スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント
2007年03月01日 (木) | 編集 |

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラントを読みました。実は、私、この本を読む前は内容をすご~く誤解しておりまして、「ホームレスから一発逆移転の人生を歩んだラッキーな人の自慢話」って思っていましたので、今まで全く読む気がありませんでした。

でも、最近になって、フィナンシャルジャパンのダメ本の紹介覧で良書として取り上げられたり、色々なブログでも紹介されたりしていたので、???って感じでした。

そんな時に、古本屋で売られていたんですよね~、500円で!すご~く汚かったので、正直、この値段でも買おうか迷ったんですが、買っちゃたんですね~。

運命的な本との出会いは、得てしてこんなシチュエーションで起こるんだなぁと実感しました。

内容や感想については、こちらの方々が記事にされています。ありがたいですね~。

空色さん:ロバート・キヨサキの「金持ち父さん」シリーズ
PALCOMさん:あなたの投資本NO,1は何ですか?その2

この本から何を学ぶかは、読者それぞれの立場によって異なると思いますが、私の場合は大きく2点のことを学ぶことが出来ました。

1.キャッシュフローの重要性
私は、これまでキャッシュの源泉を大きくすることを中心に考えていましたが、その源泉から生み出されるキャッシュフローを増大させることの方が重要であることが分かりました。

例えば、A社の株式を買った場合を考えてみます。単純に、配当についてのみを考えると、A社が配当性向を維持し、毎年キャッシュを順調に生み出していけば、A社株式から得られるキャッシュフローは毎年増大していきますね。別に、A社の株式(=キャッシュの源泉)が半値になろうがキャッシュフローは増大します。このように考えれば、日々の株価の動きを気にするだけ時間の無駄って感じがします。

2.分散投資と集中投資のどちらが良いか
私は、これまで自分にとって分散投資と集中投資のどちらが良いのか?どちらが合っているのか?を考えてきましたが、とりあえず金持ち父さんの言う「レベル4の投資家」を数年経験する必要があることが分かりました。なので、キャッシュが確実に増えるクセを付けるために、当分は分散投資を行います。十分に経験を積んだ後に、集中投資ができるレベル5やレベル6の投資家にバージョンアップして行きたいですね~。

と、まあこんな感じですが、果たしてこの本を1年前に読んでいたら何を学ぶことが出来たのか?もしかしたら変に勘違いをしたかも・・・と考えると、良書と出会うタイミングも重要だなぁと思いました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
TB&記事での紹介、ありがとうございました。

私もキャッシュフローの発想はとても新鮮でした。
この考え方は、個別株投資の企業分析の時も役立っています。
2007/03/04(Sun) 00:44 | URL  | 空色 #RbQi3znE[ 編集]
空色さん、こんばんは。
やはり、キャッシュフローを順調に積み重ねていく企業が良いですね。
キャッシュフローが常にマイナスの某銘柄なんか早く処分しなければ・・・
2007/03/06(Tue) 00:14 | URL  | manuw #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。