを作りました。まだまだ改良の余地がたくさんありますが・・

私も長期投資には固執していません。長期投資の本質は、売却の必要がない(長期間成長を続ける)優れた株を買えってこと。逆に言えば、ごく少数の優れた株以外は長期投資には適さないので、単なる割安株は値上がりしたらさっさと売っちゃうのがいちばんです。
2006/11/06(Mon) 23:42 | URL  | 空色 #RbQi3znE[ 編集]
空色さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。まだ、単純な売買ルールしかありませんが、それすら完全に守れてない状態なので、まずは、子供に言い聞かせるように”約束は守る”を徹底しなきゃと思っております・・ハイ
2006/11/07(Tue) 22:41 | URL  | manuw #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。