スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 12月消費者物価指数0.1%上昇ですが・・
2007年01月26日 (金) | 編集 |
本日は、12月の全国消費者物価指数(CPI)の発表がありました。この結果は、次回の日銀政策決定会合(2/20~21)に大きな影響を与えそうなので、チェックしておきましょう!

参考記事「NIKKEI NET

まず、総合指数では前月比+0.1%、前年同月比+0.3%となりました。ただし、最も注目されるのは、天候による豊作や不作などの影響で価格変動の大きい生鮮食品を除いた生鮮食品を除く総合指数」です。

この最も注目されるこの指標の結果は、前月比0.1%の下落、前年同月比0.1%の上昇となりました。前年同月比は7ヶ月連続上昇しましたが、前月比は2ヶ月連続のマイナスという結果でした。

ん~・・どうでしょうか?この指数の発表以前は、2月利上げ間違いないという意見が多数派だったようですが、この結果を受けて、意見も相当分かれそうですね。

私の個人的な意見としては、こんな弱い結果で利上げなんて出来ないだろう・・・って思ってます。もし、2月利上げがあったとしても、その次の利上げは当分先のような気もします。

景気拡大、インフレ懸念が取りざたされている世界と比べると、なんだか、日本だけ取り残されているような感じですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。