スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 アーバンコーポレイションについて考える
2006年04月19日 (水) | 編集 |
今日は、アーバンコーポレイションについて考えてみます。
4月19日の終値1,706円 前日比-47
日経が上げている中でこの下げ、なかなか厳しいです(悲)。

さて、2006年3月期の決算発表を5月16日に控え、ちょっと気が早いですが、これまでの財政状況を確認してみます。(B/S図)

BS(アーバン001)

資本が30%と若干少ないような気がしますが、特に問題ないようですね。前回の記事(4/9)で比較したアセットとダビィンチのB/Sの特徴を比べてみると、アセットの方に似ているようです。2006年3月期がどの様に変わっているのか、変わっていないのか注目したいです。

2006年3月期の当期利益は150億円を見込んでいますから、EPSは、現在の株数約2億2600万株で除して、66.37円となります。今日の終値でPER=25.7倍程度ですね。さて、今期はどれくらいの予想を出してくるのでしょうか?

2006年3月期は、すでに中期計画の2008年3月期の経常利益200億円を2年前倒しする予定ですので、今期は予想がつきません。ちなみに、四季報の予想では、経常利益295億円、純利益176億円EPS=78.3円となっています。今日の終値でPER=21.8倍程度ですね。

でも、ここで注意したいことがあります。この四季報の予想EPS=78.3円は、増資による希薄化を含んでいないことです。

まだ、転換されていない新株予約権をピックアップしてみました。
     名称       日付   総額  転換価格 株数  希薄率
第1回新株予約権  H12/6/23  不明  210円  不明   不明
ストックオプション  H16/6/3  未定   未定  1,000万株 4.4%
ストックオプション  H16/9/28 約350億 371円  950万株 4.2%
ストックオプション  H17/5/17  未定   未定  2,000万株 8.9%
第2回新株予約権  H18/2/9  300億円 1,800円 1,670万株 7.4%
ストックオプション  H18/4/20  未定   未定  1,940万株 8.6%

希薄率は、現在の総株数約2億2600万株に対するものです。合計すると33.5% 20.2%というトテツモナク大きな希薄化が待っているということになります。(第1回新株予約権は調べ切れなかったので加えていません)

ただし、ストックオプションの権利行使期間は、平成19年7月1日から平成26年6月28日までなので、あまり気にせず、これ位の株数が平成26年までに増えるっていう事だけ分かっていればいいのかなあって思います。成長力で十分カバーしてくれることでしょう

ただし、第2回新株予約権の300億円分は平成20年2月8日までに必ず転換されるであろうから、この分の希薄化7.4%(当初下限行使価格1,800円の場合)はROEの算出の際に加味しておくべきでしょう。

したがって、2007年3月期の四季報の予想EPS=78.3円は希薄化後、EPS=71.2円、現在のPER=24.0倍と置き換えることになります。

ちなみに、4月20日は1,940万株のストックオプションの行使金額が決定します。明日4月20日の終値が、3月取引全日の終値の平均値1,794円×1.05=1,884円を上回ったら、その4月20日の終値になりますが、今の株価からして無理でしょう。でも、あまり気にすることでもありません。

今日の記事の内容でちょっと自信の無いところもあります。間違いがあったら、すみません。


『2006年4月23日修正』
鴨(かも) さんから、間違っているとのご指摘を頂きました。すみません勉強不足でした。希薄率について、同じストックオプションを計算に加えていたようです。鴨さん、ありがとうございました。アーバンをこれからも一緒に応援していきましょうね。


■是非ともあなたの一票お願いしますFC2ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/04/20(Thu) 01:53 |   |  #[ 編集]
URBANのストックオプションについて
はじめまして、URBANホルダーの鴨といいます。

URABANのストックオプションですが同じものが重複して計算されているようですので整理してみました。

まず「 H16/6/3とH16/9/28 」のものですがこれは同一のものです時系列で書くと
H16/6/3 :株主総会付議のため取締役会決議
H16/6/29:株主総会決議
H16/9/27:取締役会での発行決議
H16/9/28:新株予約権発行日
となります。

同じく「H17/5/17とH18/4/20 」についても
H17/5/17:株主総会付議のため取締役会決議
H17/6/28:株主総会決議
H18/4/12:取締役会での発行決議
H18/4/20:新株予約権発行日

となります。


またH12の新株予約権については、すでに行使完了していたように記憶しています。

ですので希薄率は約20%となると思います。
2006/04/23(Sun) 09:56 | URL  | 鴨(かも) #6vm6X3Ko[ 編集]
鴨(かも) さん、ご指摘ありがとうございました。
まだまだ、勉強不足だと反省しております。
また、URBANの記事を書くことがあると思いますが、ミスの無いよう十分調べたいと思います。
同じURBANホルダーとして、また、チェックしていただければ有難いです。
2006/04/23(Sun) 21:16 | URL  | manuw #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。