スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 シーズクリエイトについて考える
2006年11月30日 (木) | 編集 |
今日は、保有銘柄のシーズクリエイト(8921)について考えてみます。

シーズは、11月8日に上表修正を伴った中間期の業績を発表していますが、なんと言っても通期予想純利益15.5億円に対する進捗率が3.4%しか無いため、いくら下期に業績が集中するといっても心配ですよね~。なので、調べてみました!



これは、過去の業績とマンション販売状況について調べたものです。主に中間期の進捗状況に主眼を置いてます。

なるほど、過去の決算を見ても、中間期の業績の進捗率は数パーセントであることが分かりましたね。3期前は赤字でした。

次に、販売実績ですが、今期の進捗率は13.3%なので、前期及び前々期の20.2%28.8%に比べると良くないですね~。

最後に、契約戸数ですが、今期の進捗率は38.5%と予想できるので、過去の進捗状況に比べると極端に悪いです・・・・。この辺りが株価低迷の原因でしょうか?本当に通期予想を達成できるのか?もう少し調べてみました。

中間決算説明会資料によると、通期の販売目標は730戸です。中間期の販売実績は97戸で、契約繰越残が415戸なので、中間期では既に97戸+415戸=512戸の販売がほぼ確定しています。実質の進捗率は70%と考えて良いのでしょう。また、収益の大きな柱となり始めている不動産流動化の下期分の売上目処も立っているようです。

そこで、もう少し詳しく、販売中のマンションの契約状況についてシーズのHPから勝手に憶測してみました。



水色は中間期で引き渡し完了してます。黄色の3棟は恐らく来期分でしょうが、契約は今期中に終えたいのだと思います。なので販売総戸数878戸に対する今現在の契約済戸数は665戸程度かな?と思います。

白色の残り8棟が今期中に引渡し完了すれば、ほぼ業績を達成するでしょうから、この調子で進めば大丈夫かなとも思います。でも、無理に価格を下げて販売してしまえば利益率も落ちるでしょうから、無理に今期中に引渡ししなくても良いかもしれませんね。

まあ、順調なようなので少し安心しました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。