スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2月全国消費者物価指数マイナス0.1%!
2007年03月31日 (土) | 編集 |
昨日は、2月の全国消費者物価指数(CPI)の発表がありました。

参考記事「NIKKEI NET

まず、総合指数では前月比-0.5%、前年同月比-0.2%となりました。また、生鮮食品を除く総合指数では、10ヶ月ぶりの前年同月比-0.1%となりました。

12月全国消費者物価指数の発表の際の記事(1/26記事)でも述べましたが、日本の物価上昇率は、かなり弱い状況で推移しているように思いました。そんな状況のもとで、前回の0.25%→0.50%への利上げがあった訳ですが、果たして、この利上げは正解だったのでしょうか?

各国が利上げを継続する中で、日本だけ遅れるわけにはいかない!とか、景気後退の際の“のりしろ”を作っておく!なんて考えのもとの利上げであったのならば、今回の物価下落は日銀にとって想定外だったかもしれませんね~。(いや~もしかしたら予定通りだったりして・・・)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。