スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 企業価値について考える(其の十)
2007年02月06日 (火) | 編集 |
企業価値についてのお勉強の第10回です。これまでの企業価値についてのお勉強はこちらをご覧ください。

■DCF法による企業価値の算出

今回は、山口揚平さん著書の「なぜか日本人が知らなかった新しい株の本」本の紹介記事はこちらです)で紹介されている『ざっくりとした企業価値算出』を手本にしながら、これまで勉強してきたWACC(調達コストの加重平均)やβ(ベータ)値を用いた企業価値の算出にチャレンジしてみたいと思います。

まず、山口さんが用いている「ざっくりとした企業価値」の算出式は以下通りでしたね。

企業価値=10×営業利益+流動資産-1.2×流動負債+投資等

ここで、【10×営業利益】の部分は事業価値を表しており、【営業利益×0.6÷6%】という意味です。つまり税率40%と想定した場合の税引後利益を6%の割引率で割っている訳ですね。折角ですから、この割引率6%をWACCでしっかりと計算して見ましょう!

次に、【流動資産-1.2×流動負債+投資等】の部分は、財産価値を表しているのですが、この流動負債に掛けている係数1.2も各業種の流動比率の値を使って見ましょう!

それでは、ナナオ(6737)の決算報告書を読みながら企業価値を計算してみたいと思います。

Step.1 WACCの計算

期中平均有利子負債 46百万円
期中平均株主資本 45,588百万円
支払い利息 0百万円
実行税率 40%
β値 0.63
リスクフリー・レート 1.8%
リスク・プレミアム 3.0%

前回の記事(1/29)を参考にWACCを計算すると3.69%となりました。

Step.2 事業価値の計算

ナナオの今期の会社予想営業利益は100億円です。なので、今後この利益が永久に続く場合の事業価値を計算してみました。



この計算は、まず、今後5年間の税引後利益を1年毎にWACC(3.69%)で割引いて現在の価値に計算しなおしています。更に、6年目以降の利益の合計は6%で割引いた永久還元定義式を使って計算し、WACC(3.69%)で割引いて現在の価値に計算しなおしています。その全ての利益の合計を事業価値と、その結果は1,074億円となりました。

Step.3 財産価値の計算

流動資産 50,535百万円
流動負債 19,655百万円
投資等 15,912百万円
流動比率(電気機器)1.43

財産価値=流動資産-1.43×流動負債+投資その他資産=383億円となりました。

Step.4 理論株価の算出

企業価値=事業価値+財産価値=1,457億円となります。これを現在の発行株数22,731,160株で割ると6,405円とまりました。これがいわゆる理論株価ですね。

現在の株価が3,250円ですから、約1.97倍安全率があり、個人的には割安だと判断します。

最後に・・・

これは、あくまで私が勝手に計算したものなので、これが正しいなんてことは当然ないと思います。5年間の利益も据置きですし、6年目以降の割引率6%なども単なる想定・・・・、利益も本当はキャッシュフローを使わないといけないかも・・・・まあ、私個人の売買基準くらいにはなるかな~。
スポンサーサイト
テーマ:株式入門
ジャンル:株式・投資・マネー
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/21(Mon) 14:48 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。