スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 収益不動産購入への道(其の三)
2007年04月15日 (日) | 編集 |
今日は、日曜日だったので二つ目の不動産屋さんを訪れることにしました。今度は、地域の大手不動産屋さんです。とりあえず、家の近所の営業所に行ってみました。

訪問の目的は、前回と同じく「今後の最良のパートナーを探すこと」ですので、大手不動産屋ということからイメージ的に同年代の営業マンと仲良くなれたらなぁって感じです。



私:「こんにちは。収益物件を探しているのですが・・・」

不動産屋(受付の女性):「ハイ、少々お待ちください」

(・・・前回のおばちゃんとはエライ違い・・・)

不動産屋(ちょっと怖そうな高齢の男性):「どのような物件をお探しですか?」

(・・・この時点で同年代の営業マンという目的は×となりました・・・)

私:「アパート1棟です」

不:「どの程度の物件?」

私:「○○万位を考えているんですが・・・・」

(・・・ちょっと待ってくださいと言って、建浅の物件を2つ持って来ました・・・)

私:「表面利回り8%と9%ですか・・・・ちょっと厳しいですよね~」

不:「この程度の物件では10%を超えるものはあまり無いよ。これでも、例えば30年フルローンを金利2.5%で組んだ場合で計算すると、毎月○○万円の収入があるし、この地域の入居者も結構安定していると思うね~。」

私:「そうですか・・・他にも物件がありますか?」

不:「他もあるけどね・・・。まず、貴方様がどの程度融資を受けられるか銀行に訪ねてみたら如何ですか?例えば、この物件を持ち込んで具体的に話してみるのが良いと思いますよ。」

私:「そうですね。ありがとうございました」



まあ、こんな感じでした。どうも話が一方的に進められて、完全に「かもがネギしょってやって来た!」って扱いでした。この2つの物件は、売主と不動産屋の強力な関係を感じとることが出来ました。表面利回り10%以上の物件なんて幾らでもありますもんね~。しかも、金利2.5%の30年ローンで計算した収支計画を見せられてもね・・・・。

またまた、今回も「今後の最良のパートナーを探すこと」の目的は達成できませんでした。でも、「具体的な物件を持ち込んで金融機関と話をしてみては」っていうアドバイスは有難く頂戴いたします。
スポンサーサイト
テーマ:不動産投資
ジャンル:株式・投資・マネー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。