スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 下げがきついです・・・
2006年05月11日 (木) | 編集 |
今日も苦しい結果に終わってしまいました。とりあえず、いつもの3銘柄です。

ASEET(2337) 終値315,000円(前日比-16,000円-4.83%
URBAN(8868) 終値1,589円(前日比-57円-3.46%
フージャース(8907) 終値506,000円(前日比+29,000円+6.08%

アセットの何が悪いのでしょうか?とりあえず雲の底30万を死守してほしいです。アーバンも直近とその前の安値1,560円がポイントですかね。大きく下ヒゲでもつけて安心させてください。孤軍奮闘のフージャース良く頑張った!

次に為替市場ですが、米FOMCの政策金利発表で、米ドルの政策金利が予定通り0.25%引上げられて5.00%になりました。これを受けて、米ドル/円は110.10円まで円高になりましたが、その後111円台を回復しています・・・なんて記事を書いていたら、米ドル/円が110.70円まで急落!理由は21:30に発表された米国小売売上高の指標でした。


米国の4月小売売上高は予想前月比+0.7%のところ前月比+0.5%、また5/7までの週の新規失業保険申請件数は予想31.5万件のところ32.4万件でした。


予想より悪かったということで、相変わらずドル売りですね。でも、前月比ブラスなのですから米国経済はいたって堅調のように思えるのですが・・・今は、なんでもかんでもドル売りです(悲)

話を米FOMCに戻すと、その内容は、「さらなる引締めが必要になるかもしれない」との声明だったようなので、今回が最後の利上げではない可能性が残っていると考えて良さそうです。

同時に、半期に1度の外為報告の発表では、中国が為替相場操作国として米国に認定されるかどうかという点に注目が集まっていたようですが、名指しが無かったとのことです。要するに人民元切上げの要請を強く言うか言わないかなので、名指しが無かったことで、アジア通貨買いに拍車が掛からなかったってことかな?人民元切上げ=円買いの意味は良く分かりませんが・・・。

明日の金曜日は、米国貿易収支の発表があるようです。またまた荒れた週末になるんでしょうか?(←重要指標が多すぎ)


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。