スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 アセット・マネジャーズ上方修正・増配&3Q発表
2007年01月10日 (水) | 編集 |
アセット・マネジャーズ(2337)が第3四半期の発表と同時に、通期の上方修正増配を発表しました。まず、上方修正については以下の通りです。

平成19年2月期の連結業績予想(単位:百万円)
   売上高  経常利益 当期純利益
前回 32,000  15,000  8,500
今回 44,800  15,600  9,300

次に、3Qの実績は以下の通りです。

平成19年2月期の第3四半期の業績(単位:百万円)
     売上高  経常利益 当期純利益
3Q実績 36,246  15,487  9,290

配当は、年間2,400円から3,000円に修正されました。ん~・・素直に良い結果だと思います。配当利回りも1.2%にまでアップしました。ただ、どうでしょうか?中間業績の進捗状況から判断して、この程度の上方修正は、皆さんが期待していた通りって感じもしますが・・・。

今回の上方修正によって、当初予想のEPS16,124円が17,606円となります。本日の終値236,000円に対するPERは13.4倍ですね。

しかし、昨年3月に発行された130億円の転換社債に関しては、転換価格修正の第1決定日である3月16日も迫ってきます。最大の下方修正は、33.25万円→26.6万円ですから、その場合の希薄化は約8.5%となりますので、目先のEPSは16,100円程度が現実的ですね。

その場合でも、PERは14.7倍ですので、やはりもう少し評価されてもいいんじゃないでしょうか?しかも、今回の3Qで、ほぼ通期業績を達成しているので、通期発表では更なる利益の上乗せが期待できます。ただ、会計方針変更に伴って、当初4Qに計上する予定だった利益も今回に含まれているようにも思います。

やはり、今回の決算で一番の注目点は、SPCの連結ですね~。今回はM&A事業のみ連結化を行ったようですが、不動産ファンド事業の方は継続協議中とのことです。補足説明資料で具体的に説明してくれてますが、ん~難しい・・・・。

ただ私は、連結することによって、基本的に売上だけが増えて利益はそのままだと理解しているので、経営上では連結するメリットは無いように思いますが、B/Sに透明性が出ることは株主にとっては良いことなんでしょうね~。

つらつらと書いてきましたが、はやりアセット・マネジャーズのような企業に投資することは、すご~く難しいですね~。最近の私の投資基準にそぐわない銘柄なんですが、本格的に投資を始めた頃からの保有銘柄なので、思い入れが強くて・・・・ダメですね。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。