スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 アセットアロケーションって?(其の二)
2006年05月14日 (日) | 編集 |
内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法

読みました。1回読んだだけなので、あまり理解できていませんが、分かったことだけお知らせします。

§1.リスクを取らないことがリスクになる

今後の日本経済は、デフレから脱却し、インフレになる可能性がある。そのような時代に、元本保証の預貯金だけでは、資産の価値が守れない。要するに、物価が2倍になれば今の100万円は、実質50万円の価値に下落するってことですね。だから、これから先は、預貯金のような元本保証の円資産を持っているだけでリスクを負っているということになります。

まあ、こんなことは分かっているから、皆が株式投資などを行って、リターンを追及しているんだろうと思います。ただし、注意することは、自分いや家計の総資産を把握した上で投資を行っているか?ということだと思います。

例えば、100万円を元手に高レバレッジで年率100%を目指して株式投資を行っているAさんがいたとして、Aさんが株式投資のほかに400万円の郵便貯金の資産を持っていたとしたら、Aさんは総資産500万円で年率20%の運用を目指していることになります。でも、Aさんは毎日の値動きに一喜一憂、高レバレッジの追証不安で夜も眠れず・・・。こんな人も多いんじゃないかと思います。要するに残りの400万円を有効に活用していないってことです。しかも、この400万円は、ほとんどリターンは無いがリスクは負っている。

この場合、総資産500万円で分散投資して年率20%を目指すとした方が、気が楽になるんじゃないでしょうか?

また、家計の総資産は、タンス預金、生命保険の解約時の貯蓄部分、更には不動産まで、よーく探してみれば結構あるものです。マイホームを持っている方であれば、すでに自分で自分の土地に投資しているのと同じことですね。

なので、先の例で、Aさんが更に1000万円の評価額の土地を持っていたとすれば、総資産1500万円で年間100万円の利益を目指しているので年率6.7%ということになります。

要するに、アセットアロケーションとは、まず、自分の総資産を把握することから始まるようです。ということで、総資産を洗い出します。(←でも公表しません恥ずかしいので)

それでは、次回のアセットアロケーションって?(其の三)をお楽しみに!


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。