スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 新興市場が久々の絶好調!
2006年09月05日 (火) | 編集 |
今日は、なんだか久しぶりに上げたなぁって感じましたね~。ソフトバンクの強い値動きに刺激されて、新興市場の中小型株の上げが目立ったとのことです。

保有銘柄のアセット・マネジャーズ(2337)は前日比+17,000円294,000円となりました。もうすぐ30万なんですが、一揆に超えてください・・・お願いします!

でも、まあ、こんな日がたまにあってもいいですよね。
 アジア株安って?
2006年08月21日 (月) | 編集 |
本日は、中国利上げに伴う人民元の上昇思惑を受けて、アジア株式が全面安となったようです。でも、18日に中国が利上げ決定したなんてことは知らなかったです。


「1年物貸出・預金金利を0.27%ポイント引き上げ、8月19日から実施」「1年物貸出金利は6.12%に、同預金金利は2.52%に」


1年物貸出金利?よく分かりませんし、中国の政策金利ってのは、一体何%なんでしょうか?人民元の為替売買をしようと思ったことも無かったので、全然気にしていませんでしたが、今回のようにアジア全体に影響を及ぼすような状態であるということは、中国についても少し勉強した方がいいのかも知れませんね(反省)

しかも、人民元高=円高というような動きが多い様にも思えます。同じアジア地域ということで一体的に捉えられているのでしょうか?

ただ、今回は中国利上げが、アジア全体の利上げ思惑に発展し、株価が下落したということであれば理解できるのですが、「人民元上昇思惑=アジア株式安」の理由は良く分かりませんでした。

今日は、分からない事だらけですみません・・・。
 日経は15,000円回復したんですけど・・
2006年07月25日 (火) | 編集 |
今日の日経平均は、15,000円を回復しましたが、いつものように新興は弱かった・・。アセットは、前日比-7,000円ですかぁ・・。

アセットの場合、7月19日のすご~い出来高8万株以上、価格帯20万円~22万円の第1回振落し日だったと思いたいのですが、どうなんですかね?

19日の日に買った方々(すご~く上手な方々)は、現時点でも利が乗っているハズ。本日の寄りから、その一部の方々が利確に走ったと考えれば、本日の下げの理由が成り立つような気もします。

なので、現時点では、19日の日に買った方々の多くは、まだ利が乗っているのであれば、「需給は良い状態」と捉えていいようにも思えるのですが・・・。まあ、色々と考えても仕方ないですね(シュン)
 ひどすぎる・・・
2006年07月18日 (火) | 編集 |
今日の下げは、ひどすぎました。胃が痛いです。赤字拡大のIDU(8922)が前日比マイナス4万円のS安は分かりますが、対照的に業績好調のアセット(2337)も同様に前日比マイナス4万円のS安とは・・・全く理解ができません。

でも、これが現実なんですね(悲)

今日は、このくらいで勘弁してください・・・
 日経先物225mini上場予定
2006年07月12日 (水) | 編集 |
7/18(火)より大阪証券取引所で日経先物225mini(ミニ)が上場される予定です。これは、従来の日経225先物の取引金額を10分の1にしたものなので、私たちのような弱小投資家でも取引するチャンスが十分にあると思っています。

売買単位は日経平均株価を100倍した金額なので、もし、日経平均が100円上がれば、利益は100円×100倍=10,000円となります。

例えば、イートレードの場合、この日経先物225miniを1枚買建てる場合の必要証拠金は、今日現在で9万円なので、もし、口座に9万円しか入金してなくて、日経平均15,000円を1枚建てると、レバレッジは、15,000円×100倍÷9万円=16.7倍となります。従って、ハイリスク・ハイリターンであることには変わらないですね。

ただし、口座に50万円入金して、1枚建てた場合は、15,000円×100倍÷50万円=3倍となるので、これくらいが妥当じゃないでしょうか?

私の場合は、この225miniを活用したシステムトレードなんてどうだろう(←あまい)と考えているので、なるべく執行条件の豊富なマネックス証券にしようかとも思っています。

その他にも、イー・トレード証券オリックス証券なども取扱いを開始します。
 いよいよゼロ金利解除か?
2006年07月10日 (月) | 編集 |
いよいよ今週の13日と14日に開かれる日銀の金融政策会合で、ゼロ金利政策が解除される可能性が高まってきてますね。まず、手始めに0.25%でしょうか?

