スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 アセット・マネジャーズについて考える
2006年05月02日 (火) | 編集 |
今日は、アセット・マネジャーズの未来の株価について勝手に予想してみました。いきなり結果をどうぞ!
ASEET予想01

3年後の株価は598,000円、5年後の株価は1,228,000円、33万円で取得した場合の年間の期待収益率はそれぞれ15.8%24.3%となりました。

予想した方法を以下に述べます。自分勝手に予想しただけなので気にしないでください。しかも、間違っているかもしれませんし・・・。

まず、アセットの目標とする経営指標は2つあります。
1.自己資本比率毎期50%
2.経常利益の成長率前年比50%増

この2つの経営指標が会社の方針ですから、これを使ってなんとか株価を予想できるんじゃないかなと思ったのが発端です。

まず、アセットは中期目標で『201×年に経常利益1000億円を目指す』としています。また、今期(2007年2月期)の経常利益は140億円を予定しています。なので、「経常利益の成長率前年比50%増」の経営指標から、何年後に1000億円になるか計算してみると、140億→210億→320億→480億→720億→1080億となり、5期後の2012年2月期に達成する計算になります。

次に、「自己資本比率毎期50%」は、内部保留だけでは恐らく達成不可能なので、毎年増資をすることになります。ここで、最近の転換社債は130億円で希薄率7.4%でした。過去の例から期中に2回増資をすると考えると、1.074×1.074=1.153になるので約15%のEPSの希薄化が発生するものと思われます。

なので、毎期15%の希薄化分の増資があると考えて計算してみたんですが、2012年には1400億の増資!なんて結果になってしまったので、これはちょっと非現実的だと思い、毎期150億円×2回=300億円で設定してみました。(それくらいなら株主も怒らないかなあと思って)

計算方法としては、増資が300億となるようにROA(総資本経常利益率)を調整して、総資産を割り出し、その50%が株主資本となるようにしました。ROAを前期と同じ14.5%程度として計算するほうが妥当かもしれませんが、この時の増資額も2012年は1000億を超えたため、前述のような方法を採りました。

その他の数値は、配当性向18%税引後の利益56%PER20倍としています。

考察すると、やはり2012年のROA19.4%が厳しいかなとも思います。達成のためには、そこに至るまでの期間で内部保留をもう少し積み重ねる必要があるのでしょう。実際に、経常利益の成長率は+190%→+116%→+65%(今期予想)と50%を大きく上回ってきているので期待も持てます。

このように考えると、年間300億程度の増資を懸念する必要もなさそうですね。

ちなみに、今回はPER20倍としていますが、需給が良好な場合ではPER30倍も可能だと思っています。この時の予想株価は、3年後100万円、5年後200万円となります。すげっ!

逆に、基本の経営指標が守られない場合は、投資を継続するかどうかの判断を迫られると思います。

いつものようにコメントします。→間違っていたらゴメンなさい。

P.S
明日は旅行に出かけるため記事はお休みします。


■せめてランキングだけでもUPさせて下さいFC2ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ども。
毎度、素晴らしい分析&洞察ですね。
勉強になります。
ただ、2007年2月時の株価予想(252,000)は少し寂しい気がします...が、現状のPER(約18倍)から、逆算すると凄く現実的な数字ですね。
今後もアセからは目が離せません!
2006/05/02(Tue) 20:38 | URL  | 株色 #-[ 編集]
株色さん、こんにちは。
結構適当な分析?なので気にしないでくださいね。でも、こうやって記事に書いておくと自分が業績を確認するときの覚書になるのがいいのかなぁって思います。すぐ、忘れてしまいますから(笑)。でも、本業が忙しくなる時期にはできませんね。
2006/05/05(Fri) 16:18 | URL  | manuw #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。