スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「長期」「分散」「最適」で考える世界一シンプルな投資法
2007年01月08日 (月) | 編集 |
これからの資産形成を考える会:編著の「長期」「分散」「最適」で考える世界一シンプルな投資法を読みました。

「長期」「分散」「最適」で考える世界一シンプルな投資法
講談社
これからの資産形成を考える会(著)
発売日:2005-12
おすすめ度:3.5


すご~く良い本だと思います。この本は、ハッピーリタイアメントライフを手に入れるために必要な資産形成プランの立て方を、具体的な例を題材にして説明しています。

更には、読者自らがプランを立てられるように、投資問診票から退職後に備える貯蓄ワークシートまで用意されているので、読みながら必然的に自分の資産形成プランが出来てしまいます

私は、50歳までに年率10%運用で6,200万円の資産を形成することを目標としていますが、実は、目標にインフレ率が加味されていないことに、この本を読んで初めて気が付きました、ガク・・・・。

この本では、インフレ率を4%として計算しています。例えば、10年後の100万円を現在の価値に換算すると、100万÷1.04の10乗=67.5万円となります。

同様に、20年後の100万円=現在の45.6万円・・・30年後の100万円=現在の30.8万円・・・と価値がどんどん下がって行きますね。

だから、現在1ヶ月の生活費が30万円であったとしても、30年後には30万円の約3倍=90万円の生活費が必要となります。

簡単に言えば、現在1本120円の缶コーヒーが30年後には360円になっているって事ですね。

本当に~???って思う方も多いと思います。私もその1人です。私のような年代は、大人になってからず~っとデフレだったから、物の値段が3倍になることなんて想像できないのだと思います。

過去のデータを見ても、1970年~1990年の20年間で物価は約3倍になっています。

(参考)物価上昇率

この本は、このようなインフレ率換算や資本回収係数などを難しく考えなくても、ワークシートを埋めるだけで、ハッピーリタイアメントライフを手に入れるためには、毎月どれだけ貯蓄していく必要があるのかを計算することが出来ます

更に、投資問診票に答えていくだけで、読者に適した資産分散を提案してくれますが、これはあくまでも参考程度と考え、自分に合ったアセットアロケーションは、じっくりと考えていけば良いと思います。

という事で、私も資産形成プランの見直しをしなければ・・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。