スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 天井で売れる確率1500万分の1って?
2006年03月25日 (土) | 編集 |
家にあったちょっと古い本ツナギ売買の実践を読んでいたら、気になる文面がありました。

天井で売れる確率1500万分の1」だそうです。

ある人が天井で売れる確率を計算したところ、

 天井一点(素っ天井の値)で売れる確率・・・1500万分の1
 天井から2%以内で売れる確率・・・50万分の1
 天井から10%以内で売れる確率・・・30分の1

30歳から60歳まで年に2回の天井を経験するとすると、10%以内で売れる確率でも一生にたったの2回だそうです。ただ、これは確率論なので努力・熟練によって確率が上がるそうですが、それでも一生に4回くらいは取れればいいようです。

昔からよく言われる「頭と尾っぽはくれてやれ」とはこうゆうことだったんですね。あまり欲張らず行きたいものです。


■投資に関する最新の情報をチェック今人気の株式情報サイトはこちら
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
後からチャートをみると、ああ、あそこ(天井)で売っていれば・・・なんて思ってしまいますが、この確率をみると、あきらめがつきます・・・とりあえず安定して増やすのが一番の目標です・・
2006/03/27(Mon) 12:49 | URL  | さおり #-[ 編集]
でしょう!
私もこの確率にはびっくりです。
まあ、勝つ確率でさえ手数料を換算した場合、半分以下なんですから。
「損少利大」が大事なんでしょうね。
2006/03/27(Mon) 22:14 | URL  | manuw #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。