スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 日・米政策金利発表に注目!
2007年03月18日 (日) | 編集 |
今週は、日・米の政策金利が発表されます。今後の株式市場・為替市場および債券市場のどの市場にも大きく影響しそうですから、注意して見守りましょうね!

19日(月)~20日(火)・・日銀金融政策決定会合
20日(火)~21日(水)・・米国FOMC政策金利発表


日本は0.50%、米国は5.25%で据置きが大半の予想であろうと思います。日本に関しては、まさか利上げは無いと思いますが、米国に関しては“もしかしたら”って感じもします。私の個人的な期待が大きいですが・・・。

ただ、期待だけではなく、先日発表された米国消費者物価指数をしっかりと把握しておきましょう!この指標が結局は、今後の金利動向に影響するでしょうから。

16日に発表された2月消費者物価指数は、総合指数で前月比+0.4%(事前予想+0.3%)、エネルギー食品を除いたコア指数で前月比+0.2%(事前予想+0.2%)でした

次に、過去の消費者物価指数(前月比)をグラフにしてみました。



この結果から、季節要因を含む総合指数は、かなり変動していることが分かりますが、前月比が常にプラスであるコア指数は着実に上昇していることが分かります。

このことから、物価上昇→インフレ圧力上昇→金利上昇!のような流れを今のところ想定していますが・・・次回のFOMCではまだ無理でしょうね~。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私のブログで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/sinseihin2007/archives/53266752.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
2007/03/18(Sun) 22:38 | URL  | トレードマスター #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。