それでは、政策金利って何ですかね?検索してみると“コールレート翌日物のこと”なんて書かれていますが、良くわかりません。簡単に言えば、銀行間の短期の貸借りの金利のことで、もっと簡単に言えば、普通預金や3ヶ月定期のような短期金利って考えてもいいかもしれません。

逆に、長期金利とは、1年以上の期間の貸し出し金利のことで、一般的には、10年物国債の利回りを示すようです。この10年物国債の利回りは、1990年9月3日の8.7%から2003年6月2日の0.435%まで下げた後、今日現在で1.98%まで上昇しています。

日銀は、短期金利は誘導することはできるが、長期金利をも誘導することは難しいようです。要するに、下手にインフレ誘導政策をとった場合、長期金利が一人歩きし、歯止めが掛からない可能性もあるということですね。

日本の膨大な借金を解消する手段として、インフレ誘導政策なんて話題を耳にしますが、くれぐれも行き過ぎには注意してもらいましょう!
 ウォーレン・バフェット氏の4兆円寄付について思うこと
2006年06月28日 (水) | 編集 |
数日前、世界第2位の富豪とされる米投資家ウォーレン・バフェット氏が、同1位のビル・ゲイツ・マイクロソフト会長の夫妻による慈善財団などに合計で約370億ドル(約4兆3000億円)分の株式を寄付すると発表しましたね。

米国の寄付金額の記録としては過去最高だそうで、バフェット氏の個人資産の約85%にあたるそうです。

なんとも凄いですね。また、バフェット氏は、富を社会に還元する方法として「税金を払って財務省に任せるより、ビル・ゲイツ夫妻の財団はお金の効用を最大化してくれる」と思ったからだそうです。富を最大限に還元しようとするバフェット氏のすばらしい姿勢が伺えます。

寄付の方法としては、自身の経営する投資会社バークシャー・ハサウェーの株数の5%を毎年寄付していくそうなので、自社の株が上がれば、毎年の寄付額も上がるという慈善活動ありきの本当に偉大なるの投資家ですね。

バフェット氏に惹かれる投資家が多いことも更に納得できました。
 福井総裁の運用益寄付に思うこと
2006年06月21日 (水) | 編集 |
日銀福井総裁が村上ファンドに投資した1000万円は、7年間で2.5倍になったそうです。福井総裁は、その運用益のみならず元本の1,000万円まで寄付すると言っています。理由は、「世の中の皆様が不適正な投資行動で利益を上げたと思っているのなら、その利益を生み出した元を受け取るのも気持ちが悪い」だそうです。

私の個人的な意見としては、福井総裁は「どうしてそこまでする必要があるのですか?」って気持ちです。

私なんかは、少ない資産で運用をしていても、胃が痛くなるような時もあります。それだけ、投資っていうか、自己資産を守るというものは大変だということを実感しています。

なのに、全てを寄付してしまうとは・・・福井総裁にとっても苦しい決断だったハズ。

福井総裁は、「世の中の皆様が不適正な投資行動で利益を上げたと思っているならば」と発言されていますが、結果的に村上氏は不正を行ったけど、総裁は不正を行ってはいないハズ。なので、世の中の人々の「そんなに儲けてずるい」って感情が、そのような意見になっているのだと思います。

7年間で2.5倍とは、年率換算で14%程度です。これからの日本の歩む道を考えると、日本の国民は、逆に福井総裁を見習って年率14%程度で運用できるような資産管理をするべきだと思いました。
 日経どこまで下げるの?
2006年06月07日 (水) | 編集 |
今日の日経平均は、前日比288円安の15,096円となり、簡単に先週の金曜日の下ヒゲを下回りました。日経さん、一体どこまで下げるんですか?

20060607

これは、日経平均の週足ですが、一目均衡の遅行スパンが週足にぶつかっていることと、転換線が基準線を下回った(デッドクロスした)状況は、かなりヤバイということでしょうか?トレンドラインもまだ下の方にありそうなので底が見えませ~ん(悲)。

でもでも、なんとか底を探ってみよう試みました。まず、良く使われる38.2%押しを2005年5月17日の安値10,788円から2006年4月7日の高値17,563円の差6,775円に当てはめると14,975円、ここで止まらなければ52週移動平均線14,650円、ここでも止まらなければ、トレンドラインと雲の上限付近14,500円・・・。これより下なら・・・また考えます・・・。


■せめてランキングだけでもUPさせて下さい↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ
 「はらみ線」はどう読む?
2006年06月06日 (火) | 編集 |
今日の日経平均は、前日比283円安の15,384円となりました。まさか金曜日の大きな下ヒゲを下回るような恐ろしいことも想定する必要があるのでしょうか?注意が必要ですね。

本日のアセットも11,000円安の245,000円となりました。そのアセットは「はらみ線」などというチャートパターンがでました。このような地合では、あまり気にする必要もないのでしょうが、ついでに勉強しておきます。

それでは、ミニ用語解説!

はらみ線

図のように、前日の実体のなかに、当日の値動きが納まっている形のことをいい、売り方と買い方が拮抗したにらみ合いの状態を示します。なので、一般的にはあまり重要なパターンと考えられていないようです。

ただし、一般的にはあまり重要でないとされているこのパターンが、実は最も重要だなんて言う方もいらっしゃるようで、「はらんだ日の終値が前日の終値より安く、翌日もその終値よりさらに安く寄り付いた場合、翌日が陽線となる確率が高い。しかもトレンド転換の可能性も大」だそうです。

ということは、明日のアセットの寄りが、24.4万以下ならいいのかな?


■最後まで読んで頂いてありがとうございます。お役に立ちましたら応援クリック宜しくお願い致しま~す↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。